闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

映画『エクスペンダブルズ』

 最近、自分の感覚がいろいろな面で世間のそれとズレまくっていることを、実感することが多いです。ウンザリ、げんなり、ガッカリ。実際問題、凹むし、悲しくなるし、ちょっと泣きそうだったりする。だけど所詮、自分は自分でしかいられないのなら、どれほど凹まされても自分を信じぬくしかないんだということを、僕はずっとアクション映画のヒーローたちから学んできた。いや真面目な話。

 金さえもらえればどんな危険な仕事も引き受ける、バーニー・ロス率いる強者傭兵軍団〈エクスペンダブルズ〉。ある日彼らに、チャーチと名乗る謎の男から、ヴィレーナという島国を牛耳る独裁者・ガルザ将軍を暗殺してほしいという依頼が入る。環境保護団体のふりをして島を偵察に訪れたバーニーと相棒・リーは案内役の美女・サンドラとともに、将軍の宮殿が見える場所にやってくるが、そこで将軍の配下に見つかり、戦闘に。バーニーはサンドラを連れて島を脱出しようとするが、故郷を愛するサンドラはそれを拒み、島に残った。帰国後、今回の仕事に裏があることを悟ったバーニーは依頼を断ることを決め、チームのメンバーからも了承を得る。しかし、島に残してきたサンドラのことが気に掛かる彼は、仲間に内緒で、単身ヴィレーナに戻ろうとするが……。

 映画『エクスペンダブルズ』公式サイト
 
 この映画って、たぶん興味ない人にとっては、とことん興味ない映画だと思います。言葉で語るより、観て感じてなんぼの映画ですしね。でもアクション映画好きなら、この映画をスルーする理由はないはず。そして、この映画はパンフレットも買いましょう。¥800とちょいとお高いし、少々悪ノリが過ぎるきらいも部分的にありますが、それでもアクション映画好きなら買っといて損はない。本作の撮影裏話的なものから、続編にはぜひとも出てほしい俳優の名前、本作の映画史的な観点での存在意義みたいなことまで、僕が語りたいこともほぼすべてここに書かれています。だから、知った風な解説は、全部パンフレットにおまかせ。僕はちょっと別のことを書いてみたいと思います。

 個人的に本作でいちばん感動したのは、ジェット・リーVSドルフ・ラングレン。スピードと華麗なテクニックを武器とするジェットに対し、巨躯とパワーで圧倒するラングレン。何が感動したって、あのジェット・リーが本気で苦戦しているところ。少なくとも僕の知る限り、ジェットが一対一の戦いで劣勢に陥ったシーンなんて観たことがありません。『リーサル・ウェポン4』ではあのメル・ギブソンを圧倒し、『ローグ・アサシン』でのジェイソン・ステイサム、『ドラゴン・キングダム』でのジャッキー・チェン、『HERO』でのドニー・イェンといった強者に対しても、つねにほぼ互角か若干優勢の闘いを見せてきたジェット。それが本作でのVSラングレン戦では完全に劣勢に立たされ、あわや殺されかねない場面まであります。ドルフ・ラングレンやるぅ!
 ジェットが演じるヤンは作中、小柄な体格のことを周囲の仲間たちにからかわれ、ボスのバーニーにこうぼやきます。「体が小さいとすべてが損だ。人よりたくさん動き回らないといけないし、ダメージもでかい」。これは案外、ジェット・リーがハリウッドで“アクションスター”として活躍し続ける上での、リアルなジレンマかもしれません。童顔で細身のアジア系の小男が、欧米系の大柄でマッチョな男たちをバタバタなぎ倒す、そこに説得力を持たせるため、ジェットは誰よりも速く動き続けなければならない。さすがに作中のヤンみたく「人の倍動いてるんだから、もっとギャラを上げろ」と言うことはないでしょうが。

 話題を呼んだアーノルド・シュワルツェネッガーとブルース・ウィリスはあくまでもカメオ出演なので、出番はワンシーンだけ。当然アクションはないですが、でもここで交わされる会話はなかなかシニカルで、ニヤリとさせます。またミッキー・ロークは引退した元傭兵の役で、こちらもアクションはなし。精神面でバーニーの背中を押す役割であり、芝居面ではおいしい役かも。
 他のエクスペンダブルズメンバーや敵側の傭兵役にも肉体派俳優がズラリ。仲間からカリフラワー耳をからかわれるトール・ロードを演じたランディ・クートゥアは元UFC王者。ハードコアな銃器を愛するヘイル・シーザー役には元NFLフットボーラーのテリー・クルーズ。敵側の傭兵は元WWEプロレスラーのスティーヴ・オースティンと、『シティ・ハンター』でジャッキー・チェンと闘ったことで知られるゲイリー・ダニエルズ。みなホンモノの肉体を持ったマッスル俳優たちです。クライマックスではスタローンVSオースティン、ジェット&ステイサムVSダニエルズ、そしてクートゥアVSオースティンのレスリング頂上決戦という見せ場も。本作の激しい肉弾戦の数々はとにかく見ものです。

 はっきり言ってストーリー的にはそんなに出来たお話じゃないし、やってることは『ランボー』の延長だともいえる。だから案外普通のアクション映画と言ってしまえばそれまでの作品だったりするんです。でも、この作品の普通じゃない点はキャストの本気度。63歳にして驚異のタフネスぶりを見せ付けたスタローンは言うに及ばず、ジェット・リーやジェイソン・ステイサムらエクスペンダブルズの面々、そしてアクションシーンはなくとも本作のために超多忙であろうスケジュールを割いたシュワ&ウィリスにしても、こういう“男のアクション”を本気で愛していて、アクションスターであることに誇りを持っているからこそこの映画に出たのだと思います。その心意気、燃え尽きることのない熱い男の魂が最高に心強い。

 そして最後に、きっとあるであろう次回作に向けて、ぜひ出演してほしい俳優の名前を挙げておきましょう。パンフレットにも挙がっているジャン=クロード・ヴァン・ダム、ジャッキー・チェン、チャック・ノリス、ウェズリー・スナイプス、カート・ラッセル。スティーヴン・セガールに関しては、本作のプロデューサーが「嫌い」らしいから、出演は実現しないかな?あとパンフレットに名前は挙がっていないけど、『ロッキー』のカール・ウェザースとか、若手でヴィン・ディーゼルやヒュー・ジャックマン、アジア枠として真田広之やケイン・コスギ、チョウ・ユンファにも出てもらって。ハリソン・フォードやメル・ギブソン、エディ・マーフィー、トム・クルーズ、ウィル・スミスなんかも、アクション映画史的な観点からは見逃せない人材だと思うんだけど、さすがにやりすぎでしょうか。
 なにはともあれこの『エクスペンダブルズ』、生ぬるい昨今のハリウッド・アクションの目を覚まさせる、「これがアクションってもんだ!」的な痛快作。きっと10年経って振り返ったとき、この作品がその後のアクション映画の流れを決定付けたって言われるんじゃないか、なんていうのは、希望的観測でしょうかね。
ランボー 最後の戦場 [DVD]ランボー 最後の戦場 [DVD]
シルベスター・スタローン

ポニーキャニオン 2010-02-17
売り上げランキング : 3233
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ローグ アサシン [DVD]ローグ アサシン [DVD]
リー・アンソニー・スミス

角川エンタテインメント 2009-11-20
売り上げランキング : 4344
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ユニバーサル・ソルジャー [DVD]ユニバーサル・ソルジャー [DVD]

ジェネオン エンタテインメント 2004-06-25
売り上げランキング : 61082
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:洋画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(4)|trackback(32)|外国映画|2012-10-28_02:01|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エクスペンダブルズ
『ランボー 最後の戦場』に引き続きシルヴェスター・スタローンが監督・脚本・主演を務めたアクション大作。自ら“エクスペンダブルズ(消耗品)”と名乗る最強無敵の精鋭軍団の壮絶な戦いを描く。ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ミッキー・ローク、ブルース・
エクスペンダブルズ
実はシルヴェスター・スタローンが超~~~苦手で(汗)、「彼の映画を劇場で観ることはないだろう―」と思っていました。でも、物凄いメンバーが集結しているので、ついつい観に行っちゃいました~【story】バーニー(シルヴェスター・スタローン)は、エクスペンダブル
エクスペンダブルズ
【THE EXPENDABLES】 2010/10/16公開 アメリカ R15+ 103分監督:シルヴェスター・スタローン出演:シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ミッキー・ローク、ドルフ・ラングレン、エリック・ロバーツ、ブルース・ウィリス、アーノルド・シ...
『エクスペンダブルズ』・・・消耗品などと言わず今後も戦うのだ
小国の悪将軍、率いる部隊は迷彩戦闘服に赤ベレー、手にするアサルトライフルはもちろんAK、バックにはインテリ背広男とスキンヘッドの用心棒、コカの畑にコカイン密造、対するはマッチョで凄腕の我らが傭兵部隊、でも仲間内には問題児、バイクにタトゥー、謎の依頼人と真...
『エクスペンダブルズ』
我らがアクションスターが勢揃いした最強無敵の消耗品軍団に魂が燃えました!まるで仮面ライダー大集合を見ているかのような嬉しさと楽しさに興奮しっ放しでした。 これこそ真のアクション映画!真のアクションスター映画!CGアクションが当たり前の若い映画には普通の映...
エクスペンダブルズ
(原題:THE EXPENDABLES) 【2010年・アメリカ】完成披露試写で鑑賞(★★★★☆) 軍事独裁政権の破壊に挑む、命知らずの傭兵軍団の活躍を描いたアクション映画。 自らをエクスペンダブルズ=消耗品と名乗る凄腕傭兵部隊…リーダーとしてチームを率いる軍用銃のエキス
『エクスペンダブルズ』
※ネタバレでもありませんが、 見どころを少々。 辛口なところもありますので、 ご覧なってからお読みいただいた方がいいかも (原題:The Expendables)
エクスペンダブルズ
安心感が半端ない!  
エクスペンダブルズ
監督・主演を務めるシルヴェスター・スタローンが、ハリウッドのアクション 映画を彩ってきたビッグ・スターたちを一堂に結集して撮り上げた痛快 アクション大作。 自ら消耗品“エクスペンダブルズ”と名乗る命知らずの最強傭兵軍団が 陰謀渦巻く軍事独裁政権の転覆に乗…
映画 「エクスペンダブルズ」
映画 「エクスペンダブルズ」
消耗品軍団~『エクスペンダブルズ』
 THE EXPENDABLES  バーニー(シルヴェスター・スタローン)が率いる、歴戦の精鋭傭兵部隊「エクス ペンダブルズ」。海賊から人質を無事...
エクスペンダブルズ
<<ストーリー>>バーニー(シルヴェスター・スタローン)は、傭兵(ようへい)軍団のリーダーとして精鋭たちを束ねている。彼はナイフの...
映画「エクスペンダブルズ」@東商ホール
 「GTFトーキョーシネマショー2010」にて鑑賞。客入りは満席だ、客席に座れない人も居たみたいだ。       映画の話 バーニー(シルヴェスター・スタローン)は、傭...
映画「エクスペンダブルズ」そろそろ新しいアクションスターが必要だ
「エクスペンダブルズ」★★★☆ シルヴェスター・スタローン、ジェイスン・ステイサム、ジェット・リー、ミッキー・ローク、ドルフ・ラングレン出演 シルヴェスター・スタローン監督、93分、2009年、2010年10月16日公開、2010,アメリカ,松竹 (原題:THE EXPENDABLES) ...
エクスペンダブルズ (The Expendables)
監督 シルヴェスター・スタローン 主演 シルヴェスター・スタローン 2010年 アメリカ映画 103分 アクション 採点★★★★ スターってのにも色々いますが、特にアクションスターってのは独特の輝きを放っているなぁと。強さや正義の象徴としてスクリーン上で活躍す…
エクスペンダブルズ
宣戦布告― 原題 THE EXPENDABLES 製作年度 2010年 上映時間 103分 映倫 R15+ 製作国・地域 アメリカ 監督 シルヴェスター・スタ...
エクスペンダブルズ
評価:★★★☆【3,5点】 超ド派手なお祭り映画という位置づけですね。
『エクスペンダブルズ』
  □作品オフィシャルサイト 「エクスペンダブルズ」□監督・脚本 シルヴェスター・スタローン □原案・脚本 デヴィッド・キャラハム □キャスト シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ミッキー・ローク、       ドルフ...
「エクスペンダブルズ」感想
 ハリウッドを代表する「永遠のアクション番長」シルベスター・スタローン監督、脚本、主演作。自らを「消耗品」と名乗る命知らずの傭兵軍団の活躍を描く、銃弾と血飛沫飛び交うタ...
エクスペンダブルズ
【監督】シルベスター・スタローン 【出演】シルベスター・スタローン/ジェイソン・ステイサム/ジェット・リー/ドルフ・ラングレン/エリック・ロバーツ/ランディ・クートゥア/スティーブ・オースティン/...
映画:エクスペンダブルズ
 今回の記事は2週間前に観たエクスペンダブルズです。
エクスペンダブルズ
実は、 監督で主演のシルベスター・スタローン氏がプロモートのために来日した時に 記者会見会場に招待して頂いてたのですが、 友人の結婚式と重なってしまい、 お断りしてしまったのでした。(T^T) 残念! 映画は是非観に行くぞ! ジェット・リー、ミッキー・ロ...
『エクスペンダブルズ』を新宿ピカデリースクリーン1で観て、物量作戦に満足してしまう男ふじき(ホンノチョイ後ろ付けたした)
五つ星評価で【☆☆☆☆爆薬に満足】 おお、くだらん。 くだらんが、映画ってそもそもこんな風に ドルフ・ラングレンの顔があくどかったり、 この爆薬だけでバングラデッシ ...
エクスペンダブルズ 第163回映画レビュー 最強仲良し80年代アホ中学生傭兵軍団登場!
最高! これ以外に言い様がないでしょ! もうスタローン、いや、スタローン隊長に一生ついていくよ! 何が最高かって? 2010年製作の映画でありながら、見事なまでの80年代テイ...
エクスペンダブルズ
エクスペンダブルズ / THE EXPENDABLES 2010年 アメリカ映画 ライオンズゲート製作 監督:シルヴェスター・スタローン 製作:アヴィ・ラーナー  ジョン・トンプソン  ケヴィン・キング・テンプ...
別館の予備(感想205作目 エクスペンダブルズ)
8月21日 エクスペンダブルズ TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10991972427/852df382
エクスペンダブルズ(感想205作目)
エクスペンダブルズはWOWOWで鑑賞だが 結論は豪華メンバーで滅茶苦茶も良かったよ 内容は傭兵軍団エクスペンダブルズが依頼で
『エクスペンダブルズ』 映画レビュー
『 エクスペンダブルズ 』 (2010)  監  督 :シルベスター・スタローンキャスト :シルベスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ミッキー・ローク、ドルフ・ラングレン、エ...
「エクスペンダブルズ」
あー、男くさ。
『エクスペンダブルズ』'10・米
あらすじ自らを消耗品と名乗り、鉄壁のチームワークを誇る精鋭部隊が、南米のとある島国の軍事独裁政権を破壊するという任務を請け負うが・・・。解説『コマンドー』のアーノルド・...
『エクスペンダブルズ』'10・米
あらすじ自らを消耗品と名乗り、鉄壁のチームワークを誇る精鋭部隊が、南米のとある島
まとめ【映画『エクスペンダブ】
 最近、自分の感覚がいろいろな面で世間のそれとズレまくっていることを、実感することが多いです。ウン

コメントの投稿

非公開コメント

ジェット・リーの映画「海洋天堂」
tamacatさん、はじめまして。突然の紹介で失礼します。


「エクスペンダブルズ」にも出演しているジェット・リーが、アクションを封印して自閉症の息子との情愛を演じる映画「海洋天堂」(原題)が今年中国・香港・台湾などで公開されたのをご存じでしょうか。

ジェット・リーは脚本に感動し、ほぼノーギャラでこの映画への出演を決めたそうです。

この映画の音楽担当は、久石譲さんです。医学監修には日本人も関わっているそうです。


しかし、この映画は娯楽作ではないので興行的に不安があるのか、日本での公開はまだ決まっていません。

そこで、この映画の日本公開を目指して『ジェット・リーの「海洋天堂」を日本で観たい!』という活動を以下URLのサイトで行っていて、ネットで賛同メッセージを募っているそうです。
http://oceanheaven.amaterasuan.com/
もしよろしければ、ご協力お願いいたします。

(注…私はこの日本公開活動の運営者ではありません)


映画「海洋天堂」のストーリーです

水族館に勤める王心誠(ジェット・リー)は、妻を亡くして以来、自閉症の息子の大福を男手ひとつで育ててきました。
大福は海で泳いだり、水中の生物と触れ合うのが好きでした。
大福が22歳になり、心誠は将来の息子の自立について考えていました。
そんな中、心誠が末期がんに侵されていることがわかり…


予告編動画(英語字幕付き)
http://www.youtube.com/watch?v=F6MGxP2_oi8
情報提供ありがとうございます。
>>まっぴさま。
ジェット・リーがヒューマンドラマですか。近年は演技者としての躍進も目覚ましいジェットですが、ついにそこまで来たかという感じですね。
予告動画を観ましたが、たしかに興行的に成功するのは難しそうに感じましたがアクション映画ファンとしては、メガネをかけて朴訥とした雰囲気のジェットを観ているだけでも新鮮な面白さがありました。
劇場公開は難しくても(仮にしたとしても、首都圏のミニシアターでひっそりとやるだけだと思うので)、日本語版のDVDが出来て全国のレンタルショップの棚に並べばいいなと思いました。
個人的には、ジェットの新たな挑戦、見てみたいですけどね。
No title
TBありがとうございます。

こういった映画は一部の層からは激しく嫌悪されておりますが、
やはり本作に出演したスター達の作品を観て育った世代としましては、
この「エクスペンダブルズ」は、まさに「待ってました!」といった感じの作品でありますから、
是非とも10年、20年後も名前が残って欲しいものです。

次回作では、是非ともドニー・イエンに参加してほしいところです。
後、かませ犬的な役でマイケル・パレやチャーリー・シーンなんかも(笑)
コメント&TB感謝。
>>かからないエンジンさま。
こちらこそ、コメント&TBありがとうございます。

>こういった映画は一部の層からは激しく嫌悪されておりますが、

そうなんですか?嫌悪するほどのものじゃないのにねぇ。
アクションもの以外の映画にお金を払う値打ちをあまり感じない僕としては、
ジメジメした辛気臭い映画と、そういうのが素晴らしい映画なんだという
認識をこそ、嫌悪したいところですが。

>次回作では、是非ともドニー・イエンに参加してほしいところです。

参加して欲しいですけど、ドニーはジェットと年齢も体型も近いので、
欧米の人は区別付かないんじゃないかと危惧しますが……。

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。