闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ルパン三世マガジン'12夏

 ルパマガ最新号。『峰不二子という女』も終わって、何をテーマに描くんだろうなと思っていたら、ちょいと予想外の作品が掲載されていましたよ。
ルパン三世officialマガジン'12夏 (アクションコミックス(COINSアクションオリジナル))ルパン三世officialマガジン'12夏 (アクションコミックス(COINSアクションオリジナル))
モンキー・パンチ

双葉社 2012-07-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 TVスペシャルがない夏にももうだいぶ慣れてきて、その慣れてきたことに寂しさを覚えたりする今日この頃。『峰不二子という女』がどれくらい話題になったのか、どれ程の視聴者を獲得したのかもよくわからないし、そんな中でこのルパマガは、ファンにとっては数少ないよりどころであるわけで。
 そして今号のルパマガの特徴は、読み切りではない作品が二つも収録されていること。しかも一つは『血の刻印~永遠のmermaid』のコミカライズで、もう一つは山上正月作『ルパン三世Y』の書き下ろし。ここ一年ぐらい、山上氏は隔号掲載だったけど、続きものを書き始めたとなると、毎号連載になるんでしょうか。

 ルパン三世オフィシャルサイト『ルパン三世NETWORK』
 
 「血の刻印~永遠のmermaid(前編)」(早川ナオヤ)…昨年12月に放送されたTVスペシャルのコミカライズ。毎度のことながら、コミック用に再構成されることで、完成度が上がってる。アニメでは余分にしか思えなかったマキの回想シーンも、今回のコミック版では、マキとミサの深い絆を表現する、効果的なシーンになっているように思えます。今回の〈前編〉は、氷室の自宅からミサが救出され、ミサとマキが再会を果たしたところで終了。これはたぶんアニメにはなかった展開ですね。後編ではどのような展開が待っているのか。アニメ版の欠点を補完するような出来になっていればいいのだけれど。

 「クイズショー」(深山雪男)…ひょんなトラブルが原因で片田舎のガソリンスタンドを破壊してしまったルパンたち。借金を抱え、唯一の財産であるガソリンスタンドも失ってしまったオーナーのジョンは、一攫千金を狙えるクイズショーへの出場権を盗むよう、ルパンたちに要求するが……。
 最近の『ルパン三世M』は、ルパンたちの本来のお仕事が置き去りにされている感があります。今回の話も、一応盗みは働いているのですが、ストーリーはその仕事ぶりをではなく、ルパンたちと関わったことで気弱な青年が体験する激動の数日間を描いていて、盗みに関してはオマケ程度の扱いでしかない。ルパンたちと出会うことで誰かが救われたり、誰かの未来が拓けるといった“いい話”的なのが嫌いなわけじゃないんだけど、そればっかりだと飽きるよね。もっと盗みに特化するとか、ルパンたちと悪役の対決をきっちり描くとか、そういう話がそろそろ欲しいです。

 「秘密」(岡田鯛)…超能力者の橘育郎と、彼のインチキを暴こうとする大学教授の安藤洋二。二人がインターネット放送で生対決をしていた最中、安藤がルパン三世と思しき人物に射殺される。捜査にあたった銭形は、安藤殺害に使用された拳銃がワルサーP-38ではなかったことから、ルパン以外の人間の犯行を疑う。
 超能力者の犯罪、というと『古畑任三郎』でもあったなぁ。彼らの能力はニセモノで、だけど彼らは「子どものころは本当に能力があった」と言い張るというのも同じ。『相棒』でもありましたね。今回の犯人は己の力のなさを認められず、過去の栄光に固執したことから犯罪者へと堕ちてしまいましたが、そんな犯人に対して最後に銭形が見せた表情からは、誇り高い生き様というものについて、考えさせられます。

 「11章第7節のエレベーター(その1)」(山上正月)…南アフリカの政府系施設に侵入したルパンと次元は、地震のような揺れを感じた直後から、お互いの話している言葉が理解できなくなるという不可思議な体験をする。その数日後、アフリカ各地で動物と会話ができるようになったという奇妙な噂が広がり……。
 今号でもっとも予想外だった作品。タイトルに付された(その1)という言葉からは、少なくとも前・後編で終わる話じゃないと受け取れるし、しかも過去の作品に登場した某キャラクターがまさかの再登場を果たしています。タイトルにある「11章第7節」というのは、旧約聖書の「創世記」で、有名な「バベルの塔」の神話の、神によって人々の言葉が通じなくさせられてしまうくだりが描かれている部分だそうです。まだストーリーのほんのさわりしか触れられていないので、今後どのように展開していくかわかりませんが、こういう哲学的なテーマを扱うのは山上氏の得意とするところで、過去にも傑作をいくつもモノにしていますから、非常に期待できます。

 珍しくも続き物が二作も収録された今号のルパマガ。特に山上正月氏の意欲的な作品への挑戦は刺激的です。次号が出るのが待ち遠しいというのは、ここしばらくは感じていなかった感覚。TVのほうはもう期待できないかもしれないけど、コミックは楽しませて欲しいなぁ。
LUPIN the Third 峰不二子という女 BD-BOX [Blu-ray]LUPIN the Third 峰不二子という女 BD-BOX [Blu-ray]
小池健

バップ 2012-09-19
売り上げランキング : 595

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ルパン三世 テレビスペシャル LUPIN THE BOX~TV スペシャルBDコレクション~ [Blu-ray]ルパン三世 テレビスペシャル LUPIN THE BOX~TV スペシャルBDコレクション~ [Blu-ray]

バップ 2010-03-17
売り上げランキング : 23650

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ルパン三世Y新(1) (アクションコミックス)ルパン三世Y新(1) (アクションコミックス)
画:山上 正月・作:モンキー・パンチ

双葉社 2010-11-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:アニメ・コミック
Genre:アニメ・コミック

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|ルパン三世|2012-08-31_04:27|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。