闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

金曜プレステージ『刑事・鳴沢了2~偽りの聖母~』

 堂場瞬一原作、坂口憲二主演で昨年5月に放送されたドラマ『刑事・鳴沢了』の続編。ドラマとしては第二弾ですが、おそらく作品の時系列的には前作より前のお話だと思います。
雪虫 (中公文庫)雪虫 (中公文庫)
堂場 瞬一

中央公論新社 2004-11
売り上げランキング : 108107

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 祖父から三代続けて新潟県警の刑事になった鳴沢了。祖父はすでに引退し、父は県警の刑事部長となっている。ある日、建設族の大物県会議員が殺害される事件が発生。被害者は児童虐待防止の条例案を推進する県知事と議会で対立していたため、知事の周辺に疑惑がかけられる。知事は児童福祉施設「ひだまり学園」の元園長で、子供のころに学園を遊び場にしていた了にとっては旧知の人物だった。後日、「ひだまり学園」の現園長・平沼が殺害される。さらに捜査の過程で、学園で育った了の幼馴染が不審な死を遂げていたことが明らかになり……。

 フジテレビ『刑事・鳴沢了2~偽りの聖母~』番組情報ページ
 
 生まれついての刑事、鳴沢了の原点を描いた作品。祖父の代から三代続けて刑事というのは原作どおりの設定ですが、祖父や父の役職などは原作とは多少変えてあるみたいですね。前作は原作が『讐雨』という作品だと特定されていましたが、本作では〈原作『刑事・鳴沢了』シリーズ〉となっていたことからも、おそらくシリーズ中にちりばめられている色々なエッセンスを再構成して、ドラマの脚本を作ったのでしょう。

 さて、内容に関してですが、二時間でやるにはやや詰め込みすぎたきらいもありますが、まずまず良くできていたと思います。でもこれ、小説で読んでたらガッカリしただろうな。謎解きの論理的な面白さはほとんどないですね。だいたい、謎の方から勝手に解けていってくれるという感じ。ただ、もともとTVの刑事ドラマにそこまで本格的な謎解きを求めているわけではないし、この原作もいわゆる本格ミステリの類じゃない。だから謎解きうんぬんはべつにいいんです。それより親子の絆や児童虐待をテーマとした情感豊かなストーリーがしっかりと描かれていて、ドラマとしてはけっこう満足度は高かったです。
 前作はTVで見るのがもったいないと思うほどアクションが前回でしたが、本作はその点ではややパワーダウン。中盤の知事狙撃シーンなんかはやや取ってつけたような感じもありましたが、それでも「アクションやるんだぜ!」という意気込みを感じさせてくれたのは良かったかな。何よりも坂口憲二自身が、アクションに対して積極的で、自分の持ち味として意欲的に取り組んでくれてるのがいいですね。

 ラストシーン。後輩刑事・大西から「また会えますよね?」と声をかけられながら、了は振り返りもせずに東京行きの列車に乗り込んでいきますが、その無言の背中が「また会えるよ」と言っているようで、シリーズのさらなる続きへの期待感が感じられました。今度は東京で、また一作目のような派手な活躍をして欲しいですね。
破弾 (中公文庫)破弾 (中公文庫)
堂場 瞬一

中央公論新社 2005-01
売り上げランキング : 73449

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト (光文社文庫)
誉田 哲也

光文社 2008-09-09
売り上げランキング : 55473

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

らんぼう [DVD]らんぼう [DVD]
大沢在昌

バップ 2006-05-24
売り上げランキング : 59037

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 
スポンサーサイト

Theme:テレビドラマ
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(2)|trackback(0)|ドラマ|2011-05-21_01:33|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

TVドラマ観ました!
初めまして!ドラマ観ました^^
オリジナル脚本ですが、やはり『雪虫』がベースだったでしょうか!?
誉田哲也の『ストロベリーナイト』同様、今後の展開が楽しみです♪
良かったら、こちらにもいらしてくださいm(__)m
http://blogs.yahoo.co.jp/unno1/32779511.html
Re: TVドラマ観ました!
>>やっくんさま。
コメントありがとうございます!
僕は原作シリーズを読んだことがないので、どの作品がベースかはわかりませんが……。
謎解き物というよりは事件捜査を絡めた人間ドラマとして、けっこう見応えがありました。
『ストロベリーナイト』もそうですが、いわゆる“2時間サスペンス”の枠をはみ出した、
こういう作品が作られるのはいいことだと思いますね。
トラックバックしておきましたので、よかったらやっくんさんもどうぞ。

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。