闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

映画『アウトレイジ ビヨンド』

 北野武監督による、壮絶暴力抗争ムービー第二弾。「全員悪人 完結」と謳われていますが、すでに第三作の噂も囁かれていますし、完結しそうな気配はないですね。
映画 アウトレイジビヨンド オリジナル・サウンドトラック映画 アウトレイジビヨンド オリジナル・サウンドトラック
サントラ 鈴木慶一

ドリーミュージック 2012-09-26
売り上げランキング : 15408

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 5年前、組織内抗争の末に先代会長が殺され、跡を継いだ加藤会長のもとで勢力を拡大した関東最大の暴力団・山王会。今やヤクザの世界はおろか、政界にまで影響を及ぼす巨大権力である。大きくなりすぎたヤクザ組織を苦々しく思う警察は、山王会への締め付けを強めようとしていた。マル暴担当刑事の片岡は、現体制に不満を抱く山王会の古参幹部たちをたきつけ、山王会と関西最大の暴力組織・花菱会が対立するように仕向ける。一方その頃、5年前の抗争で逮捕されていた元山王会傘下大友組組長・大友が仮出所を迎える。大友は刑務所内で刺し殺されたと言われていたのだが……。山王会、花菱会、そして大友、三者のもとを行き来する片岡の狙いとは?そして再びヤクザの世界に戻ってきた大友は、巨大組織に対しどう出るのか?

 映画『アウトレイジ ビヨンド』公式サイト
 
 前作は小さな暴力団同士の小さな抗争に端を発した報復合戦が、次第に上部団体である山王会を巻き込み、最終的に会長の殺害という大事件に至る話でしたが、今回は巨大組織の内部崩壊と、それを加速させるべく策を巡らすマル暴刑事の話。一応、クレジット上の主役はビートたけし=大友ですが、作中の出番の多さでは、小日向文世演じる刑事片岡が実質的な主役と言っていいぐらいの存在感を見せています。前作では大学の先輩である大友に笑顔でへつらうばかりでしたが、前作の終盤で本性を見せ(?)、今作では腹黒い策士振りを存分に発揮しています。さらに今回、片岡には部下も出来ていて。松重豊演じる部下と意見が対立しながらも、ヤクザ壊滅を目論み縦横に動き回る片岡。彼が迎える意外な結末にも注目です。

 前作はどぎつい暴力描写が満載でしたが、今回、そこは少し控えめ。人は前作以上にたくさん死にますが、表現として、どぎついのは減っています。そのぶん、痛々しいのが苦手な人でも、前作よりだいぶ見やすくなっています。

 前作以上に濃ゆい悪人ヅラが顔をそろえたキャスト陣。その中でもやはり見所は、予告編でも使われている、大友と花菱会幹部との面会シーンでしょう。西田敏行と塩見三省演じる花菱会幹部二人が恐すぎ。善良なイメージのある西田敏行が悪人を演じたことが話題ですが、個人的には塩見三省という役者さんが結構好き。この人は顔が恐いので恐い役のイメージがありますが、じつは優しいおじさん的な役をやっても非常に上手いんです。でも今回は、そんないい人の顔を1ミクロンも見せることはなく、大友と壮絶な罵り合い繰り広げる。このシーンは必見です。

 そんなこんなで、今回も大量の死人を出しながら完結した『アウトレイジ ビヨンド』。監督が「エンターテインメントに徹した」というだけあって、興行的にも上々の滑り出しを見せているようです。噂どおり次回作があるとすれば、今度はどんな抗争が繰り広げられるのか。今から楽しみですね。
アウトレイジ [Blu-ray]アウトレイジ [Blu-ray]

バンダイビジュアル 2010-12-03
売り上げランキング : 284

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BROTHER [DVD]BROTHER [DVD]

バンダイビジュアル 2007-10-26
売り上げランキング : 1237

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ソナチネ [DVD]ソナチネ [DVD]

バンダイビジュアル 2007-10-26
売り上げランキング : 1012

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:日本映画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|日本映画|2012-10-23_03:32|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。