闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ドラマ『GM~踊れドクター』第2話

 後藤を正式に雇用する条件として、「フリークエントフライヤー(よく来る要注意患者)」を診察することを求められたソウシン。その患者・真咲泉は、ここ3ヶ月で3度、四肢の痛みを訴えて救急に収容されたものの、いずれも原因がわからず迷惑物扱いされていた。4たび搬送されてきた泉を診察した氷室は、彼女が倒れる直前に素潜りをしていたと聞き、潜水病と診断。治療で回復した泉は退院していくが、数日後、今度は富士登山の最中に肩などの痛みを訴えてまたも搬送されてくる……。

 TBS『GM~踊れドクター』公式サイト
 
 第2話になって、徐々にソウシンメンバーたちの人となりが見えてきました。と同時に、彼らが後藤の影響を受けて、あるいは後藤が巻き起こす騒動の余波を受けて、仕事や自分自身との向き合い方を見つめなおし始めたというところ。そして氷室は自分が元「zoo」ということにされてしまっていることを聞かされて……。はたして彼らは踊るのか?踊れるのか?というのが今後の見どころでしょうか。

 今回もいろんな病名が出てきましたが、すべての原因になっていたのが「鎌状赤血球」という遺伝性の病気。文字通り赤血球が鎌のような形になる病気で、血管に血栓をつくったりするそうです。低酸素状態にならなければ赤血球が鎌状にならないため、発見しにくいこの病気、後藤が気づくきっかけになったのは、患者がやたらと水を飲んでいたことでした。劇中ではなぜか、ペットボトルの水を別のボトルに移し変えて、ボトルの水位を同じ高さに揃えようとしていましたが……。そんなおとぼけも交えつつ、きちんと見るところは見ているファイヤー後藤。相変わらず切れ味抜群のダンスも冴えて、しかし周りの同僚からは着実に嫌われていってる彼が面白いですね。
LIFE ~目の前の向こうへ~(通常盤)LIFE ~目の前の向こうへ~(通常盤)
関ジャニ∞(エイト)

インペリアルレコード 2010-08-25
売り上げランキング : 22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:テレビドラマ
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(2)|ドラマ|2010-07-25_23:25|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「GM 踊れドクター」第2話★面白くなったし、多部ちゃん可愛らしいし
「GM 踊れドクター」第2話  初回は微妙な空気が流れていましたが、第2話になって劇的に面白くなりました。  初回は、後藤(東山紀之)や桃子(多部未華子)をはじめとする登場人物たちの紹介編で、中途半端なストーリーだったのですが、今回は、各自の個性が前面...
GM~踊れドクター 第2話 原因不明
『原因不明』内容桃子(多部未華子)から、、、“ソウシン”のメンバーが元ダンサーと聞かされ、世界最高峰の“GM”、、後藤(東山紀之)は、名峰病院の“ソウシン”で働くことを...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。