闘争と逃走の道程

負けっぱなしの人生ですが、いつも「最後に笑うのは僕だ」と、何の根拠もなしに信じています。

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム

広告!

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HP Directplus オンラインストア
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

小説『ようこそ地球さん』星新一

星新一のショートショート集。42編の収録作すべて、昭和36年6月以前に書かれたという、星新一の1001編のなかでもかなり初期の作品集ですが、今もって全く古びていない、キラッキラに光る作品の数々に驚嘆する。
ようこそ地球さん (新潮文庫)ようこそ地球さん (新潮文庫)
星 新一

新潮社 1972-06-19
売り上げランキング : 19778

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 あとがきによれば〈単行本『人造美人』と『ようこそ地球さん』のなかからから19編をえらび、それにほかの短編集に収録の作品を加え、50編をまとめた自薦集が、新潮文庫の『ボッコちゃん』である。(中略)『人造美人』と『ようこそ地球さん』のうち、新潮文庫『ボッコちゃん』に収録しなかった全短編を集めたのがこれである〉とのこと。
 この概要だけ読むと、自薦集である『ボッコちゃん』に入らなかった短編を集めた、言い方は悪いが捨て作品の寄せ集めかと感じてしまいますが、実態はさにあらず。むしろ、星新一という作家の先見性と幅広い想像力、そしてSFというジャンルの魅力を見せつける良作、傑作が盛りだくさんです。


 『セキストラ』…星新一のデビュー作だそう。後年の星作品とは少し毛色が異なるものの、SF作家らしい想像力の跳躍が愉しい。そして本作を世に出したのが、江戸川乱歩が編集長を勤めていた雑誌『宝石』だったと聞くと、乱歩の守備範囲の広さと、かの人が日本の大衆文学に与えた影響の大きさに感心せずにはいられない。

 『霧の星で』…かつてフジテレビ系で放送されたオムニバス・ドラマ『星新一ミステリーSP』で映像化された1編。ドラマが、原作にかなり忠実に作られていたことが解る。むしろこちらの原作の方が主人公の男の内面描写があるぶん内容が解りやすく、ドラマの方が淡々と描かれていて夢幻的なムードが強い。いずれにせよ、オチのどんでん返しに驚くというよりは、ムードと登場人物の内面の動き、そこに滲み出る人間の業のようなものを味わう作品。

 『見失った表情』…電気刺激で顔の筋肉を操作し、完璧な表情を作り出す装置。アキコはそれを埋め込み、魅力的な結婚相手を探そうとするが……。星作品にしては珍しい、ピュアで瑞々しいラブストーリー。婚活ブームや、恋愛や結婚が「スキル化」している現代の世相の中でこそ、本作のテーマが光っている。なんとなく、石原さとみあたりで映像化してほしいなぁ、と思った。

 『処刑』…ボタンを押すとコップ一杯の水を供給するか、周囲30メートルを吹き飛ばす爆発かのどちらかを引き起こす銀色の球を与えられ、無人の星に流刑された犯罪者。水を欲する度に死の恐怖と対峙しなければならない男の、長い長い旅を描いた作品。打ち捨てられた廃墟の町で、厳粛な気持ちで全てを受け入れながらボタンを押すシーンと、そこから感情が急流のように変わっていく流れが凄い。これは傑作。

 『殉教』…ある技術者が開発した、あの世と交信する装置。死者の声を聴き、あの世が素晴らしい場所で、死を恐れる必要などないと知った人々は、次々と自殺していく。やがて……。これ、中盤の描写はコントかブラックなコメディ映画みたいだけど、結末が深すぎる。生きること死ぬこと、信じること、共感し、共鳴すること。色々考えさせられる。これも傑作。


 「SF」という言葉は「サイエンス・フィクション」の略ですが、そうではなくて「少し不思議」の略だと言ったのは、かの『ドラえもん』の作者、藤子・F・不二雄。星作品は、この二つの「SF」の境界上の微妙なところに成立しているような気がします。「サイエンス・フィクション」本来の先進性とエッジの効いた表現、テーマ性と、「少し不思議」の親しみやすさ。その両方を兼ね備え、かつとても読みやすい文章で、気軽にサクサク読めるボリューム。やっぱり、SFショートショートは面白い。そして星新一は、やっぱり偉大だ、と感じた次第です(小並感)。
ボッコちゃん (新潮文庫)ボッコちゃん (新潮文庫)
星 新一

新潮社 1971-05-25
売り上げランキング : 2093

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

星新一 ショートショート DVD-BOX星新一 ショートショート DVD-BOX

Happinet(SB)(D) 2011-10-17
売り上げランキング : 41244

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)ミノタウロスの皿 (小学館文庫―藤子・F・不二雄〈異色短編集〉)
藤子・F・不二雄

小学館 1995-07
売り上げランキング : 11327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

Theme:SF小説
Genre:本・雑誌

HP Directplus オンラインストア
comments(0)|trackback(0)|読書|2016-11-15_22:29|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:tamacat
行動力なし、責任感なし、度胸なし。理屈っぽい。理に適わないことはきらい。
でもその“理”を支えているのは、実はすべて直感と思い込みだったりもする。そういう人。

参加ランキング

クリック感謝!

NetShop

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。