闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ドラマ『相棒 season12』最終回―プロテクト―

 闇社会の大物・御影康次郎とその長男・真一の裁判で、証言台に立つ少年。康次郎の三男・智三だ。智三が法廷に提出した証拠資料とその証言は、父と兄の有罪を決定付ける重要なものとなった。
 時は流れ、10年後。御影康次郎の死刑判決が確定する。時を同じくして、服役していた真一が出所。父親と自分を裏切った智三を許せない真一は智三に復讐するつもりだったが、智三はこの10年間、ずっと行方不明だった。弁護士である康次郎の次男・悠二は、アメリカの“証人保護プログラム”のようなことが智三に行われたのではと指摘。折りしも警察庁で、10年前に小野田公顕前官房長に関わる1億円の使途不明金が発生していたことが明らかになる。この1億円が、智三の保護のために使われたのではないか?なんとしても智三を見つけ出したい御影親子は、小野田と親しかった瀬戸内米蔵元法務大臣が真相を知っていると考え、瀬戸内を脅迫。脅迫された瀬戸内は、右京に智三の捜索を依頼する。

 テレビ朝日『相棒 season12』公式サイト
 


 小野田官房長まさかの再登場。そして瀬戸内元法務大臣も。
 ストーリーの主題が「謎解き」よりも「人探し」で、少なくとも現在進行形の事件の中では誰も死なないという異例のお話。例年の最終回スペシャルと比べると、派手な盛り上がりがなく感じられたのはそのせいでしょう。
 とはいえ、けっして面白くなかったわけではなく、むしろ先の展開が読めず、とても興味をそそられるストーリーだったと思います。“証人保護プログラム”と犯罪組織によるいわゆる“お礼参り”については、たまたま最近読んだ佐々木譲氏の道警シリーズ第5弾『密売人』でも描かれていたテーマだったので、興味深かったです。日本では公式には存在していない“証人保護プログラム”ですが、昨今のニュースなどを見ていても、そういう特別な配慮が必要な事例はあるように思いますし、ドラマのラストでの、甲斐峯秋次長の言葉ではないですが、それに関する法整備なども、議論されていくべきなのかもしれません。

 今回の話のもう一つのテーマは、親子の絆のあり方。父に気に入られたいがために暴走する御影真一や、そんな息子たちの性格の違いも踏まえた上で、三者三様に愛していたという御影康次郎。享の口から、峯秋との確執の原因が語られたり、峯秋が康次郎との会話のなかで、息子への思いの一端を垣間見せたり。結局今シーズンも、甲斐峯秋という人物の内面は当初期待したほどは見えてきませんでしたが、今後のシリーズでも峯秋の享への思いがドラマの展開を左右したりすることはありそうです。それにしても「親は平等じゃない」という康次郎の発言は、なかなか刺激的なぶっちゃけですな。

 今シーズンの『相棒』全体を振り返ってみると、ここ2シーズンほど低調だった“普通の事件もの”に佳作が多く、刑事ドラマとして面白かったなと言う印象です。特に、戸田山雅司氏が今シーズンはレベルの高いロジカルミステリーを連発し、きわめてハイアベレージだったと思います。一方、櫻井武晴氏や太田愛氏、徳永富彦氏ら、過去のシーズンでメインライター級の活躍をしてきた脚本家の作品が少なく、レベル的にも従来のものと比べると落ちるという印象だったのも事実。次シーズン以降、これらの人々の復活にも期待したいです。
 そして4月には劇場版Ⅲが公開予定。Ⅰ・Ⅱとはまた全然違った作品になっていそうで、今から楽しみです。
相棒-劇場版3- (小学館文庫)相棒-劇場版3- (小学館文庫)
大石 直紀 輿水 泰弘

小学館 2014-03-06
売り上げランキング : 1974

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- <通常版> [Blu-ray]相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- <通常版> [Blu-ray]

ジェネオン・ユニバーサル 2011-08-03
売り上げランキング : 2823

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

密売人 (ハルキ文庫 さ 9-6)密売人 (ハルキ文庫 さ 9-6)
佐々木 譲

角川春樹事務所 2013-05-15
売り上げランキング : 124813

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

Theme:相棒
Genre:テレビ・ラジオ

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(4)|相棒|2014-03-20_03:10|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒 season12 最終回SP「プロテクト」★小野田官房長(岸部一徳)が…
相棒 season12 最終回SP「プロテクト」 刺殺されちゃった小野田官房長(岸部一徳)が密かに行っていた証人保護プログラム・・・・。 今は亡き小野田官房長(岸部一徳)が絡む事件と言うことで興味を引かれて楽しみにしていたんですけど、期待したほどではない最終回SPでした。 −◆− 闇社会の大物・御影康次郎(中村嘉葎雄)を有罪(死刑)に追い込んだ彼の三男・智三(冨田佳輔)を亡き...
テレビドラマ 『相棒12 最終回SP プロテクト』
相棒-劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ plus season 11&12ぴあ 2014-03-31売り上げランキング : 559Amazonで詳しく見る by G-Tools ----あらすじ---- 裏社会の重鎮・御影康次郎の死刑が確定した。御影は、自分に不利な証言をした三男・智三の行方を探させていたが、一向に掴めない。同じ頃、亡くなった...
相棒12最終話(3.19)
『プロテクト』  脚本:輿水泰弘 監督:和泉聖治 闇社会の大物御影康次郎@中村嘉葎雄の死刑が確定する 10年前逮捕された康次郎が有罪となったのは 康次郎の三男智三@冨田佳輔が法廷で内部告発の証言をしたためだった。 智三の裏切りが許せない長男真一@阿部進之介と次男悠二@篠田光亮は報復を決意、 智三が別人として生きていると考えた彼らは それを主導したのが今は亡き元官房長小野田公顕@岸部一徳であり...
今回の相棒は・・・
ドラマ「相棒」シーズン12を見ました。 テレ朝にて水曜9時からやってました もうおなじみの相棒です 今回も右京、甲斐のコンビで魅せてくれました まぁ もう安定の境地というか もちろん 毎話 毎話によって出来良しはあるけど 一定の水準はあるというか! 今回のコ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tamacat

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。