闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

小説『M8 エムエイト』高嶋哲夫

 高嶋哲夫作〈災害三部作〉の第一作となる作品。首都・東京を、マグニチュード8クラスの巨大直下型地震が襲う!
M8 (集英社文庫)M8 (集英社文庫)
高嶋 哲夫

集英社 2007-08-21
売り上げランキング : 2501

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 東都大学理学部のポストドクター瀬戸口誠治は、コンピューターシュミレーションで地震の発生を予知する独自の研究に取り組んでいた。彼のシュミレーションでは、東京直下でのマグニチュード8クラスの地震発生が間近に迫っている。しかしコンピューターシュミレーションによる地震予知は学会の主流ではなく、瀬戸口の言葉は誰からも相手にされない。そんな時、瀬戸口は一人の老人に出会う。その老人こそ、瀬戸口のシュミレーションの基となる計算式を発表した元神戸大学教授、遠山雄次だった。遠山に自分のシュミレーションを見せる瀬戸口。そんな瀬戸口に対し、10年前の阪神・淡路大震災で家族と教え子を失い、そのショックで学問の表舞台から姿を消していた遠山は「地震研究は単なる学問じゃない。人の命と直接結びつくものだ」と告げるのだった……。

 高嶋哲夫オフィシャルサイト
 
 先日読了した『TSUNAMI 津波』の前日談。
 本作の主人公は高校三年のときに阪神・淡路大震災で被災し、家族を失った瀬戸口誠治。『TSUNAMI 津波』では脇役扱いで、主人公の市役所職員黒田が誰よりも尊敬する地震学の権威となっていた瀬戸口ですが、本作の時点ではまだ単なるポストドクター(といえば聞こえはいいが、要するに無職、しかもストーリーの開始時点では、住む家すらない)という身分で、同級生の河本亜紀子が国会議員の秘書であり、松浦真一郎が陸上自衛隊施設大隊の一等陸尉として部下を指揮する立場となっているのとくらべると、ずいぶん小さい存在として描かれています。その瀬戸口が、遠山や亜紀子、亜紀子の雇い主である堂島智子衆議院議員らの力を借りながら、東京直下型地震を予知し、東京都知事にその危険性を進言する。実は地震による被害そのものやそこからの救助活動の描写などよりも、この地震予知→都知事への進言にいたる流れの方がこの小説の読ませどころという気がします。地震予知に絡んでは、地震雲やFMラジオの電波異常、動物の異常行動といったほとんど俗説みたいなものも絡めてきていて面白いです。そういうのはもっと露骨な描写の方が面白いのかもしれませんが、作者自身が元科学者ですから、あまり疑似科学的なものをもっともらしく描くのは、抵抗があったのかな。

 大震災発生前後における、地震研究者・政治家・自衛隊・消防・民間企業などの対応を多角的・多視的に描いているのは、リアルであるのと同時に、色々な立場の人への配慮でもあるのでしょう。震災という非常時でさえ、人々の立場や置かれている状況によって、目的や求めるものが違い、ときにそれが衝突や摩擦を生んだりする。そういうこともちゃんと描かれているのは、誠実な書きぶりであると思います。

 本作、そしてその続編である『TSUNAMI 津波』にしてもそうですが、これらの小説が明らかにすることは、結局のところ地震予知なんて出来ないか、出来たところで地震から逃れられるわけではなく、被害を完全になくすことは出来ないということです。われわれ人間に出来るのは、せいぜい“心の準備”ぐらい。しかし、だからこそ常日頃から気にかけ、対策を施しておくということが、時に生死を分けるほど大切なのだと、改めて思いました。
 さて、高嶋氏の〈災害三部作〉は『M8 エムエイト』『TSUNAMI 津波』のあと、『東京大洪水』に続きます。地震からは離れてしまいますが、何年かに一回の地震と違い、台風やゲリラ豪雨による大雨は毎年あることなので、より身近な恐怖といえるかもしれません。こちらもいずれ読んでみたいと思います。
東京大洪水 (集英社文庫)東京大洪水 (集英社文庫)
高嶋 哲夫 西上 心太

集英社 2010-07-16
売り上げランキング : 40914

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

巨大地震の日 ―命を守るための本当のこと (集英社新書)巨大地震の日 ―命を守るための本当のこと (集英社新書)
高嶋 哲夫

集英社 2006-03-17
売り上げランキング : 46511

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

M8-勇気ある決断- (創美社コミックス)M8-勇気ある決断- (創美社コミックス)
平松 伸二 高嶋 哲夫

創美社 2005-08-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:読んだ本。
Genre:本・雑誌

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|読書|2011-04-22_01:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。