闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

DVD『SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ』

 劇場公開時から気になってはいたんだけど、なんだかんだで見てなかった作品。テレビ朝日が出資&超豪華キャストの割には、あんまり話題になっていなかった気がするけど、まあ話題にもしづらい作品かもしれない。
SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディションSUKIYAKI WESTERN ジャンゴ スタンダード・エディション
桃井かおり, 伊勢谷友介, クエンティン・タランティーノ, 伊藤英明, 三池崇史

ジェネオン エンタテインメント 2008-02-06
売り上げランキング : 19346
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 それにしても、よくもまあこんなバカな映画に、テレビ朝日が出資したもんだ。こんなの絶対、「日曜洋画」じゃ放送できないじゃん。深夜に放送すればいいとか、そういう問題でもないと思うんだが。
 わざわざこの映画のために、山形の山奥にオープンセット作っちゃったらしい。超豪華キャストにしても、クエンティン・タランティーノ(片仮名!)の出演にしても、すごーく金かけてるよね。こんなバカな映画のために。
 いや、悪い意味じゃないですよ。褒め言葉としてね。この映画はバカですよ~。
 ストーリーもあってないようなもんだし、設定もキャラもめちゃくちゃ。ひたすら無意味なバイオレンスとほのかなエロス、そして珍妙なギャグを織り交ぜながら、物語はいつの間にか、銃声と硝煙の匂いほとばしる(べつに映像は匂いませんけど)壮絶なクライマックスに突入してしまう。
 べつに捻りもなければどんでん返しもなく(いや、実はちょっとしたのが二ヶ所あるが)、ただ次から次へとアクション、アクション、アクション!やたら気合の入ったガンファイトのつるべ打ち。くぅ~、たまらんっ!
 もうねぇ、日本映画でここまでアクションに全力を尽くした映画ってないでしょう。こんなバカな映画(褒め言葉ですよ!)が日本で作られたってことに、感動を禁じえない。素晴らしい!

 まあ、細かい点を挙げれば、文句がないわけではない。1960~70年代にイタリアで製作されていた西部劇を「マカロニ・ウエスタン」と呼ぶことに対応させて、和製西部劇を「スキヤキ・ウエスタン」と呼ぶことにするのは結構だけど、だからってわざわざ、劇中でタランティーノにすき焼きを食わすことはない。日本=SUKIYAKI、ジャパニーズ・ウエスタン=スキヤキ・ウエスタンなのであって、すき焼き食ってる西部劇って意味じゃあないだろ。
 このすき焼きに限らず、ギャグは全体的にすべり気味。豪華ゲストのクエンティン・タランティーノ(繰り返すが、片仮名)も、はっきり言って浮いてます。
 キャラの設定が雑で、超豪華キャストの魅力が生きてないのももったいない。一見凄味があるようで、実はただ暴力的で頭が悪いだけの清盛にしても、堺雅人という達者な役者を配したわりには、目立つところは何にもない重盛にしても、言葉遣いや振る舞いがカッコいいだけで、大して中身はない義経にしてもそう。弁慶訳のタカさんにはもっと暴れて欲しかったし、殺されるためだけに出てきたような小栗旬も、もったいない。あと、この作品の出来とは関係ないけど、与一役の安藤政信は、出演する作品や役をもうちょっと選んだほうが良いと思う。どこに出てるか判らないときあるもん。『サトラレ』では主演もした人なんだし、ルックスも実力も素晴らしいんだから、もっと自分を高く売りなよって思う。そうしてれば、今頃は大スターだったかもしれないのに。

 とまあ文句を言いたいところもあるにはありますが、でもそんなことは言ってもあんまり意味がない作品でもある。最初に述べたように、バカな映画ですから。豪華キャストがバカ騒ぎして、観客も「これバカみたいだね」って笑いながら楽しむ映画です。ツッコミどころ満載、それでよし。
 あ、でも、木村佳乃のランジェリー姿は必見。でも伊藤英明の裸体は、『海猿』のときよりたるんでる。ちょっとガッカリ。
LIMIT OF LOVE 海猿 スタンダード・エディションLIMIT OF LOVE 海猿 スタンダード・エディション
伊藤英明, 加藤あい, 佐藤隆太, 大塚寧々, 羽住英一郎

ポニーキャニオン 2006-12-20
売り上げランキング : 8147
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クローズZERO スタンダード・エディションクローズZERO スタンダード・エディション
小栗旬, 山田孝之, 黒木メイサ, 高岡蒼甫, 三池崇史

Happinet(SB)(D) 2008-04-18
売り上げランキング : 1266
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|日本映画|2008-10-19_04:31|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。