闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

DVD『仮面ライダー THE FIRST』

 仮面ライダー1号&2号の現代版リメイク。公開中の続編『仮面ライダー THE NEXT』では、これにV3も加わります。『NEXT』には、僕の好きな石田未来ちゃんが出演しているので前から見たかったのですが、それならまず『FIRST』から見なくちゃあね、というわけで、DVDをレンタルして観賞。
仮面ライダー THE FIRST コレクターズエディション仮面ライダー THE FIRST コレクターズエディション
特撮(映像) 長石多可男 黄川田将也

東映 2006-04-21
売り上げランキング : 9177
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 2000年代以降、ちょっとしたヒーローブームみたいになってる中で、「原点」を見直そうという意図から作られたと思われるこの作品。懐かしのテーマソングが揚々と流れるオープニング・タイトルバックは、35年という時のギャップを一気に乗り越えるくらい、勢いに満ちている。これは期待しちゃうぞ……。

 映画『仮面ライダーTHE NEXT』公式サイト
 

 しかし、結局オープニングがすべてだった、というのがこの作品の正体。本編はまあ、「この出来でよく続編ができたな」という、そっちを「凄い」と感じちゃうぐらいお粗末な出来です。

 アクションシーンが売りなんだと思うし、確かにそこだけ見れば、結構気合の入ったシーンになってるとは思いますが、如何せんストーリー本筋とのつながりが希薄というか、いい加減で、アクションシーンだけがぽっかり浮いてしまっている。浮いてるといえば、ウエンツ瑛士と小林涼子が演じるキャラクターもそうで、彼らふたりの物語は、最初から最後まで、本郷猛や一文字隼人らとまったく関係なく進行する。一本の映画の中に、まるで繋がりのないふたつの物語。なんだこりゃ。
 そんなことよりなにより、いちばんショボイのは、主役の一人であるはずのライダー2号・一文字隼人。彼のキャラクターとしてのバックボーンがあまりにもなさ過ぎる。改造人間になる前の生活とか人となりとか、何にもないんだから共感のしようもないし、魅力も感じない。主人公なのに魅力がないという、悲しい感じ。ラブストーリー的な要素も色濃い作品ですが、その部分も一文字の中身のなさのゆえ、異様に説得力がないものになってしまっている。
 クライマックスからラストにいたる展開はかなりやっつけ仕事で、子供だましにもならないようなチープな盛り上がり方を見せます。ここでも、一文字はきわめて内容のない、珍妙な不可解行動を見せて本郷を窮地に陥れます。いったい、一文字は何のために出てきたんだろう?

 全体的に、「大人が観るには寒過ぎる、子供が観るにはクサ過ぎる」という内容で、正直、続編を観たい気持ちがちょっと萎えちゃった。いくら好きな女優さんが出ているとはいえ、この作品の続編だったら……。続編が前作を超えることはまず滅多にないということも含め、「レンタル待ちでいいか」という気にさせられる、『THE FIST』でした。悲しい……。
オリジナル・サウンドトラックアルバム 仮面ライダー THE FIRSTオリジナル・サウンドトラックアルバム 仮面ライダー THE FIRST
安川午朗 サントラ

エイベックス・トラックス 2005-11-02
売り上げランキング : 31808
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

仮面ライダーTHE FIRST―改造人間 (講談社ヒットブックス)仮面ライダーTHE FIRST―改造人間 (講談社ヒットブックス)

講談社 2005-11
売り上げランキング : 12248
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

仮面ライダー THE NEXT (ザ・ネクスト) PREVIEW BOOK (プレビューブック) 2007年 11月号 [雑誌]仮面ライダー THE NEXT (ザ・ネクスト) PREVIEW BOOK (プレビューブック) 2007年 11月号 [雑誌]

角川書店 2007-10-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

Theme:特撮・SF・ファンタジー映画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|日本映画|2007-10-31_23:27|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。