闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

映画『忍たま乱太郎』

 NHKで1993年から放送されている人気アニメ、初の実写化。実写は200%勇気!だそうです。
劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段  特別版 [DVD]劇場版アニメ 忍たま乱太郎 忍術学園 全員出動!の段 特別版 [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント 2011-07-22
売り上げランキング : 184

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 先祖代々ヒラ忍者の家系に生まれた乱太郎は、エリート忍者になってほしいという両親の期待を背負い、忍術学園に入学する。所属する「一年は組」はちょっと“残念”なクラスで、担任の山田先生や土井先生に迷惑をかけてばかり。それでも、戦で両親を亡くしながらもたくましく生きるきり丸や堺の豪商の息子・しんべヱら愉快なクラスメイトたちと、楽しい学園生活を送っていた。夏休みになり、実家に帰っていた乱太郎のもとに、しんべヱが遊びに来る。そして二人して、土井先生の家で世話になっているきり丸を訪ねたところ、なぜかクラスメイトたちが次から次へとやってきた。忍たまたちの話を聞いた土井先生は、どうやら四年は組の斉藤タカ丸とその父・幸隆が何らかのトラブルを抱えていることを悟り、様子を見るため親子の家へ向かう。するとそこには、何者かに襲われ、倒れている斉藤親子の姿が……。

 映画『忍たま乱太郎』公式サイト
 NHKアニメワールド『忍たま乱太郎』公式サイト
 
 結論。10分間のギャグ・アニメは、2時間の映画にはならない。

 面白かったの、最初の30分ぐらいだけだったなぁ。乱太郎が忍術学園に入学してから、学園での日々を描いたシーンは面白いです。クラスメイトたちの紹介とか、上級生の授業風景とかは多少詰め込みすぎなきらいはあるけど、ギャグも解りやすいし、山田先生と土井先生が格好良くて。食堂のおばちゃんの「お残しは許しまへんで!」もあって、「ああ、僕が知ってる『忍たま』だ」と素直に笑って、楽しめました。だけど、学園が夏休みに入ってからは、なんだかよく解らなかった。お話自体も色んな忍者勢力が入り乱れてフクザツになるし(子どもに解るんだろうか?あんなややこしくしてしまって)、映画の方向性としても、ギャグをやりたいのか、少年たちのひと夏の冒険ストーリーで感動させたいのか、どっちつかず。大量に出てくる一年は組のクラスメイトたちも、誰が誰なんだか。「僕が観てた頃の『忍たま』って、こんなだったかなぁ?」という違和感もずっと拭えぬままで、最後まで感情移入できませんでした。

 僕が覚えている限り、アニメの『忍たま乱太郎』は乱太郎・きり丸・しんべヱのズッコケトリオがドタバタやってる中に、山田・土井両先生やくの一三人組、悪役のドクタケ忍者たちなどが適宜絡んでくる、そういうのが基本線だったように思います。だから、クラスメイトとか上級生たちとか、乱太郎の両親やドクタケ以外の忍者たちって、まれに出てくることはあっても、そんなに重要な存在じゃなかったはず。なのにこの実写版では、そういう人たちの出てくるシーンにかなりの時間が割かれてしまって、肝心の主役トリオのキャラが立ってきません。そもそも、乱太郎役の加藤清史郎くんは子役界の大スターですが、本来ならきり丸・しんべヱ役にも、それに匹敵するスター子役を配さないといけないはず。それが出来なかったのか、しなかったのか判らないけれど、いずれにせよアニメでは三人が主役なのに、この実写版では乱太郎一人が主役になってしまった。そしてこのトリオと対を成すくの一三人組は、この実写版では一切出てもこない(いや、“くの一”自体はでてくるんだけど、それが“ユキちゃん・トモミちゃん・シゲちゃん”なのかは判らない)。そのあたりがとっても残念。
 僕がアニメの『忍たま』を観ていたのはもうだいぶ昔なので、今の『忍たま』がどんな感じになってるのかは知りません。もしかしたら、今のアニメの感じは、この実写版に近いのかもしれない。それに、純粋に子供向けの映画である以上、子どもが楽しめるのなら大人が文句を言うのが筋じゃないのも解ってる。それでも、20年近く続いている長寿アニメを実写化するのであれば、昔アニメを観ていた大人たちの期待にも、ある程度は応えて欲しい。そういう意味では、がっかりな出来だったと言わざるを得ません。

 でも、この映画を映画館で観て、感動したことが一つ。エンドロールが流れ始めたとき、観ていた子どもたちがみんな主題歌『勇気100%』を口ずさんでたんです。『忍たま』の主題歌は僕が子供のころからずっとこの歌。歌っている歌手は何度か変わっているけれど、歌自体はずっと変わっていません。本当に素敵な、素晴らしい歌ですが、この歌を、僕より20歳ぐらい若い今の子どもたちも、聴いて、歌って、笑顔になるんだって思うと、なんだかとても感慨深いものがありました。



忍たま乱太郎 忍たまのための忍術トレーニング忍たま乱太郎 忍たまのための忍術トレーニング

ラッセル 2009-03-26
売り上げランキング : 5084

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

忍たま乱太郎 DVD-BOX1忍たま乱太郎 DVD-BOX1
藤森雅也

ジェネオン エンタテインメント 2004-09-24
売り上げランキング : 69492

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ミュージカル「忍たま乱太郎」 [DVD]ミュージカル「忍たま乱太郎」 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント 2010-06-23
売り上げランキング : 1317

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:日本映画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(4)|trackback(16)|日本映画|2011-08-11_23:22|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

忍たま乱太郎
公式サイト。尼子騒兵衛原作、三池崇史監督、加藤清史郎、林遼威、木村風太、三浦貴大、寺島進、中村獅童、檀れい、平幹二朗、松方弘樹、山本耕史、古田新太、杏、中村玉緒、柄本 ...
忍たま乱太郎
7月3日(日)@川崎チネチッタ。 50年東京に住んでいるが、川崎に足を運ぶのは2回目だ。 前回足を運んだのは4年前の7月5日。 その時は「魔笛」を109シネマズ川崎で観た。
[映画『忍たま乱太郎』を観た^^;(♪100%勇気~)]
☆・・・やっべぇ、メチャ面白かった。  凄まじく笑った。  この目くるめくひと時を丹念に語る術を私は持ち得ない。  なんて言えばいいのか、永遠に観続けていたいくらい楽しかった^^  話は、ある意味、和製「ハリーポッター・ギャグ満載篇」だ。  少年・乱太...
忍たま乱太郎 #54
’11年、日本 監督:三池崇史 原作:尼子騒兵衛 脚本:浦沢義雄 撮影:北信康 美術:林田裕至 音楽:池瀬広 キャスト:加藤清史郎、木村風太、林遼威、中村獅童、檀れい、松方弘樹、三浦貴大、平幹二朗、柄本明、杏、中村玉緒、鹿賀丈史、山本耕史、三津谷亮、溝口琢...
忍たま乱太郎/加藤清史郎、寺島進、三浦貴大
現在の日本におけるアクション映画の第一人者と言える三池崇史監督がメガホンをとったというそれだけ観てみる気になりました。そうでなかったら間違いなくスルーです(笑)。三池作 ...
『忍たま乱太郎』を109シネマズ木場シアター4で観て、箸休めだけの映画って不思議だふじき☆☆
五つ星評価で【☆☆果てしない出落ち】 「出落ち」という言葉がある。 出番(登場)と同時に笑いを取る、という意味だが、 「出落ちかあ!」みたいに、 登場でしか笑いを取れ ...
『忍たま乱太郎』 映画レビュー
『 忍たま乱太郎 』 (2011)  監  督 :三池崇史キャスト :加藤清史郎、林遼威、木村風太、平幹二朗、寺島進、三浦貴大、山本耕史、古田新太、松方弘樹、中村玉緒 1986年に原作マンガの連載が始ま...
実写版 忍たま乱太郎
公式サイト 昨日、試写会で見てきました。 見事なまでに三池崇史監督作品であり、浦沢義雄脚本作品でした。 もう、会場の子供達はドッカンドッカン受けてましたよ。主にお下品系 ...
忍たま乱太郎
"忍たま乱太郎" 昨日大阪商工会議所で行われた試写会で見て来ました。さずがファミリー試写会。見渡す限り家族連れで、なんとも賑やかな試写会でしたアニメ「忍たま乱太郎」の実写版で、原作の「落第忍者乱太郎」は朝日小学生新聞で25年以上も連載が続いてる...
映画鑑賞【忍たま乱太郎】そのまんまのノリでぶっちぎり☆
再び蒸し蒸しとした日になりましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。 いやはやお米屋さんに行きましたら、富山県産の米が…カラッポでした。 追加してもすぐ無くなるとの話…。 買い占めか!? でも、愛知産と...
■映画『忍たま乱太郎』
1986年に朝日小学生新聞で連載が開始され、現在では連載26年目を迎えた尼子騒兵衛の人気漫画「落第忍者乱太郎」。 さらに1993年から「忍たま乱太郎」としてNHKでアニメ化されたこの作品が、ついに『忍たま乱太郎』として実写映画となりました。 しかも、監督はあの三
忍たま乱太郎
ヒラ忍者の家系に生まれた少年乱太郎は、一流忍者を目指して伝統ある忍術学園に入学する。親友のきり丸やしんべヱと共に様々な忍術を学ぶ乱太郎たちは、夏休みのある日ウスタケ忍 ...
忍たま乱太郎
11年/日本/100分/アドベンチャー・コメディ/劇場公開 監督:三池崇史 原作:尼子騒兵衛 出演:加藤清史郎、林遼威、木村風太、平幹二朗、寺島進、山本耕史、古田新太、杏、中村玉緒、柄本明、石橋蓮司、山本裕典、竹中直人、中村獅童、檀れい、谷原章介、鹿賀丈...
忍たま乱太郎
意外に面白くて笑えた・・・。
忍たま乱太郎
加藤清史郎くん主演の忍たまの実写映画作品。字幕が欲しいところ。 意外にも俳優陣が豪華だったりするんですよね。学園長が犬のうんこを踏んじゃうくだりなんか笑わせて頂きました。妙にリアルだったのは気のせい?忍たまは昔ちょこちょこ見てたなあ…最近は見てないんだ...
忍たま乱太郎(感想233作目)
7月8日 忍たま乱太郎(感想233作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らない場合は上記のブログ記事タイトルの方から 別館アメブロ記事の方へ是非と...

コメントの投稿

非公開コメント

No title
こんちは。

私も「ちょっと困ったな」派です。

古いも新しいも忍たまは観てないので分からないんですが、やはり最近の時流としては忍たま同士が気合で合体して、最後には巨大ロボにトランスフォームして敵の忍者集団を一網打尽・・・あ、なんか意識しないで書いてたけど、それってなんとなくNARUTOだ。
毎度どうも。
>>ふじき78さま。
NARUTOって巨大ロボにトランスフォームしたりするんですか?それは知らなかったなぁ(笑)

アニメ『忍たま』を知らない、見たことがないという人が意外と多くて、僕はビックリ。案外僕ぐらいの年代が「知ってる」の最年長の層なのかも知れないです。
くの一三人娘が出てきてれば、それだけでも評価は違ったのになぁ。
書き込み失礼します
こんにちは!
拙ブログにトラバありがとうございます!
エンドロール盛り上がりましたね。
歌っている子供達は普段のアニメ放送でもテレビの前で歌って育ったのですから自然に歌が出るのもうなずけますね!
実は、私もメッチャ歌いたかったんですよ(笑)
ではでは失礼いたします。
僕は心の中で歌ってました。
>>愛知女子さま。
19年間、主題歌が変わってないからこそですよね。今でも聴くと元気が出る。歌うともっと。ほんといい歌だなぁ。

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。