闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ドラマ『JIN‐仁‐』第四話

 今回から「第二部スタート」といった感じでしょうか。仁と花魁の野風が初対面。そして2007年に撮影された仁と未来の写真には、大きな変化が――。

 TBS『JIN‐仁‐』公式サイト

 吉原の遊郭・鈴屋のおやじさまが、子供の野風に語って聞かせる言葉が素敵。残酷な現実を見据えつつ、わずかな隙間から希望を――まやかしのではなく、本物の希望を――見出していく。つらい時代に生きていた人々の、力強さを感じます。

 次回以降、仁はますます歴史を変えていく気配です。タイムパラドックスの問題にどう収拾つけるんだろうかと心配になってきますが、たぶん製作者サイドでは、その辺の着地点はもう見出してあるんだろうな。
 壮大なドラマに、荘重なMISIAの主題歌が被さるラストは、やっぱりちょっと大げさな気がするけど、普通の連ドラの枠をはみ出していくような威勢のよさは感じます。これからも上手く話を展開させていって欲しいな。
逢いたくていま逢いたくていま
MISIA

BMG JAPAN Inc. 2009-11-18
売り上げランキング : 270

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:ドラマ
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(2)|trackback(1)|ドラマ|2009-11-01_22:51|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

でも、この真心を永遠のはつ恋と呼ばせて(JIN-仁-#4)
『JIN-仁-』西洋医学所での講義を始めた南方仁@大沢たかお。 緒方洪庵@武田鉄矢も熱心に生徒として勉強中(爆)喜市@伊澤柾樹も奉公に出たようで、良かったのぉ (・・,)グスンレディ(違 おなごが頭に穴を開ける練習とは!!!坂本龍馬@内野聖陽に連れられてやって

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE
JIN面白いですよね!
私も見ています。

おやじさまと野風の子供の頃のお話、とっても素敵でしたね^^
あんな店主だったらがんばろっておもえるかも。

歴史を大きくかえてしまうようですが、どうやって終わるのか見ものですね♪

途中で流れる音楽も素敵で気に入っています^^

またブログみにきます!
コメ感謝!
>>mbairuさま。
『JIN』素敵なドラマですよね。音楽も素敵です。
時代劇とSFを融合させて、スケールの大きな話になってますが、
収拾がつくのか少し不安です……。

また遊びに来てください。こちらからも見に行きますね!

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。