闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

小説『怪人二十面相・伝 PARTⅠ・PARTⅡ』北村想

 江戸川乱歩の少年向けミステリ「少年探偵団」シリーズに登場する悪役・怪人二十面相の知られざる真実を描いた、おそらく他に類を見ない“怪盗の伝記”。映画『K-20 怪人二十面相・伝』の原作小説。
怪人二十面相・伝 (小学館文庫)怪人二十面相・伝 (小学館文庫)
北村 想

小学館 2008-09-05
売り上げランキング : 459416

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

怪人二十面相・伝〈PART2〉 (小学館文庫)怪人二十面相・伝〈PART2〉 (小学館文庫)
北村 想

小学館 2008-10-07
売り上げランキング : 463648

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 市井の下駄職人の子として生まれた島谷平吉は、8歳のある日、母親に連れられドイツからやってきたハーゲンベック・サーカスを観にいく。そしてその日を最後に、母サヨは家に帰ってこなくなった。数日後、父平次郎が帰ってきて「サヨを刺した」と言った。平次郎は平吉も手にかけ、無理心中を図ったので平吉は逃げ出し、縁あって遠藤曲馬団という小さなサーカス団に預けられる。そこで子どもの団員たちの面倒を見ていたのが、武井丈吉という男だった。丈吉はサーカスの演目はほとんど一通りこなしてしまう天才で、また斬新な演目を次々と考案するアイデアマンだったが、それらの演目は遠藤サーカスはおろか、日本中のどんなサーカスでも実現不可能(経済的・技術的・その他諸々の理由で)なものばかりだった。平吉が遠藤サーカスに拾われてから二年後の昭和10年、丈吉は突如遠藤サーカスを足抜けし、平吉の前から姿を消す。金持ちの屋敷ばかり狙い、高価な美術品を予告して盗み出していく怪盗の噂が広まりはじめたのは、その夏の終わり頃であった……。
 
 映画『K-20 怪人二十面相・伝』の原作。とはいえ、映画は「第二次世界大戦がなかった日本」という架空の設定を導入するなど大胆に改変されているので、内容はあんまり関係ない。むしろ本作は、江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズをベースに、その裏側を描いている作品という印象。といっても、「少年探偵団」シリーズ読んだことないけど。

 この作品の肝は、戦前と戦後で怪人二十面相の正体が入れ替わっているということ。同時に明智小五郎も戦前と戦後は別人になっていて、つまり明知も二十面相も、初代と二代目がいるという設定です。Wikipediaに書かれているところによると、これは必ずしも北村想氏のオリジナルの考えではないみたいですが、本作はこの“二人の二十面相”の絆や“二人の明智”との関係などが非常に面白く描かれ、読みどころになっていると言えます。
 もともとの「少年探偵団」シリーズを読んでいないのではっきりとは言えませんが、戦前・戦後の作品における二十面相の性格や行動様式の変化を、「初代から二代目への交代」という形で説明をつけつつ、物語の展開に上手く生かしているようです。主にPARTⅠは初代(戦前)、PARTⅡは二代目(戦後)のお話。クールで天才肌、どちらかというと二枚目な初代に対し、ちょっと天然で三枚目タイプの二代目。犯行方法やその演出の仕方にも、この性格の違いが現れているようです。特に初代二十面相の為す犯罪はとてもスタイリッシュで合理性もあって、格好良い。まさに芸術的犯罪。PARTⅡの方では、意外な登場人物が平吉と絡んだりしていて、驚かされます(『怪盗・伝』の逸話は本当だろうか?)。
 二十面相が初代・二枚目ともに、非常に魅力的な人物として描かれている反面、明智小五郎は初代・二代目ともに相当に厭な人のように描かれています。特に二代目の明智は、少年の頃に二十面相に怪我を負わされたことを強く恨んでいて、二代目の明智と二十面相の対決では、どちらが悪役かわからないほど。明智や小林少年の描かれ方は少し極端なので、それに関しては、旧来のファンからの批判もあるみたいですが。

 これを読んで、乱歩の「少年探偵団」シリーズを読みたくなりました。この『伝』のおかげで、ストーリーの裏側で二十面相が何を考え、どんな風に行動したかがわかった上で読めるのだから、きっと面白いだろうなぁ。映画『K-20』は間違いなく日本映画史上に輝く超傑作でしたが、原作本もまた、冒険活劇小説として素晴らしい出来。老若男女幅広く、乱歩の原作を読んだ人も読んでない人にも、おススメです。
K-20 怪人二十面相・伝[Blu-ray]K-20 怪人二十面相・伝[Blu-ray]

VAP,INC(VAP)(D) 2009-06-24
売り上げランキング : 5737

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

怪人二十面相 (講談社青い鳥文庫 (71‐1))怪人二十面相 (講談社青い鳥文庫 (71‐1))
江戸川 乱歩 古賀 亜十夫

講談社 1983-12-10
売り上げランキング : 84369

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シャーロック・ホームズ [Blu-ray]シャーロック・ホームズ [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-07-20
売り上げランキング : 2113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサーサイト

Theme:推理小説・ミステリー
Genre:本・雑誌

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|読書|2012-01-26_17:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。