闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ドラマ『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』第3話

 柿の木坂署の『利憲ちゃん誘拐事件捜査本部』に配属された門倉は、早速主任の東と共に、被害者の利憲に会いに行く。立てこもり犯・岡村が誘拐事件にも関与していたことを裏付けるために、利憲の証言が必要なのだ。事件の精神的ショックがまだ尾を引いている利憲に心を開いてもらうため、なんとか打ち解けようとする門倉だが……。
 一方伊崎は、特殊急襲部隊(通称SAT)の試験入隊訓練を受けることに。試験に合格し正式に入隊となれば、史上初の女性SAT隊員となるが、その試験は過酷を極め……。

 テレビ朝日『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』公式サイト
 
 なんか今回は、話が進んだんだか進んでないんだか、よく解らん。門倉サイドでは進んでいて、伊崎サイドは進んでいない、というところかな。
 最後に三体の死体が発見されましたが、その死体をちゃんと映さなかったのは、ぬるいなぁ。刑事としては中堅どころであろう東をして「あんなのは初めて見た」と言わしめるほど悲惨な状態だったようですが、門倉と東の会話から推察する限り、単に半分腐乱した死体が三体折り重なってただけじゃないかという感じ。その折重ね方にものすごく趣向が凝らされてたとか、殺し方が特別猟奇的だったとかではなさそうで、この死体と『利憲ちゃん事件』をつなげて考えるのは、単なるこじつけにしか思えませんが。一体どういう理屈なんだろう。
 そして伊崎サイドでは、SAT隊員のモラルの低さに呆れました。ていうかSAT隊員って、選抜する際に人格面も考慮されるんじゃないの?そして第1話で伊崎が殴りこみを掛けたバー?クラブ?では、店の人間が殺されて所轄の捜査が入ってました。しかし伊崎、殴りこみを掛けたあと、あの店にけっこう足しげく通ってたんだな。どういう神経なんだ?

 さて次回は、伊崎の初恋が描かれるそうです。初恋って歳でもないと思うんですが、その辺は、伊崎の過去とかが係わってくるのかな?
ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)
誉田 哲也

中央公論新社 2009-01
売り上げランキング : 873

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト (光文社文庫)
誉田 哲也

光文社 2008-09-09
売り上げランキング : 26383

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Wired Life(初回生産限定盤)(DVD付)Wired Life(初回生産限定盤)(DVD付)
黒木メイサ

SMR 2011-08-31
売り上げランキング : 723

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:テレビドラマ
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|ドラマ|2011-08-13_02:47|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。