闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

小説『葉桜の季節に君を想うということ』歌野晶午

 新本格第一世代の作家、歌野晶午。僕が読むのはデビュー作『長い家の殺人』に続いて二作目です。日本推理作家協会賞&本格ミステリ大賞をダブル受賞した本作、はたしてどれほどの傑作なんでしょうか。
葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

文藝春秋 2007-05
売り上げランキング : 2723
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 〈何でもやってやろう屋〉を自称する俺の名は、成瀬将虎。弟分の高校生が久高愛子って子にゾッコンなのだが、どうやら彼女の爺さんが霊感商法がらみの事件に巻き込まれて命を落としたらしい。元私立探偵(見習い)だった俺は、事の真相を究明すべく体当たりの捜査に乗り出すが……。(本格ミステリ大賞HPより引用)
 
 うーん、やられた!完璧に騙された。そういう意味では確かに、すごくよく出来たミステリーではあります。しかしこれが、小説として面白いかというとどうも……。

 僕の場合、これを読む以前に、叙述トリックの構造がこの作品と非常によく似たある作品を読んでいたのですが、そのくせトリック、全然見抜けませんでした。情けない↓。ただ、小説としての面白さでは、前に読んだ作品の方が上だと感じましたね。前に読んだ作品って何かといえば、我孫子武丸の『弥勒の掌』なんですけどね(これ、ネタバレになるかなぁ?)。

 『葉桜~』のテーマは、えーっと……。ダメですね、どういう小説か説明しようとすると、いきなりネタバレになる可能性が高い。辛うじて触れられるのは、非常に大掛かりで組織的な「詐欺」が物語の縦軸としてあるということです。この辺も、『弥勒の掌』とかぶってくるところでもありますね(しかも、この二作とも文藝春秋の「本格ミステリ・マスターズ」から出ているんですね。これだけ被ってて、問題にならなかったんだろうか?『弥勒』の方が後から出ているので、「我孫子さんがパクッた」と言われそうな感じですけど)。
 ミステリーとしては非常にフェアに書かれていますし、最後まで読めば必ず「なるほど!」と合点がいきます。『葉桜の季節~』というタイトルの意味も明らかになり、それが作品のテーマともなっています。それにしても周到な書き方をしたものですね。こんなの映像じゃ絶対出来ないですから、まさに叙述トリックの醍醐味でしょう。

 ただ、本格ミステリ大賞の選評で我孫子さんも書いてますが、主人公の過去の探偵譚の部分は中途半端な気がしますね。作者的には一応、トリックを破る手がかりとして機能させたかったのかもしれませんが、あくまでサブストーリーなのにに力入りすぎな感じは否めません。翻って我孫子さんの『弥勒~』には無駄な記述が一切なく、驚くほど簡潔に書かれていて、Amazonのレビューでも「短っ!!」「ページ数、足りなくね?」などと書かれているのですが、もしかして我孫子さん、「文句言うならお前も書いてみろ」みたいなこと言われでもしたんでしょうか?

 なんだか『葉桜~』の感想なんだか『弥勒~』の感想なんだか判らない記事になっちゃいましたが、せっかくだから両方読んで比較してみると、面白いと思いますよ。『葉桜~』の方が社会性がありそうなテーマを扱っていますが、娯楽小説としての思い切りの良さは『弥勒~』の方が上かな?どんでん返しのキレ味と、ものすごい勢いで伏線が回収されていく謎解き場面のスピード感はどちらの作品も絶品。そういう部分は本格ミステリーの本質的な魅力ですから、意外とミステリー初心者にもお薦めな作品かもしれませんね。

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい)
★★★☆(すごい)
★★☆☆(とても良い)
★☆☆☆(良い)
by TREview


長い家の殺人 (講談社文庫)長い家の殺人 (講談社文庫)

講談社 2008-04-15
売り上げランキング : 96698

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

弥勒の掌 (文春文庫)弥勒の掌 (文春文庫)

文藝春秋 2008-03-07
売り上げランキング : 61781
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

Theme:推理小説・ミステリー
Genre:本・雑誌

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(2)|読書|2009-10-02_01:25|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

葉桜の季節に君を想うということ
 本書の内容をごく簡単に紹介すると、元私立探偵の成瀬将虎が、同じフィットネスクラブに通う久嵩愛子に頼まれて、悪徳商法を行っている蓬莱倶楽部という団体を調査するとい ...
歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』(文藝春秋社)
まず……  google ime使ってるんだけど『葉桜の季節に君を想うということ』って変換予測で出てきました。どういうこと?^^;google imeってすげーーー。  そして久々すぎるレビューで ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。