闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ルパン三世マガジン'13春

 ルパマガ'13春号。またモタモタしていたら、発売から一ヶ月以上過ぎちゃった。
ルパン三世officialマガジン'13春 (アクションコミックス(COINSアクションオリジナル))ルパン三世officialマガジン'13春 (アクションコミックス(COINSアクションオリジナル))
モンキー・パンチ

双葉社 2013-04-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 前号辺りから掲載コミックがドンと増えて盛りだくさんになった感のあるルパマガ。今号も早川ナオヤ・深山雪男・山上正月・馬場民雄・togekinoko・岡田鯛・サダタロー・内山りょーま・絹山サメハル各氏のコミック&四コマが収録。従来隔号連載だった『ルパン三世Y』が二号続けて掲載されていたり、togekinoko氏は完全にレギュラーになったようだし、もしかしたら馬場民雄氏ももうレギュラー扱いかもしれないなど、アニメの迷走感とはウラハラに、コミックサイドは大いに勢いがあります。それはいいこと、なのかな?まあ、悪いことじゃないな。
 


 「五ェ門の弟子」(馬場民雄)…ある夜、暴漢に襲われる女性を助けた五ェ門は、下見に訪れたマフィア所有のビルで、その女性・マリアと再会する。マリアは麻薬に手を出し亡くなった親友の敵をとるため、マフィアの情報を警察に流しているというが……。
 巻末の読者コーナーの記述を読むまで気づきませんでしたが、前号の「次元と不二子 二人で留守番」の裏ストーリーです。いや、むしろ今回の方がルパンの出番も多いし、盗みの計画立案→下見→実行という手順がきちんと描かれているから、メインはこちらで前号の話が裏と捉えるべきかな。馬場氏の作品はいつもそうですが、本当にルパン三世が好きという感じがする。他の作者の作品は、それぞれの作者の色を出すためにルパン三世というシリーズの枠組みなりキャラクターなりを借りている、へんな言い方をするとルパン三世を出汁にしているという感じがあるけど、馬場氏の作品はそういう感じが一切ない。TVアニメの延長線上から少しもぶれることがない位置に、馬場氏の描くルパンはある。そこにルパンファンとして好印象を強く持っている。今回も、そのままTVアニメになりそうな話で、爽やかな結末にちょっと感動しました。

 「春の嵐」(深山雪男)…南北戦争の軍資金が埋蔵されているという山中に下見にやってきた次元は、地元の男たちの襲撃を受ける。ウェンディという少女に助けられた次元だったが、右手を骨折した上、お宝の手がかりも得られない……。
 ほぼ全編、次元だけが奮闘する話。なんとなくの印象ですが、深山作品はレギュラーのうちの“誰か一人”にスポットを当てる話が多い気がします。アメリカの田舎を舞台に、閉鎖的な住民とよそ者である次元の戦いに、次元とヒロインのほのかな恋を絡めたストーリーは、ちょっと昔のアメリカ映画で観たような感じですが、宝探し要素もあって最後はハッピーエンド。とても好感の持てる話でした。

 「五ェ門参上」…植物館に展示されている「鋼の花」という希少植物を盗むため、五ェ門の協力を仰いだルパン。しかし情報の出所が不二子だと知った五ェ門には断られ、次元までも「目が覚めた」と言って仕事を下りる始末。仕方なく一人で盗みに入ったルパンだったが……。
 togekinoko氏の第3弾。きっとこの作者は、1stルパンが好きなんだろうな。1stシリーズの「13代目五ェ門登場」を見ている人ならニヤリとする会話を、ルパンと次元がしています。前号のときも書いたけど、ストーリーは「新ルパン」っぽいけど、キャラクター同士の関係性は「旧ルパン」、つまり1stルパンっぽい。今回はルパンと五ェ門の距離感にそれが現れています。最後のオチも含めて、この1stルパンと2ndルパンの中間のようなこのシリーズならではの展開が楽しめる。『ルパン三世』の可能性をさらに広げてくれそうなtogekinoko氏の作品、今後も注目したいです。

 「11章第7節のエレベーター(その3)」…人と会話が出来なくなったり、動物の言葉が聞こえるなど、世界中でコミュニケーションにまつわる不可解な事件が発生。調査を始めたルパンのもとに、かつてルパンたちにお宝を盗まれた中川グループ総帥・ショコ☆ラが現れる。そのころ、ルパンたちがいるビルの高層階ではファッションショーが開かれていた。その会場にやってきた銭形は、不審な男たちの姿とそこに仕掛けられた爆弾を目にする……!
 (その3)まできても、話の全貌がまだ見えない。正直、これほどまでの大スケールのお話になるとは思っていませんでした。とはいえ、不安はあまりない。これも前に書いたことだけど、山上正月氏はこの手の哲学的ともいえるテーマの扱いが非常に上手く、僕はそんな山上氏の作家としての実力をかなり信頼しているからです。今までずっと隔号連載だった同氏の作品が、ここに来て二号続けて掲載されているのは、さすがに各号では時間がかかりすぎて終らないからでしょうか。だとすると、この作品はまだかなり先がある?いずれにせよ、この先にどのような展開が待っているのか、非常に楽しみです。

 その他、『ルパン三世H』『警部銭形』『ルパンチック』『不二子に○○させてみた』『ゆルパン』が掲載されている今号のルパマガ。『H』は1stシリーズ「脱獄のチャンスは一度」のコミカライズです。前号からスタートした新四コマも、まだまだネタは続きそうで一安心。『ルパンチック』も面白かったし、『警部銭形』はとっつぁんの相棒・一里塚君をフィーチャーしたストーリーで新味を出しました。
 次号の発売は7月末。以前だったらその時期はTVスペシャルの時期で、ルパマガもそれに連動した作品を掲載したりしたものでしたが、もう夏にルパンをやらなくなってからだいぶ経ってますから、ルパマガはいつもどおり、でしょうね。いつもどおり面白い作品を、沢山掲載してくれれば、文句はありません。
ルパン三世H 大泥棒VS女怪盗 (アクションコミックス)ルパン三世H 大泥棒VS女怪盗 (アクションコミックス)
モンキー・パンチ 早川 ナオヤ

双葉社 2013-05-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ルパン三世Y 不二子になろうとした怪人 (アクションコミックス(COINSアクションオリジナル))ルパン三世Y 不二子になろうとした怪人 (アクションコミックス(COINSアクションオリジナル))
モンキー・パンチ 山上 正月

双葉社 2013-05-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ルパン三世M Neo相棒編 (アクションコミックス)ルパン三世M Neo相棒編 (アクションコミックス)
モンキー・パンチ 深山 雪男

双葉社 2012-11-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:アニメ・コミック
Genre:アニメ・コミック

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|ルパン三世|2013-06-27_04:38|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。