闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

アニメ『SHIN-MEN』&『ドラえもん』

 クレヨンしんちゃん内の新コーナー(?)、『SHIN-MEN』を初めて観たんだけど、面白いな、これ。むちゃくちゃ面白かった、というか衝撃的でした。「自分を見失わない」「他者の評価に振り回されない」といったメッセージがあるんだけど、それを全部ギャグで表現してるところがすごすぎる。幼稚園児のアニメにしては高度すぎない?でも、こういうメッセージは大切だゾ!

 テレビ朝日『クレヨンしんちゃん』公式サイト

 一緒に『ドラえもん』も久しぶりに観たんだけど、こちらはどうも、なじめないなぁ。今の『ドラえもん』って、基本30分で一話なんですね。昔は、というか大山のぶ代のころは2話やってたけど。一話あたりが長くなったぶん、お話の内容を大事にしなきゃいけなくなったんだろうけど、それが僕がなじめない原因だと今回解りました。昔の『ドラえもん』は“ひみつ道具ありき”で、お話は二の次とまではいわないけど、付随的なものだったはずなんですよ。あくまで“ひみつ道具が導くストーリー”だったはず。だけど今は、先に“ストーリーありき”で、ひみつ道具が付随的なものになってる。それは逆じゃんって思うんですよね。
 子供向けのアニメを大人目線で批判したり、文句言ったりするのは違うと思うので、基本的には控えてるんだけど、観てしまうと言わずにはおれない感じになっちゃいますよね、やっぱり。『ドラえもん』には大切な思い出が、たくさんあるからなぁ。

 テレビ朝日『ドラえもん』公式サイト

クレヨンしんちゃん(50) (アクションコミックス)クレヨンしんちゃん(50) (アクションコミックス)
臼井 儀人

双葉社 2010-07-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ドラえもん みんなが選んだ心に残るお話30~「おばあちゃんのおもいで」編 [DVD]ドラえもん みんなが選んだ心に残るお話30~「おばあちゃんのおもいで」編 [DVD]
藤子・F・不二雄

ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-11-18
売り上げランキング : 16809

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:アニメ
Genre:アニメ・コミック

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|未分類|2011-05-27_20:44|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。