闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ZONE・長瀬実夕 契約解除(2/18 加筆)

 タイトルの件について、割りと長い記事を書いていたんだけど、操作ミスで全部消えてしまって、完全に意気消沈してしまった。改めて書く気力はない。

 ただ、僕は一昨年の8月15日の感動を忘れてはいない。それだけは書いておきます。
 彼女の歌声が消えてしまわぬように。

 ZONE所属事務所オフィシャルサイト
 


 ショッキングな〈急告〉から少し日が経って、わずかながら、そしてその多くが裏づけの不確かなものながらも、いくらか情報が出てきました。いわく「犯罪や違法行為に手を染めている可能性は、事務所が全面否定」しており、契約解除の主たる理由は「裏営業」、つまり事務所を通さない個人営業をMIYUが繰り返し行っていたからではないかということ。真偽のほどは判りませんが、ぶっちゃけ個人的には、犯罪や違法行為に手を染めていないというのが本当なら、あとのことはどうでもいいです。というのも、僕はかなり以前から、ZONEの所属事務所であるRunTime Music Entertainmentに対して不信感を持っているから。

 話は一昨年の秋に遡ります。ZONE再結成の参加メンバーであったTOMOKAこと西村朝香が、突如として芸能界引退を発表しました。理由は体調不良。「なんで?」と思いました。体調不良なので休みます、というなら解る。休養して、体調が回復したら活動を再開すればいい。なのに、なぜいきなり「引退」なのか?体調不良そのものが、なにかもっと別な事情を隠すためのウソではとも想像しましたが、引退発表よりも前に、TwitterでTOMOKA自身が体調の優れない旨を述べていました。そのツイート自体が捏造だという可能性もゼロではありませんが、そこまで疑っていたらキリがない。だから、体調が悪いというのは真実だと思われました。一時的な休養ではなく、いきなり引退を選ばなければならないぐらいだから、少し大げさだけど命に関わるような重病、もしくは現代の医療では治療できないような難病なのか。いずれにしても、ファンなら非常に心配になる事態です。ですが、TOMOKAの体調について、事務所サイドからの詳しい説明は一切なかった。そのことが、僕に事務所への大きな不信感を抱かせる直接的なきっかけです。

 翻って今回の件。事務所側は「著しい不品行」等、MIYU自身の行動や態度に問題があったと主張しています。たしかに、MIYUが品行方正な優等生だったとは思わない。過去の言動やエピソードを見ても、かなり繊細で過敏な性格の持ち主だと想像できるから、マネジメントする側にとっては扱いにくい人物なのは確かだろうし、R&Bやクラブミュージック好きという嗜好も加味すると、彼女がクラブ関係の人脈から、犯罪者や犯罪行為に関わる危険地帯に足を踏み入れていたとしても不思議はない。だから、クビにされるに足る問題行動がMIYU自身にあったという事務所側の言い分を全面否定する気は、少なくとも現時点の僕は持っていません。
 ただ、仮にそうだとしても、今回の件に対する一連の事務所の対応は、あまりにもファンのほうを向いてない。 MIYUとは連絡が取れないということですが、どこで何をしているかも把握していないのだとしたら、クビ宣告なんかしてるより、行方を捜すほうが先でしょう。それもせずに契約解除の文面を一方的に突き付け、詳しい事態の経緯を一切明かさず、発表の翌日にはMIYUのブログアカウントも削除してしまった。ブログのコメント欄は、今回の件で戸惑い、MIYUを心配するファンの声だけでなく、そのずっと以前からの、ZONEの再結成を喜ぶ声やCD発売を祝う声、MIYUの誕生日やZONEのデビュー記念日に対する祝福メッセージなど、ファンのMIYUに対する様々な思いが集積された場所だった。それを事前告知も何もなく、いきなり全削除なんてあんまりだ。

 実際にMIYUがどんな「不品行」を行ったのかはわからないけれど、マネジメントがこんな有様では、繊細な彼女の心を支えきれなかったのも無理はないと思います。思えばかつての人気絶頂期、初代リーダーだったTAKAYOが本人の強い意志で脱退を表明したときから、事務所とメンバーとの間の静かな不協和音はずっと響いていたのかもしれない。「自分たちの領域を拡大していこう」と願いをこめて名づけられたという「ZONE」ですが、その領域は不安定で儚くて、ついには消滅してしまった。ファンという以前に同世代人として、その領域の片隅に自分の居場所があると思っていた僕としては、ただただ残念で、悲しいです。

 クビという憂き目にあったMIYUが今後どうするのかわかりませんし、事務所に残ったMAIKOにとってもいい影響があるとは到底思えない今回の出来事。ただひとつ、一ファンとして言えるのは、僕はこれからも彼女たちを支持していくということだけです。
 「僕たちはきっといつか 約束の場所でまた会える」
 彼女たちが歌を、そしてファンを愛し続けるなら、きっとまた。そう信じよう。
treasure of the heart~キミとボクの奇跡~(初回生産限定盤)(DVD付)treasure of the heart~キミとボクの奇跡~(初回生産限定盤)(DVD付)
ZONE

SMR 2012-06-06
売り上げランキング : 23979

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「10年後の8月・・・」ZONE復活しまっSHOW!!~同窓会だよ全員集合!~ [Blu-ray]「10年後の8月・・・」ZONE復活しまっSHOW!!~同窓会だよ全員集合!~ [Blu-ray]

SMR(SME)(D) 2011-12-21
売り上げランキング : 46813

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ZONE7年振りツアー「2人になりましたけど…NANIKA?」 [Blu-ray]ZONE7年振りツアー「2人になりましたけど…NANIKA?」 [Blu-ray]

SMR(SME)(D) 2012-10-10
売り上げランキング : 5887

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:女性アーティスト
Genre:音楽

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(1)|アイドル|2013-02-14_01:02|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ZONE 長瀬実夕、事務所契約解除
ZONEの長瀬実夕が事務所から契約を解除されたらしい。復活シングルを発売した割に次の活動の情報がないなと思っていたんだけど、こういう事情もあったのね。シングルが大して売れな

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。