闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ドラマ『相棒 Season8』第12回―SPY―

 銀座のホステス・まどかが殺された。彼女は死の直前、神戸尊に電話をかけていたため、一課は尊を聴取するが、尊は警察庁時代、上司に連れられて何度か来ただけだという。まどかの店は客の半分が警察関係者というくらい、警察庁・警視庁の幹部クラスが多く出入りする店だった。捜査を進めていくと、まどかの所持していたUSBメモリーの中から警察の前科者リストが見つかる。銀座のホステスがなぜそんなものを……?その裏には、警察組織を揺るがす大きな秘密が隠れていた。

 テレビ朝日『相棒 Season8』公式サイト
 
 今回は久しぶりに、内容と尺が見合っていた印象ですね。むしろ終盤は時間が余っていた雰囲気すらある。といって、けっして内容が薄かったわけではなく、警察組織の闇と、そこに翻弄された哀れな人々の破滅を描いた内容は見応え充分。脚本は『相棒 season1』から参加し、この手の重厚な作風でシリーズの屋台骨を支えてきた櫻井武晴氏。この人、『853~刑事・加茂伸之介』の脚本も書いていて、そちらの第1話も見たんですが、軽妙でポップな、全然違うテイストの作品で。同時期に放送しているドラマで、全然違うテイストの脚本を書いているってすごいなと。

 今回はピルイーターの魅力炸裂といった回でしたが、尊との関係は明かされず。「大河内さんはなぜ結婚しないんですか?」と問われた際の苦い表情は、昔から『相棒』を見ている人にだけ分かるシーンでしたが、面白かったですね。しかし捜査の過程で庁内Sという存在が浮き彫りになり、その存在が追及される展開は、尊からしたら内心ヒヤヒヤものだったでしょうね。それでもいつものクールな表情を変えることのなかった尊は、やはりなかなかの男です。小野田官房長の言う、「優秀だから」こそ、杉下右京の監視及び査定役に選ばれたというのは、嘘ではないでしょう。
 しかし、Season8も半ばをすぎたところで、尊の立場を揺るがしかねない今回の事件。最後に表されたテロップといい、今後のシリーズの展開、特に尊の立場に関して俄然緊張感が高まってきました。小野田官房長は、特命係を、そして右京と尊をどうしようとしているのか?シリーズのお約束として、特命係が潰されたり、右京さんや薫ちゃんがクビにされそうになったときには、右京さんの奇計が飛び出して特命係を守るというパターンがありました。ファンとしてはこの右京&尊のコンビをまだまだ見ていたいから、きっとまた右京さんの奇計が飛び出すことになるんだろうなと期待しているのですが。
 ま、あんまり先のことを心配しても仕方ないですかね。まずは一話一話、それぞれが面白い話であること。次回は一転、明るい感じの話になりそうですが、はたしてどんな事件なのかな。楽しみ。
【期間限定出荷】相棒 スリム版 プレシーズン DVDセット(3枚組)【期間限定出荷】相棒 スリム版 プレシーズン DVDセット(3枚組)

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-03-18
売り上げランキング : 2271
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [DVD]相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-10-21
売り上げランキング : 3311
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

Theme:テレビドラマ
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(1)|相棒|2010-01-21_00:40|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒8 (神保悟志さん)
◆神保悟志さん(のつもり) 神保悟志さんは、毎週水曜よる9時テレビ朝日系列にて放送されている連続ドラマ『相棒 Season8』に大河内春樹 役で出演しています。 一昨日は第12話「SPY」が放送されました。 ●導入部のあらすじと感想

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。