闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

小説『木野塚探偵事務所だ』樋口有介

 柚木草平シリーズでお馴染みの樋口有介氏による連作短編集。警視庁勤続37年、警視総監賞も受賞した木野塚佐平氏が定年退職後、探偵事務所を開業。フィリップ・マーロウやリュウ・アーチャーら憧れのハードボイルド探偵に近づけるか?
木野塚探偵事務所だ (創元推理文庫)木野塚探偵事務所だ (創元推理文庫)
樋口 有介

東京創元社 2008-03-11
売り上げランキング : 587295

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 新宿に探偵事務所を開業した木野塚佐平氏は、勤続37年の警視庁OB。とはいえ勤めていたのは経理課で、ずっと帳簿の山と格闘してきた。事件捜査の経験はなく、警視総監賞を受賞したのも、経理事務にコンピューターを導入した際たまたま木野塚氏が責任のある立場にいただけ。しかし、だからこそ一課や二課や公安の刑事たちの活躍に憧れ、趣味の推理小説に登場する名探偵たちの姿に心ときめかせてきた。定年退職した今、残りの人生をなんとか有意義に過ごしたい。死ぬまでに少しでもいい目を見たい。グラマーな美人秘書と恋に落ちたい。しかし実際に雇うことになった梅谷桃世は、胸の肉も尻の肉も薄い、色気のない女の子で、しかも肝心の調査以来がなかなかやってこず……。
 
 以下、各掲載作品についての感想を少々。

 「名探偵誕生」…私立探偵になるという長年の夢を、ついに夫人に告白した木野塚氏。さっそく事務所を借りて、電話や机や事務用品をそろえ、求人情報誌に秘書の募集広告も出した。それなのにこの二日間、一人の応募者もやってこないのはどうしたことだ……。
 木野塚氏が探偵事務所を開き、秘書の梅谷桃世を雇い入れるまでを描いた作品。特に事件は起きないけれど、いきなり鋭い観察眼と推理力を発揮する桃世の登場シーンはなかなかのもの。握手しただけでワトソンの職業を言い当ててしまった、あのシャーロック・ホームズの初登場シーンを彷彿とさせます。

 「木野塚氏誘拐事件を解決する」…事務所を開業してから一ヶ月、木野塚探偵事務所に初めての調査以来が。江戸錦という高級な金魚が誘拐されたというのだが……。
 木野塚氏が憧れの元映画女優に出会うお話。憧れのスターを前にした木野塚氏の上がりっぷりがおかしい。金魚の行方に関しては、フットワークの軽い桃世に先を越されたとはいうものの、木野塚氏の推理と洞察もけして的外れだったわけでもない。なにはともあれ、これでようやく木野塚氏は、名探偵としての第一歩を正式に踏み出したわけです。めでたしめでたし。

 「男はみんな恋をする」…金魚の誘拐事件を解決してから二ヶ月。久々にやってきた依頼者は、飼い犬が恋患いで食事も喉をとらない、なんとかこの思いを遂げさせてやって欲しい、と言うのだが……?
 まさか犬の恋患いとはね。もちろんそこには裏があるのですが。ところで木野塚氏は庭木の手入れと野菜のプランター栽培が趣味ということで、非常に植物に詳しい。この作品では調査対象者とガーデニングの話題で意気投合するというシーンもあります。そして本書には、全篇を通じて植物の名前がたくさん出てくるんですね。木野塚氏同様に植物に詳しい人なら、それら木々や花々の描写を通じて季節感を鮮やかに感じることが出来るでしょう。僕にはてんでわからないけれど。

 「菊花刺殺事件」…元女優の高峰和子から紹介されたのは、陶芸家の相川良作氏。趣味で育てている菊の花が、何者かに切り取られていたというが……。
 これはけっこう、意外な犯人。男女の心の機微に疎いのは木野塚氏の最大の弱点です。そして観察眼と推理力だけではなく、行動力も見せ付けた桃世の探偵能力の高さ。さらに犯人を自白に追い込む尋問の上手さまで備えているとあっては、木野塚氏も負けを認めざるを得ない?

 「木野塚氏初恋の思い出に慟哭する」…クリスマスも近づいた年の瀬に、木野塚探偵事務所の電話が鳴る。猫を探して欲しいのだという。詳しい話を聞くべく会いに行った依頼者は、なんと木野塚氏の初恋の女性だった……!
 他の作品が30ページちょっとなのに対して、これは100ページぐらいと、ちょっと長い。内容も木野塚氏の初恋の相手が絡んでいるとあって、柚木草平シリーズの『初恋よ、さよならのキスをしよう』と雰囲気が似ています。桃世が演出した事件の幕引きは、確かに誰も傷つかないという意味では優しい結末かもしれないけれど、一方で、たぶん、誰も幸せにしない。だけど木野塚氏の(余計な)一言は、ひょっとしたら依頼者の家族に、ささやかな幸せをもたらすかもしれない。そんなお話。

 ハードボイルド小説の主人公に憧れて探偵をはじめた木野塚氏ですが、自身は60年間、酒もタバコもギャンブルもやらず、立小便や信号無視といった軽微な犯罪すら犯したことのない、真面目かつ気弱な人間でした。それでもハードボイルドに生きると決意したからには、木野塚氏はハードボイルド探偵らしい行動をしようと心がけます。酒も飲んでみるしタバコも吸ってみる。事務所の場所だってハードボイルドらしさを重視して決めた。面白いのは、そうやって形から入った木野塚氏の中で、徐々にではありますが着実に、本物のハードボイルド・スピリットが形成されていくこと。最終話での依頼者とのやり取りなんて、なかなかサマになってて格好いい。ハードボイルドというジャンルはその外形があまりにもステレオタイプ化されているため誤解されがちですが、実はそのスピリットこそ大切なんだということを、さすがにこの作者はよく理解していますね。

 個人的にこの作品は、すごく映像化して欲しいです。なぜなら、僕の中ですごくイメージぴったりなキャストが浮かんでしまったから。名探偵の登場を待ちわびているのだから、『イケパラ』とかやってる場合じゃないと思うんだよな(?)。
木野塚佐平の挑戦だ (創元推理文庫)木野塚佐平の挑戦だ (創元推理文庫)
樋口 有介

東京創元社 2008-06
売り上げランキング : 514623

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

雨の匂い (中公文庫)雨の匂い (中公文庫)
樋口 有介

中央公論新社 2007-10
売り上げランキング : 401170

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

11月そして12月 (中公文庫)11月そして12月 (中公文庫)
樋口 有介

中央公論新社 2009-10-24
売り上げランキング : 38066

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:推理小説・ミステリー
Genre:本・雑誌

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(1)|読書|2011-07-18_03:17|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

木野塚探偵事務所だ
 少し前に、本ブログで樋口有介の「誰もわたしを愛さない」を紹介した。樋口有介の作品はこれが初めてであったが、テンポの良い会話の面白さにすっかり引きまれてしまった。そん ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。