闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

映画『バンクーバーの朝日』

 第二次世界大戦以前のカナダ・バンクーバーに実在した、日系2世たちで構成された野球チーム「バンクーバー朝日」。差別や時代の波と戦いながら、日系人社会の希望となった彼らの、実話を基にした感動のストーリー。
バンクーバーの朝日 オリジナルサウンドトラックバンクーバーの朝日 オリジナルサウンドトラック
渡邊崇 高畑充希

アドニス・スクウェア 2014-12-16
売り上げランキング : 14283

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 20世紀初頭、希望を胸にカナダ・バンクーバーにやってきた日本人たち。安い賃金で勤勉に働く日本人は、現地のカナダ人の雇用を奪う敵と見做され、激しく差別される。そんな日系人たちが結成した野球チーム「朝日軍」。当初はささやかな楽しみとしてプレーしていたチームだったが、いつしか白人チームと混じって、かの地のリーグ戦に参戦するようになる。しかし、体格で劣る日系人は白人チームのパワーに太刀打ちできず、成績は万年最下位だった。折りしも日本軍が満州に侵攻するなど、世界情勢が不穏さの度合いを高める時代。もともとあった日系人への差別や排斥はますます増しつつあり、朝日でも仕事を失って野球を続けられなくなる選手が続出していた。
 そんな1938年、夏。このシーズンから朝日のキャプテンに就任したレジー笠原は、パワーに勝る白人チームに勝つための手段として、バントや盗塁を多用し、相手の守備をかき回す戦術を思いつく。この作戦が上手く嵌まり、この年のリーグで朝日軍は連戦連勝。その活躍は日系人社会に勇気を与えるだけでなく、斬新なプレースタイルが白人たちからも賞賛され、朝日はリーグ随一の人気チームとなっていく。

 映画『バンクーバーの朝日』公式サイト
 

続きを読む

スポンサーサイト

Theme:日本映画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(4)|日本映画|2014-12-21_23:50|page top

プロフィール

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。