闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

小説『日曜の夜は出たくない』倉知淳

 新本格の第二世代、第一回本格ミステリ大賞受賞者としても名高い倉知淳のデビュー作。
日曜の夜は出たくない (創元推理文庫―現代日本推理小説)日曜の夜は出たくない (創元推理文庫―現代日本推理小説)

東京創元社 1998-01
売り上げランキング : 150980
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 とにかく好奇心が旺盛で、その興味の赴くところ何にでも首を突っ込みたがる。やることがまるで首尾一貫していないむちゃくちゃな人で、いい年をして就職もしないで極楽トンボの毎日を過ごし、どうやって生計を立てているのか皆目見当がつかない謎の人物。そんな猫丸先輩が、その類稀なる推理力を発揮する連作短編集。
 
 倉知氏の作品は、以前『まほろ市の殺人 春―無節操な死人』を読んだことがあります。若者の心情や会話が活き活きと飾らない文体で描かれ、大変読みやすかった覚えがあります。今回読んだ『日曜の夜は出たくない』は倉知氏のデビュー作にして看板キャラクター“猫丸先輩”が活躍するシリーズの一作目ですが、こちらも登場人物たちが非常に活き活きとして、軽快な読み心地の作品でした。

 七つの短編が収録されていて、すべての作品で猫丸先輩が探偵役を務めますが、一つひとつの作品は、それぞれかなり異なった雰囲気。軽い与太話みたいなのもあればシリアスなサスペンスタッチの作品もあり、思わずホロリとさせられるような切ない話もある。登場人物も毎回違っていて、一見するとバラバラで一貫性のないように見えるのですが、そこにこそ作者の狙いがあったとは。
 本の最後に、二本立てのエピローグのようなものがついていて、そこでこの短編集全体に隠された、巧妙な仕掛けが明かされるという構成にはうなりました。作者は最初からそういう仕掛けを念頭に置いて、七つの短編を執筆したのだろうから、すごいというかようやるわというか、とにかく感嘆するしかないです。普通、読者はそこまで分からないだろうとは思いますが。

 とにかく軽妙な文体で読みやすく、かつ猫丸先輩のキャラクターが面白くて、読んでいてとても楽しい作品集です。作者の人物描写の上手さは、解説で小野不由美氏が力説しているとおり。老若男女を問わず、どんな人物でも本当に活き活きと、てらいなく描くことができるのはこの作者の大きな強みでしょう。新本格というとマニアックな方へ走ったり、人間心理の病的な側面を描くことに凝る作家が多いイメージがありますが(もちろんそれが悪いとは思いませんが)、本書はそういうとっつきづらさがまったくなく、誰でも抵抗なく読めるような気軽さが魅力だと思います。シリーズの続きも読んでみたいな、と素直に思いましたし、とても楽しい作品集でした。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


まほろ市の殺人 (ノン・ノベル)まほろ市の殺人 (ノン・ノベル)

祥伝社 2009-03-11
売り上げランキング : 102139

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

名探偵猫丸先輩の事件簿 (SUSPERIA MYSTERY)名探偵猫丸先輩の事件簿 (SUSPERIA MYSTERY)
倉知 淳

秋田書店 2005-01-27
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:推理小説・ミステリー
Genre:本・雑誌

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|読書|2009-09-25_01:18|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。