闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

小説『白銀荘の殺人鬼』愛川晶×二階堂黎人

 当初は彩胡ジュン名義で発表された、愛川晶氏と二階堂黎人氏の共作作品。後の「Killer X キラー・エックス」シリーズに繋がる、超絶技巧ミステリ!
白銀荘の殺人鬼 (光文社文庫)白銀荘の殺人鬼 (光文社文庫)
愛川 晶 二階堂 黎人

光文社 2004-02-10
売り上げランキング : 545429

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 不動産会社に勤める立脇順一の体には、「美奈子」という別人格が潜んでいる。順一が家族と共に会津のスキー・リゾートを訪れ、山間の奥まった立地にある「白銀荘」というペンションに宿泊することになり、「美奈子」はこの機に乗じて主人格である順一を「殺害」しようと計画する。しかし肉体を共有するもう一人の人格「晴代」の介入もあって「美奈子」の犯行は当初の予定からずれていき、白銀荘は血みどろの惨劇の舞台となっていく……!
 
 「Killer X キラー・エックス」シリーズの前日談ともいうべき作品。先に「Killer X」シリーズを読んでしまっているため、作中に登場するある人物が稀代の殺人鬼であることは知ってしまっているので、そのせいで本作に仕掛けられたトリックの一つはまったく空振りになってしまうという問題点はあるのですが、それを割り引いても、複数のトリックが重層的に仕組まれているので充分に騙されます。トリックというのは並列に並べるだけではなくて、立体的・重層的に重ねることが出来るんだというのは発見でしたね。
 ただ、展開がかなり速いのと、もっぱら犯人目線(立脇順一のなかに潜む別人格「美奈子」の目線)で描かれること、明確な探偵役がいないこともあって、あまり謎解き興味の部分で惹きつけられるという感じではありません。密室トリックやアリバイトリックの回答に関しては、むしろ拍子抜けするぐらい単純なものですし。それよりも多重人格者の視点、それも主となる人格ではなく、交代人格である「美奈子」の方の視点で描かれるという叙述の仕方が斬新で、精神異常者を扱ったサイコ・サスペンスとして面白いです。そういうジャンルをあまり読んだことがないのもあって、新鮮でした。
 ただ、あまりにも嬉々として人を惨殺しまくる主人公の行動や感情の動きを、主観で描く文章というのは読んでいてあまり気分のいいものじゃないのは確か。「Killer X」シリーズは全般にそういう描写が多いので、それらを読んでだいぶ免疫がつている僕でさえ、最初の方はちょっとげんなりしたぐらいだから、不慣れな人には辛い描写かもしれません。

 これも「Killer X」シリーズ全般に言えることですが、とにかくトリックありき、読者をいかに騙すのかに特化した小説なので、物語的な面白さとか、人間心理の闇を覗くような深みのある描写というのは期待してはいけません。ですが、始めからそういうものだと割り切って読めば、なかなか良くできた奇想ミステリで、本格好きなら一定の満足を得られる作品だと思います。
堕天使殺人事件堕天使殺人事件
二階堂 黎人 柴田 よしき 北森 鴻 篠田 真由美 村瀬 継弥 歌野 晶午 西澤 保彦 小森 健太朗 谺 健二 愛川 晶 芦辺 拓

角川書店 1999-09
売り上げランキング : 280787

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

化身 (創元推理文庫)化身 (創元推理文庫)
愛川 晶

東京創元社 2010-09-18
売り上げランキング : 265086

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

猪苗代マジック (本格ミステリ・マスターズ)猪苗代マジック (本格ミステリ・マスターズ)
二階堂 黎人

文藝春秋 2003-07-25
売り上げランキング : 342638

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:推理小説・ミステリー
Genre:本・雑誌

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(1)|読書|2011-11-07_23:53|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛川晶+二階堂黎人 『白銀荘の殺人鬼』 感想
白銀荘の殺人鬼 (光文社文庫)光文社 2004-02-10売り上げランキング : 430871おすすめ平均 ひねりひねり面白い!クイーン兄弟Amazonで詳しく見る by G-Tools ----あらすじ---- 私は立脇順一を殺すべく...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。