闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ドラマ『相棒 Season8』第5回―背信の徒花―

 鉄道マニアの米沢が見ていた、ローカル線の車窓風景を映したDVD。そこに、5年前に自殺した国土建設省の官僚・三島の姿が映っていた。当時、三島は高速道路の建設に伴う官製談合の捜査の渦中におり、その捜査が自殺の引き金を引いたとして、捜査は打ち切り、警視庁は「臭い物には蓋」で事件を闇に葬っていた。角田からも「下手に調べたらやぶへびになるよ」と釘を刺された右京だが……。

 テレビ朝日『相棒 Season8』公式サイト

 相変わらず鋭すぎる右京さん。5年前の事件の日付を正確に憶えているなんて、記憶力も驚異的。やはり頭脳勝負の展開になると、神戸尊の分が悪い。

 「二階級も落とされたら、階級なくなっちゃいますんで」

 相手が変わっても、イタミンのイヤミは冴えてます。イタミンの階級は巡査部長。巡査部長の下は巡査長だから、二階級落ちたら巡査だろうという気がしますが、じつはよく聞く“巡査長”という称号は、正式な警察内の階級ではないらしいので(詳細はウィキ参照)二階級落ちたら確かに、階級はありません。

 「そろそろ、思い込みを捨ててみませんか」という尊の提案を、やんわりとした笑顔で「ガン無視」するなど、相変わらずのディスコミュニケーションぶりが最高におもしろい。会話劇としてのおもしろさは、亀山薫が相棒だった時代よりも格段に上がっているのではないでしょうか。
 ただ、新シーズンになってから、「花の里」のシーンが少ないのは残念。オフモードの右京さんが見れる貴重なシーンなんですが、まだ尊はそこまで信頼されてないということでしょうね。

 官僚制の強固なシステムに一人抗った三島をしのび、「警部もそうだったんですか?」と問いかけた尊。それに対して、右京の答えは、「いえ、僕はただ、真実に興味があっただけです」。
 どんな小さな真実も見過ごさない、ある意味では杓子定規な正義感。もちろん、正義は大切ですが、その杓子定規なところを小野田官房長に見透かされ、時に利用されたりしているのも事実。元来熱い正義漢だった亀山薫は右京の味方でしたが、はたして神戸尊はどうか。第3話では意外ないい人ぶりを示した尊が、今後右京とどのような距離をとっていくのか、興味深いところです。
杉下右京 KUBRICK & BE@RBRICK SET杉下右京 KUBRICK & BE@RBRICK SET

メディコム・トイ 2009-08-25
売り上げランキング : 31656

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒 Season 8 オリジナル・サウンドトラック相棒 Season 8 オリジナル・サウンドトラック
池頼広 TVサントラ

エイベックスイオ 2009-10-14
売り上げランキング : 16005
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:ドラマ
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|相棒|2009-11-18_23:16|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。