闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

小説『アイルランドの薔薇』石持浅海

 スケールの大きな舞台設定と緻密な論理展開で注目を集める気鋭のミステリー作家の、長編デビュー作。
アイルランドの薔薇 (光文社文庫)アイルランドの薔薇 (光文社文庫)

光文社 2004-09-10
売り上げランキング : 127775
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 美しい湖畔の街・スライゴーの宿で起きた殺人事件。南北に分断されたアイルランドの和平問題を背景に、武装組織NCF内部の謀略や謎の殺し屋まで絡む事態に、日本人科学者・黒川富士雄が冷静沈着な頭脳で切り込む衝撃の本格ミステリ。
 うーん、これは凄いぞ。
 正直なことを言えば、本来的には、僕が苦手なタイプの作品のはずなんです。僕は基本的に、登場人物に感情移入しながら読むタイプなので、主要キャラクターに共感できない作品や、人物をあえて無機的・記号的に扱っている作品などは楽しめないのが普通です。本作においても、舞台がアイルランドという外国で、登場人物のほとんどは外国人、しかも視点人物の一人は非合法武装組織の幹部ですから、平凡な日本人の僕が感情移入するにはハードルが高い。一方、唯一の日本人登場人物は、常人離れした観察力や推理力、さらに武装組織相手に堂々タンカを切って見せるほどの度胸の持ち主で、自称・柔道の黒帯、忍術の達人、料理上手でかつ仕事も優秀な製薬会社の研究員という、いったい何者なんだか分からないキャラクター造形で、しかも、そのそつのない振る舞いや柔らかい人当たりの反面、内面の人間性はほとんど感じさせないという人物。こちらもまた、共感はしづらいキャラクターです。
 そんな風に、キャラクターに共感して楽しむという普段の僕の読み方を、およそ受け付けないタイプの作品であるにもかかわらず、僕はこの作品をかなり面白く読んでしまいました。これはもう、作品の出来そのものが、かなりハイレベルであったからとしか思えません。

 クローズド・サークルというのは、物理的に脱出が不可能な閉鎖環境に登場人物が閉じ込められるという、本格ミステリの定番。本作におけるクローズド・サークルの作り方はかなり捻りが効いていて、このアイディア一つとっても、作品の面白さに大きく寄与しているでしょう。
 北アイルランド紛争の歴史的背景やその政治的・社会的・宗教的・民族的課題については、作中で登場人物が詳しく説明してくれる場面があるので、知識のない読者も大丈夫。この北アイルランド問題が、直接的にも間接的にも登場人物たちを翻弄していくのですが、前述のクローズド・サークルの作られ方も、この問題があればこそ可能になるものでした。
 謎が解けてみると、事件の真相は意外にしょぼくて、犯人の正体も拍子抜けな感じがしなくもないですが、それでも面白いと感じるのは、捻りの効いた設定状況とプロット、そして「誰が嘘をついているか」を読者に考えさせるように仕向けるギミックが効果的なのと、ページ数も300ページ弱と短いのもあり、背景に滲ませた政治問題が提供する適度な緊迫感を持続したまま、駆け抜けるように読むことが出来るからでしょう。そこはかとない感傷をもたらすエピローグが好印象で、読後感がいいのも魅力。

 石持氏は始めて読みましたが、なかなか面白かったです。これが長編デビュー作ということを考えれば、その後の作品に一層の期待が持てるというもの。本作に関しては、キャラクターの造形にやや魅力が足りない(特に探偵役のフジ―黒川富士雄―がまったく理解不能の不可思議人間なのが気に食わない)ことに少し不満を感じましたが、その辺が解消されれば、かなり面白い作家じゃないでしょうか。
 うーん、次作も読まねば!
月の扉 (光文社文庫)月の扉 (光文社文庫)

光文社 2006-04-12
売り上げランキング : 156429
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

扉は閉ざされたまま (祥伝社文庫)扉は閉ざされたまま (祥伝社文庫)

祥伝社 2008-02-08
売り上げランキング : 97380
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:推理小説・ミステリー
Genre:本・雑誌

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|読書|2009-12-04_02:57|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。