闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

映画『MIB3』

 人気シリーズ10年ぶりの続編。たぶん正式タイトルは『メン・イン・ブラック3』なんだけど、あえて『MIB3』で統一してみる。
Men in Black 3Men in Black 3
Soundtrack

Sony Classics 2012-05-29
売り上げランキング : 2291

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 銀河系刑務所から脱獄したボグロダイト星人のボリスが、かつて自分を逮捕したエージェント・Kへの復讐のため地球へやって来る。ボリスは再会したKに対し「お前は過去で既に死んでいる。」と告げる。ボリスと会った翌日、MIB本部を訪れたKの相棒のJは、Kが40年前にボグロダイト星人に殺された世界になっている事を知って驚く。Kを救うには過去に戻り、ボリスを倒すしかない。タイムスリップしたJは、若き日のKと共にボリス撃退の為に戦う。

 映画『MIB3』公式サイト
 
 前作から10年もたってるというのは驚きですが、言われてみれば二作目の内容を半分ぐらい覚えていません。いや三分の二かな。ヒット作の続編はコケるという定説を踏襲してしまった感があって、がっかりした覚えがあります。そして10年の時を経て作られた新作。これが思った以上、良い作品でした。

 いくら大ヒットシリーズとはいえ、「分かってるでしょ」と言わんばかりの序盤の展開はいただけないですが、Jが過去にタイムスリップしてからの展開やストーリーは素晴らしかった。じつはそれほど派手なシーンは多くないんだけど、時に露骨に、時にさりげなく散りばめられた笑いに、要所要所でのギアを切り替えるように挟みこまれるアクション、魅力的なキャラクターと意外性のある結末。Jと若き日のKが徐々に固い絆で結ばれていく過程は一作目も髣髴とさせ、見ごたえがあります。
 基本は馬鹿馬鹿しいギャグコメディでありながら、社会や人生にたいして見逃せないメッセージが随所に表現されています。そのメッセージそのものよりも、その表現方法に感動する。五次元の存在で、未来のあらゆる可能性を同時並行的に体感できるグリフィンというエイリアンが、JとKに未来を見せるスタジアムのシーンは素晴らしいです。彼はその後のシーンでもストーリーを動かす重要な役割を演じており、しかもそれが後のJとKの人生にも大きな影響を与えます。最後にはJの意外な過去が明らかになり、時空を超えたドラマに思わず感動。

 ところで、いまこれを書きながらAKB48選抜総選挙開票イベントのTV中継を見てるんですが、それを見ながら、人生では、〈事実〉より〈フィクション〉のほうが大事なんだな、と感じていました。恋愛や結婚は〈愛〉というフィクションを信じることで成り立っている、というような話を読んだことがあったので。それを言うならアイドルの人気も、アイドルとファンの間に〈愛〉があると信じることもフィクションだし、努力が必ず報われるのも、夢を叶えられるのもフィクション。もとをただせば、たぶん資本主義経済を動かす〈マネー〉の存在そのものもフィクションでしょう。いまやマネーは紙切れですらなく、ディスプレイ上に表示されるただの数字なのに。
 もはや人間社会は〈フィクション〉を〈真実〉と読み替えることで成り立っているのだなぁ。つまり〈真実〉と〈事実〉はイコールではなく、〈フィクション〉の裏側には常に〈真実〉が貼り付いている。
 何が言いたいのかというと、この『MIB3』はフィクションだけど、優れたフィクションはくだらない事実より価値がある、ということ。「どんな可能性も、確定するまではすべて真実だ」というグリフィンの台詞と、「努力は報われるということを人生をもって証明します」といった高橋みなみの台詞に、無視できない共通性を感じてしまったという話。うん、いつもながら、無理やりだ。
メン・イン・ブラック ツインパック(初回生産限定) [Blu-ray]メン・イン・ブラック ツインパック(初回生産限定) [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2012-04-25
売り上げランキング : 1437

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ワイルド・ワイルド・ウエスト 特別版 [DVD]ワイルド・ワイルド・ウエスト 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-06-15
売り上げランキング : 24498

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

追跡者 特別版 [DVD]追跡者 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-10-05
売り上げランキング : 22033

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:洋画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(2)|trackback(11)|外国映画|2012-06-06_22:10|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 『MIB3』 感想
メン・イン・ブラック ツインパック(初回生産限定) [Blu-ray]ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2012-04-25売り上げランキング : 2520Amazonで詳しく見る by G-Tools ----あらすじ----- 銀河...
まとめtyaiました【映画『MIB3』】
 人気シリーズ10年ぶりの続編。たぶん正式タイトルは『メン・イン・ブラック3』なんだけど、あえて『MIB3』で統一してみる。Men in Black 3Soundtrack Sony Classics 2012-05-29売り上げランキング : 2291Amazonで詳しく見る by G-Tools 銀河系刑務所から脱獄したボグ?...
メン・イン・ブラック3
かなりのなりきりKのジョシュ・ブローリン 【Story】 秘密組織MIB所属のエージェントJ(ウィル・スミス)とK(トミー・リー・ジョーンズ)。長年コンビだが今回のKの単独捜査に疑問をいだいたJは問い...
メン・イン・ブラック3
【MEN IN BLACK III】 2012/05/25公開 アメリカ 108分監督:バリー・ソネンフェルド出演:ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、エマ・トンプソン、ジェマイン・クレメント、マイケル・スタールバーグ ヤツらはタイムスリップで地球を守る...
メン・イン・ブラック3/Men in Black III
地球にいるエイリアンの監視を任務にする政府の極秘機関“MIB”のエージェントたちがエイリアン相手に奮闘する姿を描いたSFコメディシリーズの第3弾。出演はお馴染みのウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズ。それに今回は若かりしエージェントKとしてジョシュ...
映画「MIB3/メン・イン・ブラック3」感想
映画「MIB3/メン・イン・ブラック3」観に行ってきました。ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのコンビが主演を担うSFアクションコメディシリーズ第3弾。1作目が1...
映画:メン・イン・ブラック3
 前作から10年。劇場で見た人は少ないかも知れないけれどテレビの力は偉大だね。3作目がこんなに人気作品になるとは思わなかった…。と言うわけで5月に見たメン・イン・ブラック3の記事です。
映画『MIB3(メン・イン・ブラック3)3D』を観て
12-45.MIB3(メン・イン・ブラック3)3D■原題:Men In Black 3■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:105分■字幕:戸田奈津子■観賞日:6月1日、TOHOシネマズ渋谷 □監督:バリー・ソネンフェルド◆ウィル・スミス(エージェントJ)◆トミー・リー・ジ?...
メン・イン・ブラック3
MEN IN BLACK III/12年/米/108分/SFアクション・コメディ/劇場公開(2012/05/25) −監督− バリー・ソネンフェルド −製作総指揮− スティーヴン・スピルバーグ −出演− *ウィ...
メン・イン・ブラック3
トミー・リー・ジョーンズの若い頃を演じるジョシュ・ブローリンが全然違和感ないわ。キャスト決めた人いい仕事しましたな〜。 エージェント“J"と“K"のコンビは今日も奇
メン・イン・ブラック3 (Men in Black 3)
監督 バリー・ソネンフェルド 主演 ウィル・スミス 2012年 アメリカ/アラブ首長国連邦映画 106分 SF 採点★★★ “地球に潜入している宇宙人”っていうと、真っ先に浮かぶ

コメントの投稿

非公開コメント

グリフィンの存在
彼の存在はこの映画を語る上で欠く事は出来ませんね。故郷を滅ぼされ、見たくない未来も見てしまう能力を持った、決してギャクキャラと位置付けるには遠い存在ですが、終盤にかけてJを勇気づけるシーンな
どは、不確実なもの、低確率なものを信じる〈フィクション〉の力を感じます。


最近48グループの中で「努力が報われるとは思えない」と言って辞めていった娘がいます。あれだけの人数ですから、光が当たっていると言えるのはせいぜい全体の20%程度。それでも信じてやり続けるというのも、一種の才能であり、信じる事で夢見た未来を引き寄せるのは、一つの才覚かもしれません。
信じることから〈物語〉がはじまる。
>>峰川幸介三世さま。
コメントありがとう。
記事では、もしかしたら僕がたかみなのスピーチにけちをつけているように誤解されるかも、と心配していたのですが、正しく読み取ってくれてサンキュー。

「努力が必ず報われる」のは、たぶん事実ではないでしょう。だけど、事実と真実は違う。〈真実〉とは、信じる心が紡ぎだす〈物語〉。
「努力が報われるとは思えない」と言って辞めていった娘は、今後の人生で何を信じるのでしょうね。何も信じられなければ、きっと貧しくつまらない〈物語〉でしょう。豊かな〈物語〉を紡ぐために、人生には豊かな〈フィクション=真実〉が必要なんですね。

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。