闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ドラマ『相棒ten』第11回―名探偵再登場―

 大手探偵社の社長・樋本が殺害された。樋本と半年前に離婚した元妻・佳美に嫌疑がかかるが、彼女には犯行時刻、私立探偵の矢木と一緒にいたというアリバイがあった。矢木は行きつけのカラオケスナックのマスターに頼まれて佳美を尾行していたのだが、途中で佳美に気づかれ、逆に佳美から相談を受けていたというのだ。どこか胡散臭い矢木の話に鼻白む尊だったが、矢木はそんなことはお構いなしに樋本の会社を訪ね、樋本が大資産家の福栄義英から何らかの以来を受けていたことを突き止める。「ハードボイルドに資産家と美女はつきもの」という矢木は、樋本殺害の裏に、300億円とも言われる福栄義英の遺産問題がかかわっているに違いないと主張するが……。

 テレビ朝日『相棒ten』公式サイト
 
 マーロウ矢木ことチャンドラー探偵社・矢木が久々の登場で、タイトルもずばり「名探偵再登場」。しかし今回は、飄々としながら意外に鋭く、有能な名探偵矢木の魅力は健在なものの、いかんせん一時間枠でやるには話が複雑すぎました。いろんな人の利害が複雑に絡み合っている上に、解き明かすべき謎、解決すべき問題がいくつもあるので、テレビを見ながら何度も頭の中を整理しなければストーリーを理解できませんでした。その上矢木はある思惑を秘めながら特命係を利用しているので、特命係は最終的に、その矢木の真意まで解明し、視聴者に示さないといけない。よくこれを一時間枠に詰め込んだなと思います。

 今回は矢木が書いたシナリオの上に特命係が乗っかってるだけという感じでした。あの右京に、思惑通りの名探偵役を演じさせてしまった矢木の演出家ぶりは見事なものと言えますが、右京や尊自身が事件解決の意思を持って動くというモチベーションが希薄だったのはやや残念でしたね。矢木が特命係を利用したのは、たぶん「登場」のとき、事件解決のために自分が利用されたことへの意趣返しという面もあるんでしょうが。
 トリオ・ザ・捜一の三浦・伊丹だけでなく、尊までが芹沢の怪我の回復(元日SP「ピエロ」で撃たれたときの)を祝福しているところは微笑ましかったです。

 次回は「ついてない女」こと月本幸子が3度目(放送回数で言えば4回目ですが、「ついている女」と「狙われた女」はひとつの話の前後編なので)の登場。題して「つきすぎている女」!?脚本は過去3話と同じく古沢良太氏。意外にも今シーズン初登板ですね。過去、古沢作品に外れなしと言っていいぐらい良作を作り続けてきた脚本家なので、おおいに期待したいです。あとは最近、尊の存在意義があまり感じられない作品が増えているので、尊らしさが生きる作品(そういう意味では、初回「贖罪」が今シーズンではいちばん良かった)が欲しいな。season10も早くも折り返しを過ぎました。season後半の展開がどのようになるのか、非常に楽しみです。
相棒 Season 10 オリジナル・サウンドトラック相棒 Season 10 オリジナル・サウンドトラック
池 頼広

avex io 2011-11-30
売り上げランキング : 2077

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒 シナリオ傑作選2相棒 シナリオ傑作選2
輿水 泰弘 櫻井 武晴 戸田山 雅司 古沢 良太 深沢 正樹 岩下 悠子 徳永 富彦 ハセベ バクシンオー 太田 愛

竹書房 2011-12-21
売り上げランキング : 10572

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒 season 5 DVD-BOX 1(5枚組)相棒 season 5 DVD-BOX 1(5枚組)

ワーナー・ホーム・ビデオ 2008-03-07
売り上げランキング : 7801

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:テレビドラマ
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(2)|trackback(4)|相棒|2012-01-12_01:32|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒10第11話 & ダーティ・ママ!第1話(1.11)
・相棒10第11話 『名探偵再登場』  脚本:戸田山雅司 監督:近藤俊明 廃ビルで大手探偵社社長樋本晃一の刺殺体が発見される 樋本の元妻栗山佳美@陽月華のアリバイの証人となったのは 以前特命係に協力したことのある私立探偵マーロウこと矢木明@高橋克実だった。...
相棒ten 『名探偵再登場』 感想
----あらすじ---- 探偵社を経営している樋本が殺害された。樋本の元妻の佳美に容疑が掛かるが、犯行時刻に別の場所で一緒にいたという証言者が現れる。その証言者とは、かつて特命係と関わった私立探偵の矢木...
相棒&D×D&疾風伝
相棒はマーロウ矢木の回だが マーロウ矢木探偵が再登場で 迷に見せながら実は名探偵で
別館の予備(相棒&D×D&疾風伝)
1月13日 相棒&D×D&疾風伝 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11132421638/3c6bc3f9

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして
偶然こちらのサイトを発見して、レビューを楽しく読ませて頂いてます。
特に「相棒」は、まだ未見のエピソードでもドラマの雰囲気が掴めるくらい、
ディープなレビューが多いですね(笑)


尊の存在意義があまり感じられない件、ホントにそうですね。
S7最終話や、S8初回SPあたりではあからさまに右京に盾突いてて、
見ていて非常に新鮮で凄く楽しかったのですが。。。

最近では右京への物分かりがよくなり過ぎてて、
また「ザ・水谷豊ショー」に戻ってしまってるのが残念でなりません。
ただでさえ、愛着のある脇役さんたちがどんどん居なくなってるというのに。
およよ。
>>hickyさま。
はじめまして。コメントありがとうございます。
このような拙いblogを楽しんでいただけるなんて、いやはや恐縮です。

>「ザ・水谷豊ショー」に戻ってしまってる

そうなんです。これは神戸尊が登場する以前、亀山薫が相棒だったころから、僕が不満に思っていることなんです。
『相棒』というタイトルで、番組ロゴにもふたりのシルエットを使用しているドラマなのに、実質は右京一人が活躍し、相棒(薫or尊)はそれにくっついているにすぎない、そういうエピソードが多いのはいかがなものかと。

尊が登場初期のように右京に楯突くのは、付き合いが長くなった今では難しいでしょうが、反抗するだけが尊の存在意義ではないですから。今シーズンで言えば7話「すみれ色の研究」のように右京と別行動させるとか、前シーズンの9話「予兆」のように右京の不得手な部分をフォローすることで、尊らしさが生きてくる場面は作れると思います。

と、いろいろ文句を言っていますが、『相棒』シリーズはseason1からずっと観ている大好きなドラマです。今後もなるだけディープに(笑)レビューしていきたいと思いますので、お読みいただけると嬉しいです。コメントも大歓迎です。

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。