闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ドラマ『相棒ten』第7回―すみれ色の研究―

 右京のもとに、大学のチェス部で仲間だった加藤から電話がかかってくる。勤務している研究所で研究費を不正に請求している疑いがあるが、ことを荒立てたくないので隠密に調査してほしいという。右京が加藤と会っているころ、特命係に一本の電話が。掛けてきたのは加藤の娘で、高校生の美咲。父の共同研究者が自殺した件で、父が疑われているのではと相談してきたのだ。実は美咲の母親も、かつて父と旅行に行った南米で急死していて、その死因についても美咲は疑惑を持っているという。相談を受け、加藤のもとを訪ねた尊は、そこで右京と鉢合わせ。尊の姿を見た右京は明らかに不快そうな表情を見せるが……。

 テレビ朝日『相棒ten』公式サイト
 
 右京と尊のあいだに不穏な空気が漂う作品となりましたが、タネが分かってみれば、このパターンは前シーズンでもやってますね。season9-12「招かれざる客」と同様、犯人を油断させるための一芝居だったわけです。
 とはいえ、「招かれざる客」のときは二人の合意がどのタイミングで形成されたか明確でしたが、今回の話では、そのタイミングがよく分かりませんでした。当初はそれぞれの目的が違っていたし、途中は本当に対立していたようだったし。ストーリーの目的として殺人犯を見つけることと研究費の不正を明らかにすることが並立したせいで分かりにくくなったことや、犯人に存在感の薄いその他大勢の登場人物から犯人が出現したり、被害者の人となりも掘り下げられてなかったりなど、不満な点はけっこうあります。後日談の部分に時間を割くため、メインの事件を描く時間が限られてしまったのが痛かったかな。

 10代の少年少女に対する尊の向き合い方というのは、本当に好感が持てます。相手をちゃんと尊重して、過度に干渉せず、けれど助けの手はきちんと差し伸べる。美咲が最後にちゃんと父との信頼関係を取り戻せたのは、神戸尊という警察官に出会えたからこそでしょう。

 今回の脚本は徳永富彦氏。season10では初めてかな。個人的にはかなり好きな脚本家さんで、今もっとも『相棒』らしい作品を書く脚本家だと思います……ってことをseason9-7「9時から10時まで」の感想でも書いたんですが、今回も氏の持ち味が良く出ていたと思います。ものすごく傑作ってわけではないけどちゃんとツボを押さえていて、謎解きものとしてもヒューマンドラマとしてもそこそこハイレベル。ありきたりな刑事ドラマやミステリドラマからはちょっと視点をずらした作品で、『相棒』というドラマでしか出来ないような雰囲気をいつも見せてくれます。櫻井武晴氏や戸田山雅司氏、古沢良太氏などと比べるとあんまり評価されてない気がしますが、もっと評価されていい人だと思いますね。
相棒 Season 10 オリジナル・サウンドトラック相棒 Season 10 オリジナル・サウンドトラック
池 頼広

avex io 2011-11-30
売り上げランキング : 599

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]相棒 season9 ブルーレイBOX(6枚組) [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-10-19
売り上げランキング : 2155

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒season8(上) (朝日文庫)相棒season8(上) (朝日文庫)
輿水泰弘ほか(脚本) 碇 卯人(ノベライズ)

朝日新聞出版 2011-11-04
売り上げランキング : 3484

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:テレビドラマ
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(2)|相棒|2011-11-30_23:44|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒10第7話(11.30)
『すみれ色の研究』  脚本:徳永富彦 監督:田村孝蔵 大学時代のチュス部の友人加藤誠@柴俊夫が 杉下@水谷豊に相談を持ちかけてくる 加藤の勤務する植物遺伝子の研究所と関わりのある企業が 国の補助金を横領しているので調査してほしいというのだ。 杉下が調査を開?...
『相棒 Season 10』 第7話 「すみれ色の研究」
?右京(水谷豊)…旧知の友人・加藤誠(芝俊夫)から研究費不正請求の調査 ?尊(及川光博)……女子高生・加藤美咲(岡野真也)から母親と研究員の死の真相究明  右京と尊、それぞれが別々に動いて絡み合い、研究費不正収得、偽装自殺の犯人追及、加藤の研究に隠された真...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。