闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ルパン三世マガジン'12秋

 TVスペシャル『ルパン三世 東方見聞録~アナザーページ~』の放送直前に発売された最新ルパマガ。ルパン生誕45周年ということで、原作者のインタビューなど載ってます。
ルパン三世 東方見聞録 〜アナザーページ〜 オリジナル・サウンドトラック 「ANOTHER PAGE」ルパン三世 東方見聞録 〜アナザーページ〜 オリジナル・サウンドトラック 「ANOTHER PAGE」
Yuji Ohno & Lupintic Five with Friends 井上陽介(b) 和泉聡志(g) 大野雄二(p) 松島啓之(tp) 江藤良人(ds) 鈴木央紹(sax)

バップ 2012-10-31
売り上げランキング : 2331

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 掲載コミックは『血の刻印』コミカライズに『ルパン三世M』『ルパンチック』『警部銭形』書き下ろし、モンキー・パンチの原作コミック再録など。『ルパン三世Y』はやっぱり隔号掲載らしくて今号は収録されなかったけど、注目すべきはtogekinoko氏による「三本足の予告状」。“新鋭作家衝撃デビュー!!”と謳われているのですが、togekinoko氏によるルパン作品が今後も続けて掲載されるのかという点も気になります。今後の動きに注目ですね。

 ルパン三世公式サイト『ルパン三世NETWORK』
 
 「血の刻印~永遠のmermaid~(後編)」(早川ナオヤ)…内容はおおよそTVスペシャルと変わらないですが、氷室の用心棒、景浦のキャラクターがわずかに掘り下げられてる。たぶんアニメでは普通の日本刀使いだったと思うのですが、こちらのコミックでは「ムチのようにしなる特殊な剣を自在に操る」(by次元)二刀流の達人ということに。それ以外は特に印象に残ることはないかなぁ。

 「死刑執行人に降る雪」(深山雪男)…ある街で、犯罪者ばかりが立て続けに殺される。犯人は死刑執行人と呼ばれ、悪人を粛清しているとして市民から英雄視されるが、旧知の泥棒を殺された次元にはそれが面白くない。銃の腕においては次元ともいい勝負というその泥棒を、銃を抜く暇も与えず射殺した犯人とは誰なのか……?
 最近の『ルパン三世M』はルパンたちの本来のお仕事がおざなりにされていると前号の感想で書いたところ、まさかそれを作者や編集者が読んだわけでもないのでしょうが、今回はルパンと凶悪な犯罪者のハードな対決を描いてくれました。車椅子の凄腕暗殺者、死刑執行人のキャラクター造形がいいです。彼を操る立場の男の人物像や、ふたりの関係性をもう少し掘り下げてくれればなお良かったけど、ページ数が少ないから無理な相談か。

 「三本足の予告状」(togekinoko)…ある古い日本家屋。庭を臨む縁側に座っているのはルパン三世と銭形警部だ。二人は昔話に興じた後、今も心に影を落とす「あの日」の話を始める……。
 今号における最注目作品。年老いたルパンと銭形が、過去のある事件の裏事情を語るという筋立てだけでも面白いですが、次第に二人が置かれている“いま”の状況もわかってくる更生が秀逸。最後の方、ルパンの性格がちょっとイヤラシイ感じなのが不満ですが、じゅうぶん面白い。早川氏や深山氏、山上氏らとはまた違った絵のタッチも個性的でありつつ、ルパン三世という世界観に良く合っている気がして、好印象。次号以降も、掲載が続けられることを期待します。

 「子連れダイスケ?」(サダタロー)…アジトの前に置き去りにされていた捨て子の面倒を見るハメになった次元。なんでもその捨て子の父親と次元が似ているらしく、やけになつかれてしまい閉口するが、ある日その子が宿敵ネズミ一族に誘拐されて……。
 『ルパンチック』の感想を書くのは初めてですね。何号か前から、四コマ漫画だったのをショートストーリーにバージョンアップさせましたが、基本ギャグ漫画というのは変わっていません。しかし今号はストーリー的にもかなりしっかりしていて、ギャグ要素を刈り込んで画風や演出を変えれば、通常の『ルパン三世』シリーズの一作として普通に通用しそうです。子どもなどおよそ似合わない次元が、すっかりいい父ちゃんになっているのところが見所。クライマックスの五ェ門、ルパン、不二子とのチームによるトリックプレイも必見です。

 「フウテン探偵」(モンキー・パンチ)…Kマシンという機械を開発した琵琶瀬博士のもとにルパン三世からの予告状が届く。困った博士は、たまたま村内に滞在していた銭形警部に警備を要請する……。
 これはモーリス・ルブランの作品の焼き直しですね。江戸川乱歩も『怪人二十面相』で同じ様な話を書いていますが。ただ、同じアイディアでもモンキー・パンチの手にかかると、すっかりアダルトな漫画になります。話の内容自体は特にコメントすることもないですが、先行作品と読み比べてみるのも面白いと思います。

 以上、今号の感想でした。何度も言うようですが、togekinoko氏の作品には注目です。そして今号は掲載されなかった山上正月氏の「11章第7節のエレベーター」。次号で掲載されるとしても4ヶ月も間が空いてしまいまうのが気がかりですが、前号の「(その1)」では話のさわりだけだったので、この後どのような展開になるのか楽しみです。『ルパン三世M』も今回のような路線を継続してくれると嬉しいな。
ルパンしゃんしぇい [DVD]ルパンしゃんしぇい [DVD]
FROGMAN

バップ 2012-12-19
売り上げランキング : 1500

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ルパン三世 東方見聞録~アナザーページ~ [DVD]ルパン三世 東方見聞録~アナザーページ~ [DVD]

バップ 2013-02-20
売り上げランキング : 2068

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ルパン三世 血の刻印 永遠のmermaid [DVD]ルパン三世 血の刻印 永遠のmermaid [DVD]
モンキー・パンチ

バップ 2012-02-22
売り上げランキング : 16664

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:アニメ
Genre:アニメ・コミック

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|ルパン三世|2012-11-19_00:38|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。