闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

小説『『瑠璃城』殺人事件』北山猛邦

 『『クロック城』殺人事件』でデビューした北山猛邦氏の『城』シリーズ第二弾。中世フランス、第一次大戦中のドイツ、二十世紀末の日本。時空を超えた事件と、それらを繋ぐ短剣に秘められた謎とは。
『瑠璃城』殺人事件 (講談社文庫)『瑠璃城』殺人事件 (講談社文庫)
北山 猛邦

講談社 2008-03-14
売り上げランキング : 364929

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 1989年、日本。1243年、フランス。1916年、ドイツ――時代と国を超えて繰り返される密室殺人。図書館で胸を貫かれた女性、城から忽然と消えた6人の騎士、戦地で消えた4人の遺体。それらに隠れた、ある男女の恋の運命。不可能犯罪も輪廻転生したのか?切ない思いと仰天トリックが全編彩る本格ミステリ。(文庫裏表紙より)

 北山猛邦オフィシャルブログ『終末観測所』
 


 面白いです。でも、正直なところ〈推理小説〉として読むことはできませんでした。

 輪廻転生と、時空を超えて繰り返される男女の悲恋をテーマにした物語は、お話としては大変面白く、文章も上手いので読ませるのですが、その“生まれ変わり”を巡る不思議が大きく目を惹きすぎて、〈推理小説〉本来の殺人事件の謎解きが目立たなくなり、“謎”の主眼がどこにあるのかよくわからなくなっています。じつは作中では不可能犯罪が5件ぐらい描かれているのだけれど、そんなに謎があるような気がしない。謎解きもあっさりしているので、例えば有栖川有栖作品や法月綸太郎作品のように、表に見えていた事件の姿が探偵の長口舌によって次々と覆されていくようなカタルシスはありません。
 また、前作『『クロック城』殺人事件』では、SF・ファンタジー的なガジェットはあくまでストーリーの大枠に留まっており、事件や謎解きそのものとは切り離されていましたが、本作は事件とSF要素との境目が曖昧に感じられる部分があり、そういう部分も、本書を〈推理小説〉として楽しむ上でのネックになっていると思います。

 そんなふうに、推理小説として読むことは難しい作品ですが、一種のファンタジー小説として読めば、時空を行き来しながら三人の男女の愛憎が絡まりあう複雑な物語は興味深く、時間の流れの意味を考えさせられるような設定もあって、SFらしい感じです。結末は爽やかなハッピーエンドなので、ドラマチックな恋愛小説としても楽しめるのではないでしょうか。
 個人的には『クロック城』の方が好みですが、北山氏の、作品世界を作り上げる力は本作でも強く感じることが出来ました。一作ごとに、強固に築き上げられた世界観の中で、大掛かりな物理トリックと叙情的なストーリーを同時に味わうことが出来る北山作品。他の作品も読みたくなりますね。
アルファベット荘事件 (白泉社My文庫)アルファベット荘事件 (白泉社My文庫)
北山 猛邦 古張 乃莉

白泉社 2002-07
売り上げランキング : 41615

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

少年検閲官 (ミステリ・フロンティア)少年検閲官 (ミステリ・フロンティア)
北山 猛邦

東京創元社 2007-01-30
売り上げランキング : 65169

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『ギロチン城』殺人事件 (講談社文庫)『ギロチン城』殺人事件 (講談社文庫)
北山 猛邦

講談社 2009-03-13
売り上げランキング : 278052

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:推理小説・ミステリー
Genre:本・雑誌

HP Directplus オンラインストア
comments(2)|trackback(1)|読書|2013-02-24_22:19|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北山猛邦 『瑠璃城殺人事件』 感想
『瑠璃城』殺人事件 (講談社文庫)北山 猛邦 講談社 2008-03-14売り上げランキング : 73484Amazonで詳しく見る by G-Tools ----あらすじ---- 西暦1243年のフランス、城から六人の騎士が姿を消

コメントの投稿

非公開コメント

不思議世界が強い
クロック城の感覚で読むとちょっと戸惑うでしょう?tamacatさんも書かれている通り、推理小説と言うより叙情小説、恋愛小説をファンタジーの中で描いた作品という印象が強く、不可能状況を押し出している割にはトリックの重要性は低いかな。でもキャラクター描写がしっかりしているので、お話としての魅力は十分ですよね。こういう作家さんは、推理物に拘らなくても他ジャンルにも進出出来そう。
ラノベっぽい?
>>峰川幸介三世さま。
毎度どうも。
逆にこの作者がミステリに拘ってるのが不思議なほどですね。世界観とか、キャラの造形とかネーミングとかは、なんとなくラノベっぽいかなという感じがします。
個人的には『クロック城』の世界観や設定は、同一世界で色んな話が作れそうに思ったし、深騎と奈美のコンビも魅力的だったので、続編とか作って欲しいんですけどね。

でも、逆にこの作者がリアルな設定で、ごく普通の現代劇の小説を書いたら、それはそれで面白くなりそう。もしあったら、読んでみたいですね。

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。