闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

映画『永遠の0』

 ベストセラー作家・百田尚樹氏のデビュー作を山崎貴監督、岡田准一主演で映画化。抜群の飛行技術を持ちながら、「帝國海軍一の臆病者」と揶揄されたゼ零戦パイロット。特攻に散った祖父の足跡を追った青年がたどり着いた、戦時下を生きた人たちの物語とは。
永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
百田 尚樹

講談社 2009-07-15
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 2004年、夏。司法浪人の佐伯健太郎は、祖母・松乃の葬儀の日に意外な事実を知る。祖母は再婚で、自分には現在の祖父・賢一郎とは別に、血縁上の祖父がいるというのだ。その祖父の名は、宮部久蔵。しかし久蔵がどんな人だったかについては、戦時中、特攻で亡くなったということ以外、よく解らなかった。健太郎は久蔵のことを調べるため、フリーライターの姉とともにかつての戦友のもとを訪ねていく。しかし彼らの口から聞かされたのは、抜群の飛行技術を持ちながら生き残ることに執着し、乱戦になると必ず戦場から離脱することから「海軍一の臆病者」と呼ばれていたという久蔵の評判だった。予想もしなかった悪評に落ち込み、久蔵のことを調べるのはやめようと思った健太郎だったが、最後のつもりで会いに行った井崎という男の話から、から思いがけない祖父の気持ちと本当の姿を知ることになる。

 映画『永遠の0』公式サイト
 
 原作者が変な意味で有名になっちゃって、この素晴らしい映画にミソが付いてしまった感じがしないでもない。それでも本作は戦争の悲惨さや救いのなさを描きながら、エンターテインメントとして高いレベルを達成している、素晴らしい映画です。

 劇中で描かれる主人公・宮部久蔵の足跡は、意外と長い期間に渡っていて、いちばん初めは太平洋戦争開戦の前まで遡ります。現代パートで孫の健太郎に、最初の印象的な話をする井崎という男は、このころ久蔵と出会い、そして真珠湾攻撃、そしてミッドウェー海戦、ガダルカナル島の陥落ぐらいまでを、直属の部下としてともに過ごします。真珠湾直後のシーンでは、作戦成功に歓声を上げて喜ぶ他の兵たちを横目に「敵の空母を叩けなければ成功とはいえない」と冷静に語る久蔵。このシーン一つとっても、久蔵が非常に聡明な人物であったことがわかります。
 その後、内地に戻った久蔵は予備士官の飛行訓練の教官となり、さらにその後は特攻隊の見送り役のような役目を負ったりします。戦況が悪化し、国家が徐々に追い詰められていくなかで、軍人である久蔵もまた追い詰められていく。映画後半では、完全に生気をなくし、廃人のような目になった久蔵が、しかし特攻に出ると決めたときには、すべてが吹っ切れたような清々しい顔つきで零戦に乗り込んでいく。このとき、久蔵の心に、どんな思いがあったのか。じつは映画を見ていても、僕にはよく解りませんでした。でも、解らなくていいんだろうと僕は思います。きっと、簡単に解るような気持ちじゃない。家族への思い、死んでいった仲間たちへの思い、そして、未来に託した思い……。言葉では言い尽くせない思いがあったはずです。

 幾人もの人々の回想によって、宮部久蔵という男のあらゆる側面が描かれ、それによって久蔵という男の核心部分が徐々に浮かび上がってきます。この、他人の目を通して主人公の実像を浮かび上がらせていくという見せ方は、作品のテーマを効果的に表現するために相当計算されて作り上げられていると思うので、その計算ずくの人物配置や語りの構造といった部分に、まず感心します。
 この映画が戦争を美化しているというような批判が一部であるようですが、そんなことはない、と言っておきましょう。意外と戦闘シーンなどは少なく、人が死ぬシーンもほとんどないので戦争の“悲惨さ”はあまり強調されていませんが、一方で戦争を賛美するようなシーンや台詞も、一切ないと言っていい。なので、前述の批判派まったく的外れ、ですね。
 祖父の足跡を追った健太郎が最後にたどり着いた、ある事実。こういうことが、当時実際に起こり得たかということは判りかねますが、〈戦争を生き延びた人〉の物語を、こういう形で描いたというところが、原作者・百田尚樹氏の優れた発想だと思います。戦争の物語をエンターテインメントとして昇華させつつ、戦争を〈生き延びること〉の重さ、凄さみたいなものを強く印象付ける。すべての事実を知った健太郎たちに今の祖父・賢一郎が言う「あの時代、こんな物語が日本中にあった」という台詞が象徴的です。

 ラストの特攻シーンはちょっとカッコよすぎじゃないかという気もしますが、それでも単機、敵艦に向かっていく零戦と宮部久蔵の雄姿には、胸が熱くなる。永遠の0。宮部久蔵の心が、この映画を見たすべての人に、いやきっと、すべての日本人の胸に息づいている。そんな気にさせるラストシーンでした。
永遠の0 : 1 (アクションコミックス)永遠の0 : 1 (アクションコミックス)
百田 尚樹 須本 壮一

双葉社 2010-07-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ピースとハイライト(通常盤)ピースとハイライト(通常盤)
サザンオールスターズ

ビクターエンタテインメント株式会社 2013-08-06
売り上げランキング : 82

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

永遠の0 オリジナルサウンドトラック永遠の0 オリジナルサウンドトラック
佐藤直紀

ビクターエンタテインメント 2013-12-17
売り上げランキング : 314

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:日本映画
Genre:映画

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|日本映画|2015-07-31_22:17|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。