闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

映画『アウトレイジ』

 世界のキタノ、久しぶりのヤクザ映画。怒号飛び交う予告編がすごい面白かったんでね、観たいなぁと思ったんですけど。でも、あれですね。『パブリック・エネミーズ』のときも書いたけど、予告編が面白い映画の本編は、予告編の出来を超えない。この『アウトレイジ』も、そんな気がしましたね。

 まあ個人的に、あんまりバイオレンスシーンが得意じゃないというのもあるんですが、けっこう目を背けたくなるシーンが、特に前半に多い。どぎつい暴力シーンにギョッとさせられるんだけど、そういう描写に慣れてきた後半になると、逆に普通の銃殺とか、刺殺とかになってくるので、なんとなく拍子抜けするんです。前半で飛ばしすぎて、後半ガス欠みたいな。もったいない気がしましたね。最終盤の、水野(椎名桔平)の殺され方はすさまじかったけど。

 本当に「悪いやつらばっかり」な映画なので、救いも何もないし、見終わって気分がいい物でもない。以前の『BROTHER』とかはまだ清々しさみたいなのがあったし、映像美もあったんですけど、それもないですし。この『アウトレイジ』の割り切り方もある意味すごいけど、『BROTHER』の方が僕は好きだなぁ。
北野映画ベストセレクション joe hisaishi meets kitano films北野映画ベストセレクション joe hisaishi meets kitano films
久石譲 サントラ

ポリドール 2001-06-21
売り上げランキング : 9854
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BROTHER [DVD]BROTHER [DVD]
北野武

バンダイビジュアル 2007-10-26
売り上げランキング : 6647
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:邦画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(1)|日本映画|2010-06-12_18:04|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アウトレイジ
世界の北野最新作。ヤクザの世界で繰り広げられる文字通り「仁義無き戦い」を描いたバイオレンスムービーだ。出品されたカンヌ映画祭でも賛否両論渦巻いたといういわくつきの作品。主演はビートたけし、共演に北村総一朗、三浦友和、國村隼、杉本哲太、椎名桔平、加瀬亮、...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。