闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

映画『アンダルシア 女神の報復』

 映画『アマルフィ 女神の報酬』、そして連ドラ『外交官 黒田康作』の続編。スペイン・アンダルシア地方を舞台に、外交官・黒田康作とインターポール捜査官・神足誠が、警視庁の面子を揺るがす国際犯罪に挑む!
アンダルシア 女神の報復 オリジナル・サウンドトラックアンダルシア 女神の報復 オリジナル・サウンドトラック
サントラ

SMJ 2011-06-22
売り上げランキング : 3743

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 フランス・スペイン国境にあるスキーリゾート、アンドラのホテルで、日本人投資家・川島の死体が発見される。川島が警視総監の息子であったことから、G20サミットのためパリを訪れていた外交官の黒田康作が状況確認のため現地へ派遣されることに。現場を見た黒田は、平凡な物盗りの犯行とする警察の見方に疑問を持つが、第一発見者の新藤結花は多くを語ろうとはせず、捜査に当たるインターポール捜査官・神足誠も黒田を疎んじる。その夜、何者かに襲われた結花を救出した黒田は、彼女を保護するためバルセロナの日本領事館へ向かう。しかし何者かの影に怯える結花はそこも脱走。神足たちによって確保された結花は、川島の死に係わる重要参考人として警察に保護されることとなる。どうやら事件の裏側には結花の勤めるビクトル銀行が絡んだ架空投資事件があるらしいことがわかるが、川島が運用していた資金の出所に問題があり、警視庁は事件をもみ消そうと外務省に圧力をかける。黒田も上司の安藤から「今回ばかりは手を引いてくれ」と懇願されるが……。

 映画『アンダルシア 女神の報復』公式サイト
 
「守るべきものは、誇りか、愛か」という格好いい感じのキャッチコピーが踊っていますが、この映画のどこにも“愛”の要素感じられないんですけど。少なくとも“守るべきもの”としての“愛”は。

 まあそれはともかく。個人的には前作もけっして悪くはなかったと思っているけど、やはりアクションとか、クライマックスの盛り上がり加減とか、日本映画の限界みたいなものを感じたのもたしか。その点で言えば、本作もけっして大満足とは言わないけど、それでも前作と比べてアクションもパワーアップしているし、神足という相棒が出来たことでバディムービー的な雰囲気が出て、圧倒的にエンターテインメント性が上がってます。福山雅治の出番が前作より多いのもいい。なかなかこういう娯楽に徹した作品って日本の映画じゃ観れないし、ましてや格好いい男がたくさん出てくる映画なんてほとんど絶滅危惧種だから、単純に嬉しかったですね。日本人、格好いいじゃんって。
 サスペンス映画として観ると、犯人側に同情の余地がない感じにしたのはよかったと思いますが、だからこそ終盤の、黒田が犯人の過去に言及し、その人物の本音に迫ろうとするくだりは別にいらなかった気もします。また、重要参考人・結花を狙う悪の連中に存在感がなくて、あまり彼女が感じている恐怖をイメージできなかったのも欠点かな。バルセロナ市中で銃撃戦とかやってるんだけど、どこかしら緊張感が薄いんですね。これはやはり、こういうアクション映画を作りなれていない弱みなのかなぁ。

 本作で黒田の相棒となる神足誠は、元は優秀なキャリア警官だったが、警視庁の不正を内部告発しようとして左遷され、外国で冷や飯を食わされているという設定。優秀だし正義感もありながら、信じていたものに裏切られたことでで自分の中の正義の在り処もわからなくなっているという屈折したキャラクターですが、伊藤英明はなかなか上手く演じていたと思います。日本に子どもを残しているとか、奥さんを亡くしているとかその辺の設定はあまり生かされてなかった気がするけど、なかなか魅力的なキャラクターで、彼を主役にしたスピンオフとか作っても面白そう。あるいは次の赴任地で、また黒田と出くわしたりするのかな。

 ラストシーンで、並んで歩く黒田と神足の後姿が格好良くて、やっぱり格好いい役者がちゃんと格好良く、スクリーンの中にあるっていうのが、映画という娯楽の醍醐味なんじゃないかなぁと思ったり。それも女の人から見てじゃなくて、男の人が見て「格好いい!」こと。映画に限らず、日本じゃ軽んじられがちなんだよな。女尊男卑も甚だしいなぁ、なんて言ったら、フェミニストの人に怒られそう。
アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]

ポニーキャニオン 2010-01-01
売り上げランキング : 856

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

外交官 黒田康作 DVD-BOX外交官 黒田康作 DVD-BOX

ポニーキャニオン 2011-06-15
売り上げランキング : 611

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アンダルシアアンダルシア
真保 裕一

講談社 2011-06-10
売り上げランキング : 1147

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:日本映画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(28)|日本映画|2011-06-30_02:03|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アンダルシア 女神の報復
『アマルフィ 女神の報酬』そしてテレビドラマと続く外交官・黒田康作シリーズ。外務省邦人テロ対策室に所属する黒田が、スペインを部隊に日本人投資家殺人事件の謎に迫るサスペンスミステリーだ。主演は同じく織田裕二、共演に『海猿』シリーズの伊藤英明、『SPACE BATTL...
『アンダルシア 女神の報復』('11初鑑賞87・劇場)
☆☆☆-- (10段階評価で 3) 6月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:25の回を鑑賞。
日本で事足りるスケール。 【映画】アンダルシア 女神の報復
【映画】アンダルシア 女神の報復 アマルフィ 女神の報酬に続き、真保裕一の小説を基にした 織田裕二主演のシリーズ劇場版第2作目。 【あらすじ】 スペインとフランスに挟まれた小国アンドラで、日本人投資家の殺人事件が起こり、パリにいた外交官・黒田康作(
アンダルシア 女神の報復
2011/06/25公開 日本 125分監督:西谷弘出演:織田裕二、黒木メイサ、戸田恵梨香、福山雅治、伊藤英明、鹿賀丈史、谷原章介、夏八木勲 守るべきものは、誇りか、愛か スペインとフランスに挟まれた小国アンドラで、日本人投資家の殺人事件が起こり、パリにいた外交官...
アンダルシア 女神の報復
2011年6月28日(火) 15:45~ TOHOシネマズ川崎3 料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 前作同様、冠の地域での時間は少ない。 『アンダルシア 女神の報復』公式サイト
アンダルシア 女神の報復
アンダルシアの風景はちょっとだけ公式サイト http://www.andalucia-movie.jpスペイン北部に隣接する小国アンドラで、日本人が殺された。国際会議の準備でパリに来ていた外交官・黒田
劇場鑑賞「アンダルシア 女神の報復」
アンダルシアに行きたくなる、旅行映画 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106250004/ アンダルシア 女神の報復 オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.06.21 サントラ SMJ (20...
アンダルシア 女神の報復
映画『アマルフィ 女神の報酬』、TVドラマ『外交官 黒田康作』に続く、黒田康作シリーズ第三弾。今度は、パリ・アンドラ・バルセロナが舞台。 TVシリーズは観ていないので、TVシリーズから続くネタがあるとわからないのですが、TVシリーズを経て、黒田のキャラクタが確立...
映画:「アンダルシア 女神の報復」♪。
平成23年7月1日(金)。 映画:「アンダルシア 女神の報復」。 【監  督】西谷弘 【原  作】真保裕一 【脚  本】池上純哉 【音  楽】菅野祐悟 【主 題 歌】イル・ディーヴォ 【キャスト】織田裕二 (黒田康作)・黒木メイサ (新藤結花)・伊藤英明 …
アンダルシア
 『アンダルシア 女神の報復』をTOHOシネマズ六本木で見てきました。 (1)前回作品『アマルフィー』が、イタリアの景観を随分と綺麗に捉えており、今度もそんなものが見られるのかなと思い、なおかつ、かなり以前になりますがアンダルシア地方のセビリアとかコルドバ、...
アンダルシア 女神の報復
「アマルフィ 女神の報酬」、 TVドラマ「外交官・黒田康作」に続く、 外交官・黒田康作を織田裕二が演じる今回の映画は スペイン北部のアンドラ公国から、 バルセロナそしてタイトルのアンダルシアを 舞台として展開します。 前作「アマルフィ」と同じく監督は西谷弘。...
アンダルシア 女神の報復
窓口で隣の人が、普通に「アマルフィ、お願いします」と言ってた。
アンダルシア 女神の報復(2011-043)
アンダルシア 女神の報復は、真保裕一の小説を原作とする前作「アマルフィ 女神の報酬」、 テレビドラマ「外交官・黒田康作」シリーズに続く、織田裕二主演のサスペンス作品。 スペイン、アンダルシア州ロン...
シネトーク68『アンダルシア 女神の報復』●どこをホメていいか分からない凡作サスペンス
三度のメシぐらい映画が好きな てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「『衝撃の~』と宣伝してる映画ほど大した衝撃だったためしがない」 シネトーク68 『アンダルシア 女神の報復』 監督:西
アンダルシア 女神の報復
?『アマルフィ 女神の報酬』、テレビドラマ「外交官・黒田康作」に続き、 真保裕一の小説を基にした織田裕二主演のシリーズ劇場版第2作目となる サスペンス大作。 海外で極秘任務を遂行する「邦人テロ対策室」に所属する主人公が、日本人 投資家殺人事件の真相を究明す…
アンダルシア 女神の報復
試写会で見ました。梅田芸術劇場、初めて行きましたが、めっちゃ広くてびっくりしまし
アンダルシア 女神の報復 景色は愛でれた・・・?
 昨夜は毎夏恒例のチーム大栄の納涼飲み会、毎年ビアガーデンやけど今年はちょっとハイソにANAクラウンプラザホテル大阪のcafe in the park。 ビアガーデンでなくてよかったよ!台風なんてなんのその、総勢14名じゃーっ! で、今回、数年ぶりに参加の方がいた、自分たち...
『アンダルシア 女神の報復』
□作品オフィシャルサイト 「アンダルシア 女神の報復」□監督 西谷弘 □脚本 池上純哉□原作 真保裕一 □キャスト 織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵梨香、福山雅治、伊藤英明、鹿賀丈史、谷原章介、夏八木勲■鑑賞日 7月16日(土)■劇場 チネチッタ■c...
「アンダルシア 女神の報復」3年連続で、織田裕二の夏が『キターッ!』
[アンダルシア女神の報復] ブログ村キーワード  外交官 黒田康作が活躍する、映画シリーズ第2弾。「アンダルシア 女神の報復」(東宝)。昨年の「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」に続いて織田裕二主演作が、2年連続夏公開映画に登場…。ん?確かこのシリーズの1作目、「ア
『アンダルシア 女神の報復』を109シネマズ木場1で観て、♪ロンダロンダとは乗れなかった男ふじき☆☆☆
五つ星評価で【☆☆☆戸田恵梨香ちゃんが黒田のパワハラにあってあられもない姿になりながら泣いて許しを請うシーンを追加してくれるなら星五つでもいい】 わからん。 マネーロ ...
アンダルシア 女神の報復
アンダルシア 女神の報復'11:日本◆監督:西谷弘「アマルフィ 女神の報酬」「容疑者Xの献身」◆出演:織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵梨香、谷原章介◆STORY◆スペイン北部に位 ...
アンダルシア 女神の報復/織田裕二、黒木メイサ
前作の『アマルフィ~女神の報酬』はフジテレビ映画なのもありまして宣伝が煽り過ぎで映画も大風呂敷を広げ過ぎた印象がありましたけど、その後に放送されたTVドラマ『外交官 黒田 ...
アンダルシア 女神の報復
黒木メイサの存在感を堪能する映画!  
『アンダルシア 女神の報復』
『アンダルシア 女神の報復』 久々の映画館は、またまた織田作品となりました。 あんまり興行成績が良くないらしいという情報に加え、 土曜日の夜の回@新宿なのに、半分も席が埋まっていないという状...
映画:アンダルシア 女神の報復
 正直前作がイマイチだったし、ドラマも見なかったし…、なのでスルーしてもいいかな、でも見ておこうかなと迷っていると、友達がオススメだよというのでアンダルシア 女神の報復を観てきました。  でも“アンダルシア”というと茄子 アンダルシアの夏を思い出しちゃう...
アンダルシア 女神の報復
11年/日本/125分/サスペンス/劇場公開 監督:西谷弘 製作:亀山千広 原作:真保裕一『アンダルシア』 主題歌:イル・ディーヴォ『TIME TO SAY GOODBYE』 出演:織田裕二、黒木メイサ、戸田恵梨香、谷原章介、大杉漣、鹿賀丈史、夏八木勲、福山雅治、伊藤英明 ...
『アンダルシア 女神の報復』... ※ネタバレ少々
2011年:日本映画、西谷弘監督、織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵梨香、谷原章介出演。 ≪大阪試写会にて観賞≫
アンダルシア 女神の報酬(感想231作目)
7月1日 アンダルシア 女神の報酬(感想231作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。