闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

映画『アウトレイジ』

 世界のキタノ、久しぶりのヤクザ映画。怒号飛び交う予告編がすごい面白かったんでね、観たいなぁと思ったんですけど。でも、あれですね。『パブリック・エネミーズ』のときも書いたけど、予告編が面白い映画の本編は、予告編の出来を超えない。この『アウトレイジ』も、そんな気がしましたね。

 まあ個人的に、あんまりバイオレンスシーンが得意じゃないというのもあるんですが、けっこう目を背けたくなるシーンが、特に前半に多い。どぎつい暴力シーンにギョッとさせられるんだけど、そういう描写に慣れてきた後半になると、逆に普通の銃殺とか、刺殺とかになってくるので、なんとなく拍子抜けするんです。前半で飛ばしすぎて、後半ガス欠みたいな。もったいない気がしましたね。最終盤の、水野(椎名桔平)の殺され方はすさまじかったけど。

 本当に「悪いやつらばっかり」な映画なので、救いも何もないし、見終わって気分がいい物でもない。以前の『BROTHER』とかはまだ清々しさみたいなのがあったし、映像美もあったんですけど、それもないですし。この『アウトレイジ』の割り切り方もある意味すごいけど、『BROTHER』の方が僕は好きだなぁ。
北野映画ベストセレクション joe hisaishi meets kitano films北野映画ベストセレクション joe hisaishi meets kitano films
久石譲 サントラ

ポリドール 2001-06-21
売り上げランキング : 9854
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BROTHER [DVD]BROTHER [DVD]
北野武

バンダイビジュアル 2007-10-26
売り上げランキング : 6647
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:邦画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(1)|日本映画|2010-06-12_18:04|page top

映画『座頭市 THE LAST』

 北野武監督の『座頭市』、綾瀬はるか主演の『ICHI』に続き、2000年代に入ってからだけで3回目の映画化。それだけ魅力的なキャラクターだとも言えるし、ネタがないのだとも言える。そんな作品。

 映画『座頭市 THE LAST』公式サイト

 どうも時代劇っていうジャンルに詳しくないので、評価しにくいのだけれど、逆に言えばそれだけちゃんとした時代劇だったってことで。本格的というか、王道的な作りになっていると感じました。
 主演の香取君はよかったと思います。意外と、というか、寡黙な役が合っている。ガタイがでかいのも、終盤で「化け物」と称される市のキャラクターを象徴しています。
 石原さとみがヒロインという位置づけで、クレジット順位も2番目なのだけれど、登場シーンは驚くほど少ない。物語上重要な人物であることには違いないんだけど、彼女のファンはがっかりでしょうね。

 個人的にいちばん気になったのは、反町隆史。彼はいつから脇役をやるようになったんでしょうね。それも、キャラクターやポジションがぜんぜん違う人の主演作ならともかく、香取君とじゃあ年齢も近いし、役者としてのポジション的なものも近いでしょう。これはもう完全に「SMAP>反町隆史」という図式が確立されてしまったわけで。いいのかなぁ?これも押尾事件の余波だったりして。
座頭市 <北野武監督作品> [DVD]座頭市 <北野武監督作品> [DVD]
北野武

バンダイビジュアル 2004-03-11
売り上げランキング : 1747
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

座頭市 DVD-BOX座頭市 DVD-BOX
子母沢寛

角川エンタテインメント 2009-09-25
売り上げランキング : 14798
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Theme:邦画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|日本映画|2010-06-10_15:15|page top

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。