闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ドラマ『相棒 Season12』元日スペシャル―ボマー―

 2013年暮れ。警視庁管内の交番が何者かに爆破される事件が発生。ちょうど健康診断を受けるため近所の病院にいた享が様子を見に行くと、現場の方から靴を履かずに駆けてくる少年を目にする。気になった享が後を追うと、少年は体に巻きつけきつけられた爆弾を見せる。それは交番を爆破したものの10倍の威力があるとも。さらに、少年は首にぶら下げたスマートフォンを通じて「JB」と名乗る男に監視されていた。享はJBに脅迫され、やむなく少年と行動を共にするようになる。
 その頃、右京は独自の聞き込みで、爆破された交番付近で靴を履いていない不審な少年がいたことをつかむ。ほどなく交番爆破事件の捜査本部に、事件に使用された爆弾が通称Jボマーと呼ばれる爆弾づくりのプロが作ったものだという情報が公安部外事3課からもたらされた。そしてそのJボマーが現れるという情報があった産業センタービルに捜査員たちが張り込むと、問題の少年と行動を共にする享が現れた。享が何か事件に巻き込まれていると察した右京は独自の捜査で事件の背後に迫っていく。はたしてJBの真の狙いとは?そして少年と享が事件に巻き込まれた理由は?

 テレビ朝日『相棒 Season12』公式サイト
 


 もはやすっかり、お正月の風物詩となった感のある『相棒』元日スペシャル。今年も脚本を担当したのは太田愛氏、これで3年連続。だけど一昨年・昨年と比べると、今年の出来はイマイチ……だったかな。

 話の展開がいささかご都合主義的すぎる、というのがまず気になる。右京と享、直接の連絡が取れない中でどう意思疎通をするかという点に知恵を絞ったのは分かるんだけど、冬の最中にサンダル履き→これはカイト君からのメッセージだ、という連想はいくらなんでも無理くりだろ、と思います。終盤の“大胆不敵な計画”も、右京と享の信頼関係がベースにあるとはいえ、かなり綱渡り的な展開。どこか一点でも狂っていれば危うかったはずで、その辺もご都合主義に見えてしまいました。
 また、どういう動機であれ、犯人の行動が飛躍しすぎでは?と思ったところもあります。そもそも冒頭の交番爆破は、JBの正体とその目的を考えればやりすぎ。本物の爆弾の威力を印象付けるためとはいえ、人通りもある場所で、犠牲者が出ないという保証はないのだから。あるいは、少年と享を抹殺しようとする犯人も、そこまでやるかなという気がします。そこまでして隠蔽するようなものなのかとも思うし、またそれが組織全体の意思ならまだしも、黒幕の個人的な事情が大きい問題のために、仮にも警察官である実行犯役が、自らの手を汚してまで協力するかというのも気になります。実行犯役の人となりや警察内での立場がもう少し描かれていれば違った印象になるのでしょうが、その辺りの描写がないのでどうしても無理のある印象になってしまいます。登場人物の心の機微を丁寧に繊細に描いていくことに定評のある太田脚本にしては珍しく、人物の内面描写が物足りない話でした。
 以上のような点に加えて、2時間40分という尺も長すぎたように思います。もう少しギュッと凝縮した方が、テンポや緊張感が出たのではないでしょうか。

 などと苦言も呈しましたが、それでもアクションあり、サスペンスありの娯楽性の高さに加えて、右京と黒幕の正義感が対立する終盤の取り調べシーンなども考えさせられるものがあり、TVドラマとしてはまずまず及第点の出来ではないでしょうか。『相棒』のスペシャルというとどうしてもハードルが上がりすぎるきらいがありますが、実際問題、そうそう毎回、傑作は作れませんから。
 さて、シーズン12も折り返し。今シーズンは概ね出来が良いと思っているのですが、シーズン後半もその勢いを持続して、春公開の映画に繋げていってほしいですね。
相棒season12 オリジナルサウンドトラック (2枚組ALBUM)相棒season12 オリジナルサウンドトラック (2枚組ALBUM)
池 頼広

HATS UNLIMITED 2013-10-29
売り上げランキング : 11889

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- <通常版> [Blu-ray]相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- <通常版> [Blu-ray]

ジェネオン・ユニバーサル 2011-08-03
売り上げランキング : 994

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒シリーズ X DAY [Blu-ray]相棒シリーズ X DAY [Blu-ray]

Happinet(SB)(D) 2013-11-02
売り上げランキング : 1231

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:相棒
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(3)|相棒|2014-01-02_16:24|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒 season12 元日スペシャル「ボマー」★ラスボス・中村橋之助は中二病!?
相棒season12 第10話元日スペシャル 「ボマー〜狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!」 2時間半の長丁場。 複数の事件が結びついて行く様を精緻に書き込むつもりが、結果的に雑多に詰め込みすぎることになった? ”ひねり”をきかせるつもりが、回りくどくなった?? なんか今回の『元日スペシャル』はそんな感じがしました。 −◆− 11時を過ぎてからは、事件の全容を解き...
テレビドラマ 『相棒12 ボマー』
相棒 season 11 ブルーレイBOX (6枚組) [Blu-ray]ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-10-16売り上げランキング : 21019Amazonで詳しく見る by G-Tools ----あらすじ---- 2013年年末、東京都内の派出所が突如爆発する。同時刻、近くの病院に健康診断を受けに来ていた享は、路上で怪しい行動を取る少年を目撃する。...
相棒12第10話(1.1)
新年明けましておめでとうございます 今年も自分のペースでちょくちょくブログを更新していきたいと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。 皆様にとって、僕自身にとって、2014年がよい年でありますように で、2014年初っ端の感想は、すっかり元日恒例となっている『相棒』、 『ボマー 狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!』 脚本:太田愛 監督:和泉聖治 交番が爆破される現場に居合わせた甲斐...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。