闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ルパン三世マガジン’13夏

 たぶんもうすぐ秋号が出る頃だと思うんですが、夏号の感想を書きます。blogの更新自体がなかなかできていないので、今さら感満載なのはご容赦ください。
ルパン三世officialマガジン'13夏 (ア クションコミックス(COINSアクションオリジナル)) ルパン三世officialマガジン'13夏 (アクションコ ミックス(COINSアクションオリジナル))
モンキー・パンチ:トムス・エンタテインメント

双葉社 2013-07-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 前々号ぐらいから急に連載陣がふえたり、隔号だった山上正月氏が続けて連載されたりと盛り沢山だったルパマガですが、今号は深山雪男氏がお休み。創刊以来ずっとメインコンテンツだった『ルパン三世M』の休載というのは予想しておらず、やや心配なところではあります。ですがその他の連載陣はいつも通り、今号もルパン三世の面白い漫画がたっぷりです。

 ルパン三世NETWORK
 


 「毒蛇の牙は雨に閃く」(星和弥)…三軒の剣術道場が立て続けに襲われ、多数の死者が出た。現場には〈五ェ門参上〉の血文字が。捜査に当たるツナデ警部と部下の高杉は、容疑者・石川五ェ門の行方を追うが……。
 五ェ門主役編。さっきまで一作限りのゲスト作家だと思ってたんですが、改めて見てみると「一ノ語」と書かれているので、どうやら『十三代目石川五ェ門』という新シリーズのスタートらしい。と、すると、女刑事ツナデはレギュラーキャラになるのだろうか?ツナデと高杉のコンビは『名探偵コナン』の佐藤刑事と高木刑事のコンビをちょっぴり髣髴とさせます。しかし五ェ門主役編というのはけっこう新味が作りにくくて、ワンパターンに陥ってしまいそう。実際この話も、過去のアニメなんかで見たような話の焼き直しっぽいもんなぁ。

 「犯罪帝国の財宝」(馬場民雄)…カリブ海の小国を実質支配する麻薬王ロドリゲス。その莫大な財宝を狙って組織に潜入したルパンは、かつて自分を嵌めた男・ヨーゼフが、組織の警備隊長を務めていることを知る。
 前々号前号の話を、ルパン視点で描いた作品。少し『ワルサーP38』っぽい、ルパンが過去の因縁にハードなやり方で決着を付けるストーリー。しかし過去にルパンの恨みを買っていたとはいえ、ヨーゼフが迎える結末は、ボスのロドリゲス夫妻が知らぬが仏的に何にも傷ついていないのと比べたらちょっと可哀想。どっちも極悪人という点じゃ、五十歩百歩だろうに。それにしても、三号続けて、同じ話を別視点から描くという馬場氏のチャレンジには感心しますね。全部面白いし。

 「ギリギリジョーカー」(togekinoko)…カジノで謎の女とのポーカー勝負に敗れたルパン。女は香りで人を狂わせる殺し屋・シガレットだった。幻覚作用のある香りを嗅がされ戦闘力を削がれたルパンたちは窮地に陥るが……。
 ハイ、もうすっかりおなじみの『ルパン三世T』(←勝手に命名)です。今回は第一回作品「三本足の予告状」以来となるレギュラーキャラクターそろい踏みで、さらに超キケンで魅惑的な悪役キャラも登場。しかも従来のこのシリーズでは、何でもお見通しでいつも余裕を見せていたルパンが、初めて完全な窮地に立たされる。togekinoko氏の描く“追い詰められたルパン”がまた格好いいのだ。最後の一発逆転のカタルシスも上々で、ルパン好きな人にはたまらない作品じゃなかろうか。togekinoko氏は間違いなく、ルパンシリーズの新たな可能性の扉を開いた。この功績は讃えられるべきですよ。

 「11章第7節のエレベーター(その4)」(山上正月)…サハラ砂漠にある宇宙エレベーターを占拠したテロリスト集団「117」の犯行声明映像に、世界で頻発するコミュニケーションにまつわる不可解な事件の鍵を握っていると思われた科学者ランドレッツが映りこんでいることに気づいたルパンは、宇宙エレベーターに乗り込むと宣言するが……。
 ルパンが五ェ門に招集を掛けたってことは、クライマックスの二歩手前、ぐらいだろうか?いやいや、まだもっと色々あるのかな。テロリスト「117」の狙いや一連の不可解な出来事の関連が少ーしずつ見えてきたところ。旧約聖書の有名な一説をモチーフにした壮大な物語が、これからどのように展開し、収束していくのかはまだまだ予断を許しません。そんな壮大なテーマ性にも注目ですが、一方でショコ☆ラのエロエロコスチュームにまつわるルパン・次元・ショコ☆ラのコミカルなやり取りも必見。



 その他にも『ルパン三世H』『警部銭形』『ルパンチック』『不二子に○○させてみた』『ゆルパン』といつもどおりの連載陣。となるとやっぱり、『ルパン三世M』が休載したのが気になるなぁ。
 たぶん次号は、公開間近に迫った劇場版『ルパン三世VS名探偵コナン』の話や、11月に放送されるらしい新作TVスペシャルの情報なんかが出るでしょう。どっちもさほど興味を感じないんだけど。
 正直、もうアニメには期待してないから、マンガで楽しませて欲しいなーってことで、この『ルパマガ』、僕にとっては命綱みたいになってます。次号も楽しみにしてるぜ。



ルパン三世 princess of the breeze~隠された空中都市~オリジナル・サウンドトラック PRINCESS OF THE BREEZEルパン三世 princess of the breeze~隠された空中都市~オリジナル・サウンドトラック PRINCESS OF THE BREEZE
Yuji Ohno & Lupintic Five with Friends

バップ 2013-11-13
売り上げランキング : 8657

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ルパン三世Y新(1) (アクションコミックス)ルパン三世Y新(1) (アクションコミックス)
画:山上 正月・作:モンキー・パンチ

双葉社 2010-11-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Equal[通常盤]Equal[通常盤]
NIKIIE

日本コロムビア 2013-01-29
売り上げランキング : 40635

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:アニメ・コミック
Genre:アニメ・コミック

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|ルパン三世|2013-10-15_18:03|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。