闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

シナリオ『相棒 シナリオ傑作選』輿水泰弘ほか

 人気ドラマ『相棒』でこれまで放送してきた数あるエピソードの中から、印象的なもの、シリーズの節目にあたるものなどを選び抜いたシナリオ傑作選。
相棒 シナリオ傑作選相棒 シナリオ傑作選
輿水 泰弘 砂本 量 櫻井 武晴 戸田山 雅司 古沢 良太

竹書房 2011-02-22
売り上げランキング : 97067

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 season1~season7までの放送作品の中から選ばれた十の名作エピソードたち。収録されたシナリオの執筆者は、輿水泰弘氏、櫻井武晴氏、砂本量氏、戸田山雅司氏、古沢良太氏。脚本家諸氏へのインタビューや、巻末には4人の脚本家と松本プロデューサーの座談会の模様も収録されていて、『相棒』ファンのみならず、脚本家や作家志望者にとっても必読の書となっています。
 
 以下、印象的な作品について少しコメントを。

 「人間消失」(砂本量)…season1の9話。オフィスから15人の人間がいっせいにいなくなるという派手な謎をメインにした作品ですが、犯人が企業マスコットの着ぐるみを着ていたり、そのマスコットのちょっとしたしぐさが犯人特定の糸口になるなど、細かい伏線も丁寧に描かれています。犯人は名探偵の向こうを張るような“名犯人”で、事件そのものにも犯人の思いが込められているなどはじつにミステリ的。脚本の砂本氏は初期の『相棒』で印象的な作品をいくつも書いていて、今に至る『相棒』の礎を築いた重要な脚本家の一人です。プロデューサー陣へのインタビューでも言及されていますが、season2-4「消える銃弾」のトリックは衝撃的でしたね。2005年に亡くなられてしまったのは、じつに残念です。

 「せんみつ」(戸田山雅司)…タイトルは本当のことは千のうち三つしかない、つまり“嘘つき”という意味。せんみつと言われる泥棒の常習犯が、取調べに対して素直に自供する、その真意とは?ドラマでは“せんみつ”こと槇原を演じた平田満の軽妙な芝居が印象的な作品でしたが、彼の出演は始めから決まっていて、槇原のキャラクターはあて書きだそうです。シナリオで読むと、ドラマ以上に密室劇というか、右京vs槇原の一対一の駆け引きの印象が濃いですね。ドラマだと回想シーンなどの映像が頻繁に差し込まれますから、文字で読んだ場合とはその辺で印象が変わってくるのかもしれません。

 「バベルの塔」(古沢良太)…season5の元日スペシャル。派手です。意外にも、左翼系過激派“赤いカナリア”はこの回が初登場なんですね。だから、命名者は古沢氏ということに。寺島進が演じた警視庁随一のスナイパー・日野警部補なんかは、また登場して欲しいキャラクターですね。また、事件の首謀者である女の人物造形は、season9の元日SP「聖戦」の犯人の造形に繋がっている感じもします。細かい手続きよりも、登場人物の“強さ”で突っ走っていくようなストーリー展開も共通していますね。古沢氏は色んな引き出しを持った脚本家ですが、登場人物の造形の力強さという点は、どの作品でも持ち味として発揮されていると思います。

 ドラマの「原作」でも「ノベライズ」でもなく、「脚本」をそのまま読むというのは初めてでしたが、これがなかなか、面白かった。小説の“地の文”と違って脚本の“ト書き”では登場人物の内面を描けないなど、小説とは似て非なる文字表現の世界が新鮮でしたし、たぶん「映像になったら違うものになる」ことまで計算に入れて書いてる感じがしました。今回の傑作選から漏れた中にも優れた作品がたくさんあるので、第二弾にも期待したいです。『相棒』以外のドラマや映画作品でも、シナリオの商品化をもっと考えてみてもいいかもしれないですよね。
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- <通常版> [DVD]相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- <通常版> [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル 2011-08-03
売り上げランキング : 30

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

杉下右京の事件簿杉下右京の事件簿
碇 卯人

朝日新聞出版 2010-11-05
売り上げランキング : 58191

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒―たった二人の特命係― 9 (ビッグ コミックス)相棒―たった二人の特命係― 9 (ビッグ コミックス)
こやす 珠世

小学館 2011-06-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:読んだ本。
Genre:本・雑誌

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|読書|2011-08-07_23:25|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。