闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

日曜洋画劇場『トリック 劇場版』

 トリック大感謝祭記念、てことで、二週連続劇場版『トリック』。ていうか、『トリック』もう10年もやってるのか。仲間由紀恵が今年で31歳(!)だから、10年てことは、21歳のときからやってるってこと?僕も歳をとるわけだな。
トリック -劇場版- 超完全版トリック -劇場版- 超完全版
仲間由紀恵 阿部寛 生瀬勝久

東宝 2003-06-21
売り上げランキング : 1195
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 コミカルな役や変人役を演じることが多い阿部寛をして「あれが決定的だった」と言わしめたこの『トリック』シリーズ。TVで深夜ドラマというカテゴリが注目されるようになったのも、ゆるいコメディというジャンルを知らしめたのも、このシリーズが最初じゃないかという気がします。そういう、ある意味偉大なシリーズ。でも、そんなこと気にしたら楽しめない。肩の力を抜いて、ゆるーく楽しむべし。

 テレビ朝日『日曜洋画劇場』公式サイト
 
 僕自身は、深夜時代の『トリック』『トリック2』を観たことがなくて、初めて見たのがこの『劇場版』、それもTV放映ででした。ただ、見たことはなかったけど評判は聞いていて、それが良かったのか、それとも自分の好みにもともと合ってたのか、すんなり受け入れられたんですよ、この『劇場版』。
 まあ、そんなに真剣に観て、真剣に論じるような作品じゃないので、こんなblog記事にするのも無為なことだなぁって感じもするんですが。

 ただ、作中で死んだ人の数とか、後半の琴美たちの末路とか、くだらないギャグや小ネタに挟まれた部分で、実はすごく陰惨だったり、救いのない話を繰り返しているのがこの『トリック』シリーズだったりするわけで。べつにそこに深い意味を見出す必要もないし、たぶん見出したくても意味なんてないだろうけど、ただそこに底流としてある陰鬱な雰囲気が、ただのコメディではない『トリック』シリーズの、独特の魅力を作っているのも確かだと思いますね。で、かつて観たときは全然気づかなかった、というか知らなかったんだけど、琴美を演じてるの、成海璃子ちゃんですよね。ちなみに彼女は、TVシリーズの『トリック』で、主人公山田奈緒子の子供時代を演じているらしい。

 この『劇場版1』は、主題歌が鬼束ちひろの『月光』である、という点も重要。『トリック』はやっぱり、鬼束ちひろでしょう!彼女の歌のもつ特異な幻想性、暗く澄み切った楽曲、陰気でありながら驚くほどの鋭さを持つ歌詞……。それらが、『トリック』の独特な陰鬱さを、より際立たせていることは間違いないです。
 『劇場版2』のエンディングはは鬼束ちひろじゃないですからね。それがなにより残念で。たぶん、『劇場版2』の時期は、ちょうど彼女が活動休止していた時期で、それで主題歌を担当できなかったんだと思いますが、今は活動を再開していますからね。『劇場版3』の主題歌は誰なんだろう?と思って調べたら、熊谷育美という人だった。鬼束ちひろじゃないのかぁ。残念。
月恋歌月恋歌
熊谷育美

テイチクエンタテインメント 2010-05-05
売り上げランキング : 4220

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

月光月光
鬼束ちひろ

EMIミュージック・ジャパン 2000-08-09
売り上げランキング : 8173
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トリック -劇場版- 超完全版 [DVD]トリック -劇場版- 超完全版 [DVD]

東宝 2003-06-21
売り上げランキング : 1188
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

Theme:TVで見た映画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|日本映画|2010-04-25_23:18|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。