闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

M-1グランプリ2010

 2001年にスタートした漫才の頂上決戦、『M-1グランプリ』。2000年代のお笑いブームの火付け役になった大会ですが、10回目の今大会でラストとなるそうです。

 オートバックスM-1グランプリ2010公式サイト

 僕が高校一年のときに始まった大会ですから、今年で10回目と聞くだけでもなんか凹んじゃいますが、それが最後だというのは輪をかけてショックです。ただ、主催者サイドのコメントによれば「発展的解消」とのことなので、来年から何か新しい展開があるかもしれません。

 最後の大会の優勝者は、笑い飯でした。ま、しょうがないかな。個人的には、スリムクラブだったけれど。最後の大会で、どこの馬の骨ともわからぬ無名コンビに優勝さらわれるのも、ねぇ。ただ、スリムクラブは、かつて南海キャンディーズが初めて出てきたときと似た雰囲気を感じました。いちばん引き込まれたコンビだったのは間違いないです。
 パンクブーブーは、一本目のネタは抜群に面白かったですが、二本目のネタが一本目とまったく同じ構成だったのがマイナスになったか。以前、同じ構成のネタ二本で優勝したブラックマヨネーズの前例もあるので本人たちには勝算があったのかもしれないけど、ミスったなぁ。
 笑い飯は、一本目は時節的なものも含めて最高でしたが、二本目はちょっと印象が弱かったかな。でも9年連続の決勝で、そのほとんどで最終決戦まで進んでいる、それだけクオリティの高いネタをずっと作り続けてきたことは見事と言うしかない。優勝が決まったとき、あの西田が涙ぐんでいたのが印象的でした。よかったね、おめでとう、と言ってあげたいですね。
M-1 グランプリ 2009 完全版 100点満点と連覇を超えた9年目の栄光 [DVD]M-1 グランプリ 2009 完全版 100点満点と連覇を超えた9年目の栄光 [DVD]

よしもとアール・アンド・シー 2010-03-31
売り上げランキング : 2976

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:お笑い/バラエティ 全般
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|お笑い|2010-12-26_22:02|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。