闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ドラマ『相棒 Season12』第16回―聞きすぎた男―

 高性能の盗聴探知器を開発した研究者の小曾根。高級住宅地で探知機のテストをしていると、女性の悲鳴が耳に飛び込んできた。どうやら女性の夫が亡くなったらしい。しばらくすると女性の知り合いと思しき男性がやってくるが、警察に通報しようとする男性に対して、女性は「解剖されたら絶対見つかっちゃうじゃない」と、警察への通報を頑なに拒否する。怪しく思った小曾根は、盗聴電波の発信源が「鍵谷」という表札の家だと突き止め、自ら警察に通報。しかし通報を受けてやってきた警官は、住人の里枝に夫は家にいると言われ、さらに夫らしき男性の声も聞こえたため、通報はイタズラと判断し帰ってしまう。この奇妙な体験を小曾根から聞かされた特命係は、鍵谷家を調べ始めるが……。

 テレビ朝日『相棒 Season12』公式サイト
 
 特に大きな波乱のあるストーリーではないですが、高級住宅地の有閑主婦が薬物に手を出すなどという、現実にも起きていて問題視されている社会的事象をサラリと取り入れつつ、謎解きドラマとしてそつがないというか、隙がないつくり。最終的な答えに行き着くまでに、必要な手続きを全部きちんと踏んだ上で、なお且つ“余り”が出ない。こういう、パズラーとしての完成度の高さは、さすが戸田山脚本ですね。ここ何回か、謎解きよりも事件関係者の心の動きにフォーカスしたお話が続いていたので、久しぶりにしっかりとした謎解きものになりました。今シーズン、こういった王道的な推理ものは、戸田山氏と金井寛氏の二人で一手に引き受けている印象ですね。甲斐性なしだけど愛すべき人柄の小曾根も好感の持てるキャラクターで、彼がストーリーを引っ張ることで楽しく見られて、後味もよかったです。

 なんやかんやで、たぶん今シーズンもあと何回もないというところまで来ました。元日SP以降、甲斐峯秋次長が出てきていませんが、劇場版3に向けてという意味でも今後、必ず出番があるでしょう。彼がこの先どのように描かれるのか、非常に興味があります。そして杉下右京と甲斐享の特命係が、どんな事件と対峙していくのかも。次回以降の『相棒』にも期待しましょう。
相棒シリーズ X DAY [Blu-ray]相棒シリーズ X DAY [Blu-ray]

Happinet(SB)(D) 2013-11-02
売り上げランキング : 2222

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

パンダ屋マグカップ ARO-1090パンダ屋マグカップ ARO-1090

愛龍社
売り上げランキング : 980

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒 シナリオ傑作選2相棒 シナリオ傑作選2
輿水 泰弘 櫻井 武晴 戸田山 雅司 古沢 良太 深沢 正樹 岩下 悠子 徳永 富彦 ハセベ バクシンオー 太田 愛

竹書房 2011-12-21
売り上げランキング : 158851

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:相棒
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(1)|相棒|2014-02-20_01:27|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒12第16話(2.19)
『聞きすぎた男』  脚本:戸田山雅司 監督:和泉聖治 杉下@水谷豊たちがひょんなことから知り合った 電磁波の研究者小曽根直哉@山崎樹範は盗聴探知機の実験をしていたところ、 夫の死体を見て悲鳴をあげた女性の声を聴いてしまう 驚いて警察に通報する小曽根だったが、 警察官に対応したその女性鍵谷里枝@嘉門洋子はそんな素振りを見せない。 腑に落ちない小曽根から相談を受けた杉下たちは鍵谷家の周辺を調べる...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。