闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』

 世界一有名な名探偵を、斬新な解釈でスタイリッシュに映像化した大ヒット映画の続編。前作ではその影だけを見せていたホームズ最大最強のライバル、モリアーティ教授が登場します。
シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム オリジナル・サウンドトラックシャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム オリジナル・サウンドトラック
サントラ

SMJ 2012-02-22
売り上げランキング : 1274

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ヨーロッパ各地で起こる連続爆破事件。新聞はアナーキスト犯行かと書きたて、フランスとドイツ、二国間の緊張が高まるなか、一連の事件を追っていた天才名探偵シャーロック・ホームズは、これらの事件すべてにジェームズ・モリアーティ教授が関わっていることを見抜く。高名な数学者で、拳闘の元学生王者、現首相の学友でもある教授の裏の顔は、その頭脳と人脈を駆使し、世界中の権力を手中に収めようとする“犯罪界のナポレオン”だ。この最強の敵の陰謀を阻止するため、ホームズは相棒ワトソンとともに、フランス、ドイツ、そしてスイスと、ヨーロッパ中を駆け巡る――。

 映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』公式サイト
 
 金曜ロードSHOW!放送につき、上映当時の感想記事を再アップ。


 前作はここ4,5年に観た洋画のなかでNo.1じゃないかというぐらい大好きな映画。変人だけどチャーミングなホームズと、紳士だけどギャンブル狂いのワトソンというコンビがスクリーン上で暴れまくるという、“名探偵”のイメージを一新するド派手でエネルギッシュなアクション映画でありながら、不気味で不可解な謎の数々を見事に解き明かしてみせるという“名探偵”らしい謎解きの魅力も兼ね備えていた、素晴らしいエンターテインメントでした。その続編で、しかも原作ファンからも人気のある最強の悪役モリアーティ教授が登場するとあって、大いに期待していました。

 で、感想を言いますと……。うーん、正直、前作のほうが好き。もし前作が存在しなくて、この作品が「シャーロック・ホームズ」の映画化じゃなければ、冒険活劇映画として充分に面白いと評価できたと思います。だけど、本作はあの素晴らしい前作の続編で、なにより「シャーロック・ホームズ」の映画なんです。その観点で見ると、本作は前作にあった謎解き要素が薄く、そこが非常に物足りなかったです。前作は「死者の蘇り」や「手を触れずに殺害する方法」など魅力的な謎があって、それらの解明もほとんどが物証に基づいていましたが、本作はそもそも“謎”があんまりない。犯人はモリアーティ教授と判っているし、特別なトリックを用いた犯行もない。だから、謎解きというよりは「モリアーティが出し抜くか?ホームズが尻尾を掴むか?」という駆け引きメインの、コンゲームのような筋立てで、それは「シャーロック・ホームズ」に期待してたのとは違うんだよなぁ。
 また、前作でとびきりの魅力を振りまいたヒロイン、アイリーン・アドラーが早々に退場してしまったのも非常に残念でした。本作のヒロイン、ジプシーの女シムに魅力がないわけではないですが、前作ではホームズとアイリーンの間にロマンスがあったのですが、本作はそういう要素がありませんから、面白みに欠けます。

 欠点ばかりではなく、いいところも指摘しておきましょう。ホームズの兄、マイクロフトが本作で初登場しますが、彼のキャラクターは傑作。彼の珍行動に戸惑うワトソンの妻メアリーのリアクションも笑えます。また、本作では前作以上にワトソンの武闘派ぶりが目立ち、大活躍しています。アクションは全体的に、前作以上の迫力。手に汗握るシーンの連続です。
 モリアーティ教授を演じたジャレット・ハリスは、原作ファンから評価が高いようです。僕は原作のモリアーティ登場作品を読んだことがないので、よくわかりませんが。

 さて、なんとなくしょっぱい感想になってしまいましたが、それは前作の出来が良すぎたからで、本作も冒険活劇映画として充分に楽しめる作品です。意外かつユーモラスな結末からは、さらなる続編も期待できそう。とすれば、モリアーティもアイリーンも再登場するかもしれないし、ロバート・ダウニーjr.とジュード・ロウのホームズ&ワトソンコンビは最高に魅力的なので、また何度でも見てみたい。続編があったら歓迎しますよ。



 それにしても、金曜ロードショー(ロードSHOW!(?))はどうしてこんな品も節操もない番組になってしまったのだろう?CMのたびにうっとおしい要約コメント、主要登場人物の紹介コメント、常時画面の左上に表示される煽りスーパー。昔はたしかにあった、映画への愛と敬意はどこへ行った。一映画好きとして、泣きたくなるような劣化ぶりです。
シャーロッキアン!(1) (アクションコミックス)シャーロッキアン!(1) (アクションコミックス)
池田 邦彦

双葉社 2011-02-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シャーロック・ホームズ [Blu-ray]シャーロック・ホームズ [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-07-20
売り上げランキング : 124

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シャーロック・ホームズの冒険―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)シャーロック・ホームズの冒険―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)
アーサー・コナン・ドイル 日暮 雅通

光文社 2006-01
売り上げランキング : 791

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:洋画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(1)|外国映画|2014-11-14_23:11|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』 感想
シャーロック・ホームズ シャドウ・ゲーム オリジナル・サウンドトラックサントラ SMJ 2012-02-22売り上げランキング : 2233Amazonで詳しく見る by G-Tools ----あらすじ---- ヨーロッパで連続爆破...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。