闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

小説『被害者は誰?』貫井徳郎

 以前、犯人当てアンソロジー『気分は名探偵』を読んだことをこのblogにも書きましたが、そのアンソロジーで初めて出会ったキャラクター“吉祥院先輩”にまた会いたくて、先輩の初登場作品集『被害者は誰?』を読みました。
被害者は誰? (講談社文庫)被害者は誰? (講談社文庫)

講談社 2006-05-16
売り上げランキング : 214257
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 容姿端麗、頭脳明晰で大ベストセラー作家の吉祥院慶彦。彼の元には、大学時代の後輩で今は警視庁捜査一課の刑事、桂島が、捜査に行き詰った事件を抱えたびたび相談に訪れる。風変わりな事件の数々に、天才・吉祥院の推理が冴える。

 貫井徳郎オフィシャルサイト
 「被害者は誰?」…豪邸の庭から見つかった身元不明の白骨遺体。容疑者は殺人に関しては自供したが、被害者の身元については完全黙秘。そんな中、家宅捜索で犯人が書いたと思われる手記が見つかって……。
 事件関係者がしたためた手記を探偵が検証しながら謎を解いていく、というスタイルのミステリーは数あれど、その中でもこの作品は、かなり珍しいタイプでしょう。なにせ、“論理的に被害者を特定できるように書かれていない”のですから。つまり、あんまりかっちりしたミステリーではない。だけど、謎はきちんと解けるようにできてるんですね。ここがおもしろい。

 「目撃者は誰?」…刑事の桂島は、大学時代の友人で今は自動車部品工場に勤めている薬師丸から、奇妙な相談を受ける。応募した憶えもないのに、当たったといって二万円分の旅行券が送られてきたというのだ。しかも、同じ社宅に住むほかの二人の同僚にも同じことが起きていて……。
 これは桂島視点のパートと、別の人物の視点で描かれるパートの二重構造。これも、あんまりかっちりした謎解きではなく、吉祥院先輩の推理もドンピシャとはいかない。しかし、色んな人間の思惑や利害が複雑に絡んだ意外な真相には唸らされます。この短い作品の中で、これだけ入り組んだ人間模様を描いたのもすごい。

 「探偵は誰?」…さしもの天才・吉祥院先輩もスランプに陥った。新作のネタが浮かばず、ついに自分が学生時代に遭遇した実際の事件を小説化してしまったのだ。個人は特定できないように脚色しているが、問題があってはいけないからチェックしてくれというが……。
 これは露骨な叙述トリック。と同時に、本書収録作の中ではいちばん真っ当な犯人当てでもある。タイトルにある「探偵は誰?」という問いの解は、やっぱりだいぶざっくりしたものではあるけれど。

 「名探偵は誰?」…先輩が交通事故に遭い入院した。事故の加害者である茅部さんは芸能人顔負けのかわいらしい女性で、そんな彼女が、責任感から毎日見舞いに来るというので先輩は浮かれていた。だけどなんだか様子が変で……。
 これはもう、何を書いてもネタバレになりそう。ある程度叙述トリックに慣れている人ならすぐにピンと来ても不思議はないでしょう。ただ、かなり短い作品で、叙述ものでこれほど短い作品というのも僕は他に覚えがありません。また、これは本書収録作すべてに言えることですが、どうしてもくどくなりがちな叙述ものミステリーをこれほど軽妙でサラッと読ませる小説に仕上げている点は感心しますね。

 この吉祥院先輩のシリーズは非情に軽いタッチの読み物ですが、貫井徳郎という人は重いタッチの作品もたくさん書きこなし、また高い評価も得ているようで、かなり芸域の広い作家みたいです。個人的には吉祥院先輩の強烈なキャラ立ちぶりが非常に好きなのですが、またいずれ機会があれば、重厚な長編小説も読んでみたいと思います。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


慟哭 (創元推理文庫)慟哭 (創元推理文庫)

東京創元社 1999-03
売り上げランキング : 9414
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

愚行録 (創元推理文庫)愚行録 (創元推理文庫)

東京創元社 2009-04-05
売り上げランキング : 8336
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

気分は名探偵―犯人当てアンソロジー (徳間文庫)気分は名探偵―犯人当てアンソロジー (徳間文庫)

徳間書店 2008-09-05
売り上げランキング : 30288
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:推理小説・ミステリー
Genre:本・雑誌

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(1)|読書|2009-09-01_01:04|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

被害者は誰?*貫井徳郎
☆☆☆☆・ 被害者は誰?貫井 徳郎 (2003/05)講談社 この商品の詳細を見る これぞ本格!!超天才美形名探偵現わる!! 吉祥院慶彦(きっしょうい...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。