闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ドラマ『相棒 Season8』第10回 元日SP―特命係、西へ!―

 毎年恒例の元日スペシャル。例年、スケール感があってサスペンスフルな作品が放送されてきましたが、今回はロマンチック・サスペンスとでも言うのかな?東京で起きた殺人事件が、古都・京都に隠された420年前の歴史の謎を掘り起こす!?そこに、なんと神戸尊のかつての恋人が絡み、事件はさらに複雑な様相を見せ……。
相棒 season5 下 (朝日文庫)相棒 season5 下 (朝日文庫)

朝日新聞出版 2009-12-04
売り上げランキング : 2644

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 なるほど。ずっと右京が尊を〈花の里〉に連れてこなかったのは、この元日スペシャルのための伏線だったわけですね。もちろん、劇中の右京がそんな計算をしてるわけではないけれど、『相棒 Preseason1』で、右京と薫が“真の相棒”になるシーンを思い出して、けっこうグッときました。

 テレビ朝日『相棒 Season8』公式サイト
 
 今回のスペシャルは、右京と尊が“真の相棒”になる物語だったんですね。かつての恋人を想い、今の自分の出来る限りを尽くそうとした尊を、右京はついに、自身の相棒として認めたのでしょう。最後の「行きますか?」というセリフ、よかったなぁ。

 事件の方は、よくある2時間サスペンスのような事件、といえると思います。歴史の謎、なんていうのは「浅見光彦シリーズ」でいかにもありそうなスタイルだったからそう思うのかもしれませんが。
 歴史の謎を解明する大胆な仮説、その証拠となるかもしれない幻の逸品、その逸品を巡る人々の思惑とつばぜり合い、こういった部分だけなら、それこそ本当によくある2時間ドラマですが、それにバイオテクノロジーを用いた新薬の開発、その認可をめぐる情報戦という要素を組み込んできたところが、素直じゃないドラマ『相棒』らしさ、かな?まあこれは、小野田官房長を噛ませる無理くり設定のように思えなくもないけど、ちゃんと結末に繋がってたからいいか。ただ、二段落ちになったぶん、話が余計にややこしくなって、視聴者としては理解するのが面倒くさい話になっちゃった感はあります。

 尊&ピルイーター、再びのツーショットトーク。それも、初回と同じ店。尊ファンは心配でしょうねぇ。ピルイーターファン(いるの?)も、違う意味で心配?この二人の関係が、いずれ明かされるときが来るのか……。『Season1』で特命係誕生の秘密を“後付けする”ことに、見事に成功した『相棒』のこと、『JIN』みたいな無惨なことにはならないと思いますけどね。

 Season8、ここまでの前半は、神戸尊という新相棒の人となりを掘り下げつつ、新たな特命係の形を様々な角度から模索する期間だったように思います。晴れて今回、ふたりの間に“相棒”としての絆と信頼が芽生えたことで、次からはまた少し、違った形が見られそう。今から楽しみで、ワクワクしてしまいますね。
相棒 Season 8 オリジナル・サウンドトラック相棒 Season 8 オリジナル・サウンドトラック
池頼広 TVサントラ

エイベックスイオ 2009-10-14
売り上げランキング : 5773
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [DVD]相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-10-21
売り上げランキング : 1895
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:テレビドラマ
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(2)|trackback(1)|相棒|2010-01-02_03:04|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒 Season8 10話元日SP 『特命係、西へ!』 感想
----あらすじ---- 呉服店を経営する高村が殺害され、彼が死亡する直前に電話を掛けたと思われるホテルに向かった右京と尊。そこで尊は、大学時...

コメントの投稿

非公開コメント

大河内役の神保さんは
ここまでテンションの低い堅物役は珍しいそうです。
薫ちゃんがいなくなって心配なのが、サブレギュラー陣の扱いです。ついてない女こと月本幸子のように、過去の犯人や知人がもう一度出てくるという事はあるのでしょうか。
サブレギュラーですか……
>>峰川幸助三世さま。
サブレギュラーは必ずしも薫ちゃんとのつながりで出ている人たち
ばかりではないので、出てくる人は出てくると思いますけど。
瀬戸内元大臣とか片山雛子議員とかは絶対出てくるでしょうし。
尊が「特命係の歴史に興味がある」なんて言ってたから、今後、
特命係が関わった過去の事件とつながりのあるエピソードが作られる
可能性もあると思います。

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。