闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ドラマ『星新一ミステリーSP』

 日本のSF小説界の重鎮にして「ショートショートの神様」と呼ばれた星新一。じつに1001編にも及ぶ星作品の中から、選りすぐりの5編を映像化したオムニバスドラマ。
きまぐれロボット (角川文庫)きまぐれロボット (角川文庫)
星 新一

角川書店 2006-01-25
売り上げランキング : 471

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 フジテレビによる星新一作品の映像化は、従来も『世にも奇妙な物語』などで散発的には行われてきました。それが今回、星作品のドラマだけを集めたオムニバスを放送するということで、星ファンとしては注目してみたのですが、オープニングを見た瞬間、ふと「フジテレビは『奇妙』をやめるつもりなのかなあ?」と思ってしまいました。『奇妙』で描くのと似たようなSFや不条理系のサスペンスorミステリーを題材にしたオムニバスドラマをあえて放送する意味と、『笑っていいとも!』が終ろうとしていることを合わせて考えると、なんだか疑いたくなっちゃいますね。

 フジテレビ『星新一ミステリーSP』公式サイト
 星新一公式サイト
 
 以下、各話の感想。


 「程度の問題」…これは原作を読んだことがあります。この原作にとっては、放送尺が25分というのは長いんでしょうね。ドラマは25分持たせるために原作を無理やり装飾して大きく見せていたので、もともと原作が持っていたシンプルさが失われていたように思います。主人公のエヌ氏は“用心深すぎて何も出来ない”という設定なのだけれど、ハニートラップのくだりからは話の趣旨がずれてしまった感がありましたね。ラストのオチも、用心深すぎて失敗したエヌ氏との対比が面白いはずなんですが、あまり上手く伝わらなかった気がします。

 「きまぐれロボット」…これの原作は本のタイトルにもなっている作品なので、星新一のショートショートのなかでもかなり有名なほうだと思いますが、このドラマ版は、星さんが観たら怒るんじゃないの?という気がしましたね。ロボットが「きまぐれ」である理由が原作と違っているし、そもそも「きまぐれ」に見えない。彼女が問題行動をとるのにはちゃんと理由も目的もあるし、しかもそのスイッチが入るきっかけすらも、視聴者に簡単に見えてしまう。「きまぐれロボット」というタイトルじゃなければ短編SFドラマとしてまあまあ面白いかもしれませんが、星新一原作の「きまぐれロボット」を名乗るなら、やっぱり星さんは怒るんじゃないかなあ。

 「霧の星で」…これは原作を知りませんが、たぶん原作にかなり忠実なんじゃないかな?星作品らしい展開を見せる話だったと思います。ただ、男が生きて地球に帰るよりも、彼女と二人きりの世界を選ぶに至った、その気持ちの動きが、短いドラマの中で充分に伝わりきらなかったのでは、と感じます。それでも、今回の5作品のなかではいちばん星作品らしさが出ていて、いいドラマ化だったのではないでしょうか。

 「七人の犯罪者」…懲役刑の執行を猶予する代わりに、二年以内に七人の犯罪者の逮捕に貢献しなければならないという責務を負った男の話。これも原作は知りませんが……。うーん、そもそも主人公は冤罪なんだよなあ?そのことが引っかかってしまって、いまいち話に入り込めませんでした。オチも無理やり感があって、作品のテーマとか、面白ポイントがよく判らなかったなあ。

 「華やかな三つの願い」…三つの願いというと、アラジンの魔法のランプを元ネタにしたショートショートがありますし、悪魔や死神との取引という話もショートショートではよくあるシチュエーションなので、設定に新鮮味はないです。話の展開も、良くも悪くも予定調和で先が読めるのですが、結末はなかなか意外。ただ、悪魔的にあの結末は大丈夫なのかがちょっと気になりますが。華やかな成功が幸せとは限らない、むしろ慎ましい普通の暮らしこそが幸せなんだというメッセージは、まあありがちですけど、超短期間で大スターになった壇蜜に演じられると、妙な説得力がありますね。


 以上5編でした。
 個人的には、原作を知ってる話が2編、知らないのが3編ですが、知っている話は知っている話で、原作の良さが生かされていないのが気になるし、知らない話も、そんなにものすごく面白いという感じは、正直しませんでした。豪華キャストで作ったスペシャルドラマにしては、残念な感じです。NHKの『星新一ショートショート』の方が、星作品のよさを生かした作品が多かった気がします。
 1001篇の星作品の中には、まだまだ面白い話があります。NHKのシリーズはかなりの数作られましたから、フジテレビも負けずに続けて欲しいですね。とはいえ、今軽く『ボッコちゃん』を読み直して見ましたが、星作品を25分のドラマにするのは、大変そう。長く出来る話を探すところから始めないとね。
星新一 ショートショート 1 [DVD]星新一 ショートショート 1 [DVD]

Happinet(SB)(D) 2012-06-01
売り上げランキング : 5416

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ボッコちゃん (新潮文庫)ボッコちゃん (新潮文庫)
星 新一

新潮社 1971-05-27
売り上げランキング : 183

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

おーいでてこーい ショートショート傑作選 (講談社青い鳥文庫)おーいでてこーい ショートショート傑作選 (講談社青い鳥文庫)
星 新一 加藤 まさし 秋山 匡

講談社 2001-03-15
売り上げランキング : 1054

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:テレビドラマ
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(3)|ドラマ|2014-02-16_03:37|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『星新一ミステリーSP』★NHKの方が面白かった
ショートショート(掌編小説)の神様でSF作家・星新一の原作によるオムニバス『星新一ミステリーSP』を視聴しました。 小生が星新一を呼んだのは10代の頃だから 30年以上経っちまって原作の記憶が蒸発してるんだけど、『星新一ミステリーSP』は星新一らしさが希薄で、残念なことに結構な間延び感が・・・。 かつて放送されたNHK『星新一ショートショート』では10分で3編を取り上げていたから...
テレビドラマ 『星新一ミステリーSP』
きまぐれロボット (角川文庫)星 新一 角川書店 2006-01-25売り上げランキング : 694Amazonで詳しく見る by G-Tools ----あらすじ---- ショートショートという極短物語を1001作生み出したSF作家・星新一。そんな膨大な作品の中から選ばれた五作。スパイ、ロボット、異星、犯罪者、。全く異なる人物と設定が紡ぎ出す物語。時代を経て尚...
土曜プレミアム「星新一ミステリーSP」
星新一は原作が好きなので、旬の俳優さんを迎えての映像化に、大いに興味を持ってたのですが意欲とチャレンジ精神は大いに歓迎だけど、個人的には、原作の短くて深くてキレのいい、名人芸みたいな作品が好きだったのでした。どことな~く「世にも奇妙な物語」っぽいティストに感じてしまったのは、私だけ?!順番に…『程度の問題』 岡田将生、菜々緒『きまぐれロボット』 小日向文世 川平慈英『霧の星で』 佐々木希 マ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。