闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

映画『ルーパー』

 ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット競演のSFサスペンス。タイムマシンで未来から送られてくる人物を現代で始末する「ルーパー」と呼ばれる殺し屋。しかし送られてきたのが未来の自分だったとしたら……?
LOOPER/ルーパー  映画パンフレット 監督 ライアン・ジョンソン キャスト ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、エミリー・ブラントLOOPER/ルーパー 映画パンフレット 監督 ライアン・ジョンソン キャスト ブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、エミリー・ブラント

GAGA
売り上げランキング : 15593

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 2044年現在。ジョーは「ルーパー」と呼ばれる殺し屋の一人だ。「ルーパー」とは、30年後の犯罪組織によって現代に転送されてくる人物を始末し、報酬を得る専門の殺し屋のことをいう。タイムトラベルは30年後には実用化されるが、一般の利用は法律によって禁止されており、犯罪組織によって悪用されていたのだ。ある日、仲間のルーパーであるセスが「助けてくれ」とジョーの部屋に駆け込んでくる。標的を取り逃がしたのだが、その標的はなんと、30年後の自分だったのだという。セスによれば、“レインメーカー”と呼ばれる未来の犯罪王が、30年後に生きている元ルーパーたちをすべて始末しようとしているらしい。それから数日後。ジョーもまた、30年後の自分と対面することになる。彼の目的は、未来で自分の妻を殺した“レインメーカー”を現代に遡って抹殺すること。“レインメーカー”とは誰なのか?そして現代の自分と未来の自分の対決の結末は?

 映画『ルーパー』公式サイト
 
 とかく「傑作!」とか「衝撃のラスト!」と煽られている作品。ブルース・ウィリス主演ということから、アクション作品かと思いましたが、実際はサスペンスよりの映画で、アクションの印象はそれほどないです。近未来SFではありますが、2044年の風景は現代とさほど変わらず、目を見張る大型セットやすごいCGシーンもない。思った以上に大作感を感じない作品だったと思います。

 30年後から送られてきた人物を始末して報酬をもらう「ルーパー」についての設定はなかなかよく考えられてると思います。未来では死体の処分ができない、現代に送ってしまえば処分する必要がなく、現代においては存在しない人間なので捜索されることもない。これはよくできている。
 「ルーパー」の報酬は標的と共に送られてくる銀の延べ棒。しかし、標的が30年後の自分である場合、これが金の延べ棒に変わる。未来の自分を殺すのと引き換えに、多額の報酬と“30年間の無事”を得るというわけだ。この部分は、よくできていると言っていいのか、微妙なところです。自分に自分を殺させる必要性があるのか。自分であるからこそ殺すことにためらいが生まれ、標的に逃げられたりしているわけで。別の「ルーパー」に殺させたほうが簡単なんじゃないのという気もしますね。

 未来の犯罪王“レインメーカー”が、かつての「ルーパー」たちを次々に抹殺しようとしているという設定なのですが、その理由や目的は一切明かされません。そもそも“レインメーカー”はその存在だけが噂される謎の人物で、その素顔も素性も、誰も知らない。手がかりは生年月日と生まれた病院だけ。同日に生まれた子どもが3人いて、その誰かが未来の“レインメーカー”だということになるわけですが、いくら将来は極悪人といっても、2044年現在ではまだ10歳の子どもを殺害するというのは、あまり気分のいい話ではありません。しかも30年後のジョーが“レインメーカー”を殺すのは、あくまで「妻を殺された復讐」という超個人的な動機によるもの。人類VS機械軍の戦争という大きな背景があった『ターミネーター』シリーズと比べると、取るに足らない話のように感じてしまいます。
 「衝撃のラスト!」と煽られている結末も、個人的には拍子抜けでした。もっと他の落としどころがありそうな気もするし、むしろあれしか落としどころがないのだとしたら、そもそもこのストーリーには無理があったということになるんじゃないか。いわゆる〈親殺しのパラドックス〉と真正面からぶつかるストーリーである以上、じつはあの結末も完全な解じゃない。だから映画でも、未来は変わるのか、変わらないのかという部分に関して、微妙に含みを残して終わっています。劇中でブルース・ウィリスも言っているけれど、タイムトラベルはややこしいんですよね。

 現在のジョーの行動が未来のジョーの記憶を上書きする描写など、所々は「上手く作っているなぁ」と感心するのですが、トータルとしてみるとストーリーは無理気味だし、アクションも地味、SF作品らしい未来感もほとんど感じず、なんだか食い足りない映画でした。ブルース・ウィリスとジョセフ・ゴードン=レヴィットも、二人並ぶと頭蓋骨の大きさが違いすぎて、同一人物には到底見えず。そんな辺りも無理気味な映画だったなぁ。
インセプション [DVD]インセプション [DVD]
クリストファー・ノーラン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-07-20
売り上げランキング : 3588

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サロゲート [Blu-ray]サロゲート [Blu-ray]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 2011-08-03
売り上げランキング : 35946

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ターミネーター スペシャル・ブルーレイBOX(3枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]ターミネーター スペシャル・ブルーレイBOX(3枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2012-12-19
売り上げランキング : 8177

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:洋画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|外国映画|2013-01-19_00:47|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。