闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ドラマ『金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件』

 山田涼介扮する金田一一が、一年ぶりに帰ってきました。マレーシアのジャングルの中にある合宿所を舞台に、稀代の天才犯罪者が仕掛けた連続殺人。金田一一と高遠遙一が初対決!
金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件(上) (講談社コミックス―SHONEN MAGAZINE COMICS (3755巻))金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件(上) (講談社コミックス―SHONEN MAGAZINE COMICS (3755巻))
さとう ふみや 天樹 征丸

講談社 2006-11-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 留年の危機にあるはじめは、美雪に誘われ、スパルタ教育で知られる獄門予備校の夏合宿に参加することに。去年もその合宿に参加したという後輩の佐木も加え、合宿の説明会を訪れたはじめたちは、そこで予備校の生徒・茂呂井が死んでいるのを発見。警察の検証とはじめの推理により、茂呂井は何者かに毒殺されたことがわかる。こんな事件が起きても合宿は予定通り行われることに不満を漏らすはじめの前に、去年はじめたちが香港で巻き込まれた事件で知り合った、インターポールのリー・バイロン刑事が現れる。近年、世界各国で幾つもの事件を起こし、香港の事件でも裏で糸を引いていた“地獄の傀儡師”という人物がいて、その計画を暴いたはじめに挑戦を挑んできたという。はじめは“地獄の傀儡師”の犯罪を阻止するべく、合宿が行われるマレーシアへ向かう。
 合宿地に着いたはじめたちは、文型・理系が別々の建物に分かれ、それぞれが行動を徹底的に管理された中で勉強漬けの生活を送ることになる。初日は何事もなく過ぎたが、二日目、四人もの生徒が立て続けに行方をくらまし、その晩、死体となって発見された。四人が消えたのはいずれも授業中で、他の生徒や教師には全員アリバイがある。四人を殺したのは誰なのか?天才犯罪プロデューサー“地獄の傀儡師”の仕組んだ犯罪計画を、はじめは暴くことが出来るのか?

 日本テレビ『金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件』公式サイト
 


 一年ぶりに帰ってきた金田一少年ドラマ。金田一一=山田涼介、七瀬美雪=川口春奈というキャスティングは個人的にものすごく気に入っていて、前作の感想でもシリーズ化を熱望する意見を書いたので、続編が出来たことは嬉しいです。ただ一年に一本じゃ物足りない。キャストの年齢的なものを考えても高校生が主役のドラマは作れる時間が限られてくるし、かといってこれで終ったんじゃ何のために高遠を出したのか分からない。ぜひ連続ドラマにして欲しいなあと思います。

 ドラマとしてもミステリとしても、前作よりはだいぶクオリティが上がったと思えるのも喜ばしかった点です。前作では不自然なぐらいだった「死体を映さない」カメラワークも本作では改善されてたし、アリバイトリックも想像の斜め上を行くようなもので、前作の平凡なトリックよりもずっと良かったと思います。陰湿ないじめを背景とした事件の動機部分も、前作のそれと比べるとリアリティがありますし、リー刑事の吹き替えは相変わらずだったけれど、本作ではリー刑事以外にも吹き替えのキャストが複数いたので、上手く紛れたというか、前作ほど興ざめする感じはありませんでした。

 ただ、前作と変わっていない欠点もあります。事件の謎を解くための手がかりが、視聴者に分かるように示されていない点、解決シーンでのトリックの説明もいまひとつ明快ではない点などは、前作でも指摘しましたが、本作でも相変わらずでした。とくに本作の場合、ロッジの名前を誤認させる看板と照明のトリックは説明不足でしょう。照明と看板、両方が合わさってのトリックなのに、ドラマでは照明のことしか説明してないですから。
 また、アジア各国のTV局と共同制作して、キャストにも台湾や韓国の俳優を出演させなければいけないというのはドラマ作りの上ではどうしても障害になります。本作でも、獄門予備校の本校が台湾にあるという設定ですが、だからといってなぜ、台湾の生徒と日本の生徒が同じ教室で、同じ内容の授業を受けているのか。そもそも言語が違うのに。そういうものだと割り切ってしまえば、そこまでドラマの展開に支障があるわけでもない設定ですが、普通の感覚ではやはり、完全に無視するのは難しいぐらいの大きな違和感ですよね。そういう違和感が、ドラマの完成度や視聴者の満足度にマイナスに作用するんだとしたら、そんなもったいない話はないわけで。年一のスペシャルドラマだから共同制作なんて話になるんだろうし、これは連ドラ化してしまえば解決する問題な気がするんだけどなぁ。

 それから、本作で登場した金田一少年の宿敵“地獄の傀儡師”高遠遙一にも触れておきましょう。コミック版では『魔術列車殺人事件』で初登場し、その犯罪をはじめに暴かれた後に逃亡、殺人トリックメーカーに転身してはじめの前に立ちはだかりますが、本ドラマではすでに犯罪プロデューサーとして世界各国で暗躍しており、前作の香港九龍城事件で初めて、その犯罪計画を破られたことで金田一一を知ったという設定。今回はじめの前に姿をあらわし、数々の挑発的な言動を見せる高遠。「けっして交わることのない平行線」という言葉は、コミック版でも高遠がはじめに投げかけた言葉で、二人の敵対関係がこれからも続いていくことを暗示しています。
 高遠を演じていたのは成宮寛貴ですが、つい三日前には正義感の強い熱血刑事を演じているのを見ているので、その残像が多少チラついたのと、あと彼は松本潤が金田一を演じたドラマに出演している(『黒死蝶殺人事件』)ことが少し気になったのですが、高遠の強い自意識とエレガントな美意識を表現するという点では、はまり役ではないでしょうか。

 前作に比べると、はじめと美雪、それに佐木も加えた“いつものメンバー”の絆が強く感じられたのが本作のいちばん良かった点かもしれません。山田涼介と川口春奈のはじめ&美雪コンビはやっぱり魅力的。せっかく高遠遙一という宿敵も参上したわけだし、このシリーズ、もっともっと続けて欲しいですね。
金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [DVD]金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [DVD]

バップ 2013-03-12
売り上げランキング : 417

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

金田一少年の事件簿 VOL.3 [DVD]金田一少年の事件簿 VOL.3 [DVD]
天樹征丸

バップ 2001-12-21
売り上げランキング : 6640

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

川口春奈 2014年 カレンダー ([カレンダー])川口春奈 2014年 カレンダー ([カレンダー])
佐藤 裕之

ワニブックス 2013-10-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:テレビドラマ
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(2)|trackback(2)|ドラマ|2014-01-05_04:09|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テレビドラマ 『金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件』
金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 [Blu-ray]バップ 2014-03-26売り上げランキング : 79Amazonで詳しく見る by G-Tools ----あらすじ---- 成績が悪く、進級が危ぶまれる一を心配した美雪は、獄門塾という特別合宿に一を参加させる事にする。獄門予備校を訪れた一達は、到着早々、指先から血を流す遺体と遭遇する。推理で犯人の仕掛け...
金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件★地獄の傀儡師=カイト君!?
金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件 さすがに2時間半ドラマ--『相棒』『眠りの森』『鍵のかかった部屋』--を3日も観ると、もはや長時間ドラマに飽き飽きしてきたので、まじめにじっくり見る精神力が消失・・・。 だから、何となく感じた感想を適当に・・・。 −◆− 良かった点は、良い悪いは別にして、常に何かが起きたり、登場人物に動きがあったりして2時間以上のドラマがずっと動き続けてい...

コメントの投稿

非公開コメント

やはり良かった
ども。
前作より今作の方が面白かったのは、原作の勝利ではあるだろうね。原作が良かった。tamacatさんも指摘している通り、映像化にあたって、説明不足が発生しているのが欠点ですが。

共同制作という壁は厄介だけど、何とか連ドラ化、実現して欲しい。三枚目であり時折カッコイイ山田金田一と、まだまだキャラが眠っている川口七瀬、相棒とのギャップが良い成宮高遠。どれも連ドラ化して更に磨きがかかりそう。原作も多分連ドラ1クール分くらいは新たに出ているので、待望の待望だ。
裏番組がTRICKだった。
>>峰川幸介三世さま。
コメントサンキュ。

原作は確実に読んでいたはずなのに、内容ほとんど覚えてなくて、ドラマの中盤でぼんやりとトリックだけ思い出したという次第。
実現性は疑問符だけど、とっぴな発想と手の込みようは金田一少年らしくて、ちゃんと説明してくれれば、いいトリックだと思います。雪夜叉伝説の氷の橋みたいに、映像に説得力が欲しい。

原作はいつの間にか結構出てるようですね。高遠を出したからには、シリーズは続けないわけにはいかないし、ぜひ連ドラ化してほしいです。

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。