闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ドラマ『相棒ten』最終回―罪と罰―

 ある日、右京と尊は、通りかかった公園で「あと数ヶ月で、この日本にクローン人間が誕生する」と声を張り上げる男を目撃する。翌日、その男・嘉神隼人が自宅で刺殺体で発見され、ほどなくその母親・郁子が息子を殺したとして出頭してくる。犯人の自主で速やかに事件解決に思われたが、郁子の職業がクローン技術と密接に関わる分野の学者だったことから、右京と尊は事件の裏に、隼人が公園で訴えていたクローン人間の問題が関わっているのではと疑う。しかも郁子の娘で、隼人の妹に当たる須賀茜は現在妊娠中だという。茜を聴取した二人は、彼女の自室で隼人が着ていたコートを発見。彼女は隼人の殺害に関わっているのか……?

 テレビ朝日『相棒ten』公式サイト
 
 最終回。神戸尊卒業の回です。後半の展開が一部報道で非公式に喧伝されてたとおりだったのはいささか興醒めだったんだけど、それはまあ置いといて。

 クローン人間です。「『X-FILE』じゃあるまいし」な題材が、今回の『相棒』のテーマです。クローン人間を作ることの是非自体も非常に重大な問題ですが、今回のお話のいちばん大事な部分は、「クローンとして生まれてきた子どもを、社会は受け容れることが出来るのか?」ということ。そして「少なくとも現状では、出来るわけがない」というのがその答え。この動かし得ない現実と、罪をけっして見逃さない杉下右京の頑なな正義に挟まれて、心優しき警察官・神戸尊が出したのは意外な答え。『相棒』11年の歴史の中で初めて“杉下右京が折れる”というとんでもない場面を引き出した尊の行動。僕はしびれましたよ。かつての罪を「警察官だったのに」と悔いた尊が、今回は警察官にあるまじき行動で、“杉下の正義”をねじ伏せた。そうまでして守りたかったものがあった、これは優しさの勝利かな。右京に譲歩させるなんて話は、やっぱり『相棒』の生みの親、輿水氏しか書けないですね。

 ミステリとしてはけっしてよく出来た話じゃない。そもそもほとんど謎がないし、真犯人を逮捕するのにも明確な物証はない。公判で自白を覆されたら、下手すりゃ無罪になっちゃうレベルな気がします。そういう意味では甘いんだけど、最後に被害者の尊厳が回復されるだろうと思わせるところは、『相棒』らしいと思いました。謎解きミステリとしては甘くても、右京と尊、それぞれの“正義”を描いて、遂にふたりを決定的に対立させる展開は、最終回にふさわしく、見ごたえがありました。今シーズンは全体的に、ミステリとしてはあんまり出来のいい話は少なかったんだけど、初回の「贖罪」第3回「晩夏」など、謎解きとは別の部分で見所のある話が多かった印象です。
 『劇場版Ⅱ』のキーマンだった長谷川副総監が、警察庁長官官房付きと肩書きを変えて登場。長官官房付きといえば、かつての小野田公顕のポジションに近い。今回の感じだと、これは来シーズン以降、特命に噛んでくる存在になりそう。楽しみです。
 次の相棒は誰になるのか、そこんところも気になりますが、今回“折れて”しまった右京が来シーズン以降どのように変わっていくのか、あるいは変わらないのか、そのあたりも注目したいところです。

 ところで、クローン人間の是非について、個人的意見を。僕は科学技術の進歩・発展は基本、無条件で支持したい人だから、クローン人間を作ることにも特に反対はしません。でも、作られたクローン人間は、あくまで実験動物、実験室の中だけの命でしょうね。それは残酷なことだ、と思うなら、クローン人間なんて作らないほうがいい。
相棒-たった二人の特命係- 11 (ビッグ コミックス)相棒-たった二人の特命係- 11 (ビッグ コミックス)
こやす 珠世 テレビドラマ〔相棒〕TV朝日・東映

小学館 2012-02-29
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒 ―劇場版2― (小学館文庫)相棒 ―劇場版2― (小学館文庫)
大石 直紀 輿水 泰弘 戸田山 雅司

小学館 2010-11-05
売り上げランキング : 118798

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)

ジェネオン・ユニバーサル 2011-08-03
売り上げランキング : 5870

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:テレビドラマ
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(6)|trackback(12)|相棒|2012-03-21_23:33|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒10最終話(3.21)
『罪と罰』  脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治 嘉神隼人@窪塚俊介という青年の刺殺体が発見され、 隼人の母嘉神郁子@真野響子が自分が殺害したと自首してくる。 郁子はバイオテクノロジー研究所でクローンの研究をしていた人物、 一方、隼人はクローン人間が誕生しよう...
孤独のグルメ (最終回・第12話 3/21) 感想
1/4からテレ東で始まったドラマ『孤独のグルメ』(公式)の最終回『目黒区中目黒 ソーキそばとアグー豚の天然塩焼き』の感想。原作・久住昌之氏、作画・谷口ジロー氏による原作の漫画は未読。 久し振り...
「相棒 ten」第19話(終)
神戸、異動… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203220000/ 相棒 Season 10 オリジナル・サウンドトラック 池 頼広 avex io 2011-11-30 売り上げランキング : 29679 Amazonで詳しく見る b...
相棒ten
最終回スペシャル「罪と罰」の感想&総括
相棒 ten 最終回スペシャル (第19話)「罪と罰」~尊(及川光博)は警察庁長官官房付
相棒 ten(Season 10)最終回スペシャル (第19話) 「罪と罰」2012年3月21日 予告編を観てね、『クローン・ベビー誕生』にまつわる壮大な陰謀・謀略話を期待したんです。 変な例えですが、ルパン三世とマモーの対決並の気宇壮大なエピソードを期待したんです。 し?...
『相棒season10』 最終話 「罪と罰」
 クローン赤ちゃんを巡る様々な思惑、そして、尊君(及川光博)の退場劇がメインで、推理モノとしては、殺害状況と黒いコートの移動の謎ぐらいで物足りなさであったが、却って焦点がはっきりしてよかったのではないだろうか?  あと、切羽詰った状況で、尊に右京(水谷...
別館の予備(相棒&D×D)
3月23日 相棒&D×D 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11200159332/216a3dd7
相棒&D×D
相棒は最終回クローンSP回だが 雛子の出番が予想以上に少なく クローン死は予想通りだし 神戸が移動する理由は納...
「相棒season10」最終話
最終話「罪と罰」 視聴率20.5%    
相棒 ten 最終回スペシャル (第19話)「罪と罰」~尊(及川光博)は警察庁長官官房付
相棒 ten(Season 10)最終回スペシャル (第19話) 「罪と罰」2012年3月21日 予告編を観てね、『クローン・ベビー誕生』にまつわる壮大な陰謀・謀略話を期待したんです。 変な例えですが、ルパン三世とマモーの対決並の気宇壮大なエピソードを期待したんです。 し?...
神戸の相棒も・・・
ドラマ「相棒」シーズン10を見ました。 テレ朝にて 水曜9時にやってました もう 10回目となると毎話のストーリーも安定感 そして 杉下・神戸のコンビは良い感じになっきて 今回は過去キャラの再登場が目立った感じがありましたね おなじみ陣川くんや映画版米沢の相棒...
相棒ten 『罪と罰』 感想
----あらすじ---- バイオテクノロジー研究所の研究員・嘉神郁子は、娘・茜の体内でクローン人間を作ろうとしていた。犯罪になるクローン人間に手を出した理由は、茜の懇願に負けたからだった。茜の夫と息子は...

コメントの投稿

非公開コメント

尊っていいやつだな
と改めて思わされた作品でした。前相棒・亀山薫よりも関係者全体を見る視野を持ちながらも、決して人間らしい感情を失わない彼だからこそ右京も苦渋の決断をしたのでしょう。


ところで新相棒ですが、尊は右京と同じく私生活がほとんど映らないので、話が広がりにくかった面があります。そこで既婚者、しかも薫や尊のように、最初から警察官としてやる気のある人間ではなく、どちらかと言うと惰性で働いているような人間ではどうでしょうね?何かの理由で特命に来た彼が右京の正義に触れ、警察官らしさを学んで成長していくお話。
人間味。
>>峰川幸介三世さま。
「警察官らしいことをしたい」と言って特命に残った尊があのような行動に出たことは、正直、釈然としないものはあります。が、経緯はどうあれ、あの右京を“黙らせたこと”は『相棒』というドラマの歴史においても画期的なことで、たぶん輿水氏もそこを描きたかったんだと思います。

新相棒には、陣川や相原の名前が挙がったりしているのを何かで読みましたが、陣川は100%ないと思いますが、相原はありかも、と思わなくもないです。もちろん、我々がまったく予想もつかない人物である可能性もあります。ただ言えることは、三代目は、二代目よりも大変だろうな、ということですね。
意外な最終回でした
『相棒』の傾向からいって、お腹の子供には実はちゃんと父親がいて、
杉下がそこまで暴くと思っていたので、本当にクローン人間だったとは意外でした。
SF的な設定は絶対にないドラマだと思っていたのですが、でももうクローン人間はSFではなくなってるんですね。


そして、杉下が神戸の主張に屈したのは、シリーズ史上に残るサプライズでした。
いつだったか、カフェで小野田との会話をこっそり聞かれてた回と、
麻取の潜入捜査官を巡って自殺を主張しきれなかった回がありましたが、
自分の中ではそれらと並んで3大サプライズエピソードでした。
先端科学=昔のSF
>>hickyさま。
コメントありがとうございます。
ブタの体内でヒトの臓器が作られたりする時代です。クローン人間を作ることも、もはやSFではないでしょう。でも、今シーズン割りに、先端科学に絡めた話が多かったですね。
個人的にはクローンが生まれちゃう展開もありだと思ったんですが、それはさすがに収拾つかないですかね。
しかし考えてみれば、体細胞クローンはいわば無性生殖ですから、ゾウリムシと同じなんですね。人間のゾウリムシ化と考えると、気持ち悪いなぁ。
No title
いつも拝見させていただいております。
またおじゃまします。
コメ御礼。
>>nasunomisoitameさま。
いつもご覧いただき、ありがとうございます。
最近は更新頻度が低めですが、新しい記事がアップされた際には
感想などいただけると嬉しいです。

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。