闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

映画『ICHI』

 『ピンポン』の曽利文彦監督がメガホンを取り、綾瀬はるかが主演をつとめた“女版『座頭市』”。
綾瀬はるか in 「ICHI」綾瀬はるか in 「ICHI」

東京ニュース通信社 2008-10-22
売り上げランキング : 148
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 こう書くとなんだかトンデモ映画みたいですが、これが案外、真面目な時代劇。少なくとも、北野武監督バージョンと比べたらよっぽどきちんとしています。

 映画『ICHI』公式サイト
 もっとも、“真面目に作っている”ということと、“映画の出来がいい”こととは別の問題。はっきり言ってこの映画、主演の綾瀬はるかの頑張り“だけ”で持っている、そういう映画です。
 『僕の彼女はサイボーグ』の感想にも同じこと書いたな。どちらも、作品の出来はイマイチだけど、主演女優としては最高の仕事をしている。彼女が主演じゃなかったら、ここまで見れる映画になったかどうか……。これって、主演女優としては得なんだか、損なんだか?
 べつに綾瀬はるか以外の出演者たちがダメだということはありません。ただ、彼ら脇役陣がいくら頑張ってみたところで、映画全体の印象を大きく左右する力には成り得ないということで。強いて言えば、柄本明は北野版『座頭市』にも出ていたからちょっと奇妙な感じ。それと窪塚洋介のチーマー芝居はいささか鼻につく、といったところでしょうか。

 まあとにかく、綾瀬はるかの殺陣がなかなか見事で、逆に言えばそこしか見るべきところがないというのが正直なところ。製作サイドとしては、心を閉ざした主人公・市と、大沢たかお演じる心優しき武士・十馬との心の触れ合いを泣かせ所にしたいんだろうけど、それもなんだかねぇ。劇中、そんなに多く行動を共にしているわけでもないし、ほとんど会話もしていない。そんな状況で十馬が、自身の悲しい過去を市に打ち明けるシーンはなんだか唐突だし、その過去がトラウマになって刀を抜くことが出来ない十馬が、最後の最後、ついに刀を抜くクライマックスも、ぜんぜん説得力がない。『ダイ・ハード』の黒人警官・アールは、マクレーンを救うためとっさに銃を抜いたわけですが、十馬の場合はとっさでもなんでもなく、ものすごくゆっくり抜いている。“抜けない”から“抜ける”へと心が切り替わる、そのきっかけが全然見えないから、感動もしようがないです。
 市の側から見ると、十馬に惹かれていく気持ちはそれなりに分かるんだけど、それでもクライマックス~ラストにいたる流れはやっぱり安直というか、深みが足りないというか。あれぐらいで「泣けよ」って言われてもなぁ。

 これといったお勧めポイントを見つけづらい映画です。綾瀬はるかも暗い顔してるよりは、笑った顔の方がずっと可愛いらしいですし。勝新版は見たことないですが、少なくとも北野版と今回の『ICHI』だったら、間違いなく北野版の方が面白いですね。
ICHI公式ビジュアルBOOKICHI公式ビジュアルBOOK
1週間編集部

講談社 2008-10-11
売り上げランキング : 558
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

座頭市 <北野武監督作品>座頭市 <北野武監督作品>
北野武 子母沢寛

バンダイビジュアル 2004-03-11
売り上げランキング : 4357
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

座頭市(デジタルリマスター版)座頭市(デジタルリマスター版)
勝新太郎 子母沢寛 中村努

J.V.D. 2004-09-10
売り上げランキング : 5777
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

Theme:邦画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(11)|日本映画|2008-10-29_17:22|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ICHI
中途半端な感動と興奮・・・。  
劇場鑑賞「ICHI」
「ICHI」を鑑賞してきました綾瀬はるかが女性版座頭市を演じた時代劇アクション。三味線と唄で日銭を稼ぐ”瞽女”となり、ある人を捜すたびを続けるヒロインが、無法者との決戦に挑む。盲目、孤独、居合い斬りの達人という設定はそのままに、性別を変えたことで、女性...
「ICHI」 想像していたよりオーソドックス
本作いくつかの点で興味がある点がありました。 まずは綾瀬はるかさん(おいおい)。
『ICHI』2008・10・26に観ました
←公式HPで配布 『ICHI』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ポッ(。-_-。)綾瀬はるかに初主演映画『僕の彼女はサイボーグ』から萌えてる管理人に取って・・・ (^_^;)また、はるかちゃんに会えるだけで満足満足(笑) キャッ(^^*))))((((*^...
ICHI
あらすじ//三味線を背負い、人とかかわることを避けながら、一人で旅を続ける目の不自由な“離れ瞽女”の市(綾瀬はるか)。とある宿場町に流れ着いた彼女は、一風変わった浪人・藤平十馬(大沢たかお)と出会う。やがて二人は、若き2代目・虎次(窪塚洋介)率いる白河組
ICHI
公式サイト。曽利文彦監督、綾瀬はるか、大沢たかお、中村獅童、窪塚洋介、柄本明、竹内力、利重剛、佐田真由美、杉本哲太、横山めぐみ、渡辺えり。「見えない」「見たい」の女性版座頭市(綾瀬はるか)と「見られたくない」「見にくい⇒醜い」の万鬼(中村獅童)という対照的...
可もなく不可もなく・・・。『ICHI』
女性版座頭市を映画化した作品です。
「ICHI 」DVD
「ICHI」のDVDを観ました~♪ 設定は勝新太郎の代表作、座頭市なんですよね。数年前、たけしも座頭市をリメイクしてたが・・・リメイクしたくなる設定なのかな? うーん・・・綾瀬はるかちゃんが、ムッチャ綺麗だけどねぇ・・・芝居も、殺陣も頑張ってたと思う
ICHI
雑頭市 【Story】 三味線を背負い、人とかかわることを避けながら、一人で旅を続ける目の不自由な“離れ瞽女”の市(綾瀬はるか)。とある...
[映画『ICHI』を観た]
☆今、私が、一番に全幅の信頼を持って見ることが出来る女優・綾瀬はるかの新作である。  今回は、アウトロー<座頭市>を見事に演じている。  若手演技派として名高い谷村美月が、その演技力でもって、どんな役を演じても、自分に引き寄せてしまうのに対し、 綾瀬嬢...
ICHI(テレビ録画)
ICHI 2012年01月02日01時45分00秒TBS新春シネマシアター「ICHI」 正月にやっていた綾瀬はるかさん版座頭市を鑑賞。 一応楽しめた。 市がサブキャラに見えるんですが。 藤平十馬演じる大沢たかお...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。