闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

キングオブコント2009

 去年の第一回大会では色々と批判も浴びたキングオブコント。M-1、R-1と並ぶお笑いのビッグタイトルとして定着できるかどうか、正念場の第二回大会。
キングオブコント 2008 [DVD]キングオブコント 2008 [DVD]

よしもとアール・アンド・シー 2009-02-18
売り上げランキング : 5356
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今大会は、前回とにかく評判が悪かった審査方法にかなり修正が施されました。すべての出場者が二回ずつネタを披露する新方式のもと、二代目チャンピオンに輝くのは誰か?

 キングオブコント2009公式サイト
 
 誰が勝ちかは、当事者がいちばん分かっている――。
 松本人志のこの思いを具現化したのが、出場者自らが投票するという前回の審査システム。ただ、これはあまりにも問題が多かった。いちばんの問題は、誰が誰に投票したかが丸バレであるということ。これにより、投票する側に無用のプレッシャーが掛かり、結果的に「出来レース」「事務所びいき」の批判を浴びまくることになったわけで。
 今回は決勝出場者自身の投票はなくなり、セミファイナリスト100名がひとり10点の持ち点をもって各ネタを採点する方式に。そして、全員ネタ二本勝負となり、最後まで抜きつ抜かれつのデッドヒートとなりました。この審査方法は、かなり面白いんじゃないでしょうか。

 一本目は、トップでネタを披露した東京03がいきなり高得点を出し、6組目終了時点まで一位。しかし7組目のサンドウィッチマンがそれを上回る。一本目の得点が低い組からネタ披露となる二本目では、東京03が驚異的な高得点をマークし、ネタ順が最後のサンドウィッチマンがそれを上回れるかという展開に。サンドウィッチマンのネタも見事でしたが、東京03の得点には及ばず、見事、東京03が二代目キングオブコントに輝きました。

 今回の結果は、文句なしでしょう。ネタもよかったし、実際あの得点を出されたら、納得するしかない。司会の松っちゃんも「ノーミスでしたもんね」と賛辞を送っていました。サンドウィッチマンは、二本目のネタよりも一本目のネタの方がよかったかな。

 ただ、前回のバッファロー吾郎、今回の東京03と、ルックスやキャラクター的には地味な人たちが優勝して、なんとなく微妙な感じではあります。M-1のように、優勝者が爆発的にブレイクするということはなさそうな雰囲気ですね。この大会をきっかけに大ブレイクする芸人を、コンスタントに送り出せるかどうか。その辺が今後の課題かもしれません。
東京03 単独ライブ 機微 [DVD]東京03 単独ライブ 機微 [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル 2009-11-06
売り上げランキング : 335

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サンドウィッチマン ライヴ2008~新宿与太郎行進曲~ [DVD]サンドウィッチマン ライヴ2008~新宿与太郎行進曲~ [DVD]

エイベックス・マーケティング 2008-12-10
売り上げランキング : 891
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:キングオブコント(C-1グランプリ)
Genre:お笑い

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|お笑い|2009-09-23_01:41|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。