闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

小説『失踪症候群』貫井徳郎

 これまで『被害者は誰?』『悪党たちは千里を走る』と、コメディタッチの貫井作品を読んできましたが、残念ながらというか何というか、貫井氏の著作はシリアスなものの比重が大きく、コミカルなものはもう他にないらしいんです。仕方ないので、シリアス寄りの作品の中では比較的エンタメ度が高そうな『症候群』シリーズに手を出してみました。
失踪症候群 (双葉文庫)失踪症候群 (双葉文庫)

双葉社 1998-03
売り上げランキング : 96026
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 警視庁警務部人事二課に勤める環敬吾に、刑事部長から呼び出しが掛かる。一見無関係に見える若者たちの失踪のなかに、微かな共通性のようなものが見出せる例があるという。とはいえ、そんな薄弱な根拠で正式な捜査はできない。そこで環に指令が下ったのだ。若者たちの相次ぐ失踪の背後に、何があるのかを探ること。さっそく環は、チームのメンバーに召集をかける。集まったのは肉体労働者の倉持、托鉢僧の武藤、元刑事の探偵・原田。人知れず捜査を開始した三人の男たち。彼らが暴き出す真実とは……。

 貫井徳郎オフィシャルサイト「He Wailed」
 
 “岡嶋二人さんの『眠れぬ夜の殺人』が好きだったので、それを踏襲しようと思って書いた作品”なんだそうです、作者曰く。僕は『眠れぬ夜の殺人』を読んでいないので、なんとも……。ただ「秘密のチームが人知れず悪を追い詰める」という展開はリアリティに欠ける分、逆に娯楽作として割り切って読めそうなので、そういう「割り切りのいい娯楽作」が好きな僕としては、けっこう期待して読んだのですが。ちょっと期待が大きすぎたかな?

 まず、この作品には明確な“主人公”がいません。一応、いちばん枚数を割いて描かれているのは「チーム環(仮)」(作中でそういう名称で呼ばれたりしているわけではないですが、この記事中では便宜上、そう名づけておきます)のメンバー、元刑事で現私立探偵の原田征一郎の視点。とはいえ、彼以外のメンバーや、それ以外の登場人物の視点から描かれる場面もかなり多く、トータルすれば原田視点で描かれる場面の総量を超えてしまいそうなぐらいなので、明確に「原田が主人公」とは、ちょっと言いづらい。原田の捜査ぶりや、裏腹に抱えている家庭の事情も、それを物語の主題と言えるほどには、重く扱われていません。全体的に視点人物が多すぎて、散漫な印象になってしまった気がしますね。
 また、「チーム環(仮)」のメンバーについてですが、リーダー格の環敬吾が得体の知れない謎の人物として描かれているのはいいとして、配下の実働部隊三人のうち、原田を除いた二人がどうやら只者ではない雰囲気を漂わせているのに対し、原田だけが「普通のおっちゃん」にしか見えないというのも、違和感がありますね。他の二人、特に倉持は明らかに格闘技に精通しているし、武藤は掏りの心得がある。それに比べて原田は、普通に家庭を持ち、年頃の娘とのコミュニケーションに悩むというありふれたキャラクターで、特別な技能やすごい特技があるわけでもない。元刑事とはいうものの、現役時代に特別に優秀だったという感じでもなく(無能でもなかったようですが)、年齢的にも体力面で無理が効かなくなりつつあるような中年男が、なぜこのような秘密の捜査チームの一員に選ばれたのか、ちょっと納得がいきかねます。

 ストーリーに関してですが、そもそもの発端である若者の失踪とその背後にあるものは、それ自体は「なんだそんなものか」と拍子抜けするようなしょぼいものです。ただ、捜査対象になっていた失踪者のうち一名が殺されたことで、失踪人捜査がまた別の展開を迎えます。この殺人の背後に控える悪が相等に強烈で、この極悪人たちとの対決こそ、環たち秘密の捜査チームの本領といったところでしょうか。それにしても、この悪人たちの“悪さ”はただ事じゃない。でも、きっと現実にいるんだろうな、こういう奴ら。

 おそらく娯楽小説として一定の水準は達成しているでしょうが、読む前の期待が大きかった分、いま一つという印象が拭えませんでした。謎解き的な要素も薄いですし、『悪党たちは千里を走る』のような爽快感もない。社会派と言えるほどリアリティも感じないし……。
 うーん、微妙な感想になってしまいましたが、読みやすく、次々とページをめくっていけるという点では、やはり良質の娯楽作だと思います。ドラマ化とかしたら面白そう。でもそうすると、女っ気がなさすぎて微妙かな。
誘拐症候群 (双葉文庫)誘拐症候群 (双葉文庫)

双葉社 2001-05
売り上げランキング : 88515
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

悪党たちは千里を走る (集英社文庫)悪党たちは千里を走る (集英社文庫)

集英社 2008-09-19
売り上げランキング : 292947
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

眠れぬ夜の殺人 (講談社文庫)眠れぬ夜の殺人 (講談社文庫)
貫井 徳郎

講談社 1996-07-04
売り上げランキング : 72996
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:推理小説・ミステリー
Genre:本・雑誌

HP Directplus オンラインストア
comments(4)|trackback(3)|読書|2010-05-06_04:18|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

貫井徳郎「失踪症候群」
貫井徳郎著 「失踪症候群」を読む。 このフレーズにシビれた。  恐ろしくて一睡もできないと思っていたが、気づいてみればすっかり眠り込んでいた。 [巷の評判] 闘争と逃走の道程では, 「おそらく娯楽小説として一定の水準は達成しているでしょうが、読む前の期待が大
貫井徳郎 『失踪症候群』 感想
----あらすじ---- 上司からの依頼で若者の失踪の真意を探ることになった環敬吾はチームのメンバーを集めた。元警官で私立探偵の原田、托鉢僧の...
『失踪症候群』
貫井徳郎 『失踪症候群』(双葉文庫)、読了。 症候群シリーズの第一巻。 順番間違えて『誘拐症候群』から読んでしまったのですが、 チーム環のメンバーの一人である原田の家庭が事件に絡んでいて、 「...

コメントの投稿

非公開コメント

おやあまり評価が高くないのですね
私としてはなかなかのお気に入りなのですがね。確かに捜査のスペシャリストの集団にしては原田だけやけに普通人なのはちょっとおかしいですが。個人的には前回に読んだ『修羅の終わり』があまりに酷かったので、同じ作家とは思えませんね。
グッとくるものがなかったですね。
>>
なんか作品全体を通して、何を描きたいのかわからなかったのが、評価の低い理由ですね。
貫井氏は非常に芸域の広い作家なので、作品ごとに全然印象が違うというのはあるでしょう。本作にしても、吉祥院先輩と同じ作者とは思えないですから。
殺人症候群読んでからレビューしてくれ(笑)
>>コメント深謝。
>>は?さま。
この記事は『失踪症候群』のレビューですが、なにか?

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。